とと姉ちゃん(62話)あらすじ「悲しみに暮れるクビ切り!」感想

キリン

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第62話(6月14日放送)の放送分の動画・あらすじ・感想になります。タイトルは「悲しみに暮れるクビ切り!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん62話のあらすじ!

とと姉ちゃん61話の動画・あらすじで多田かおる(我妻三輪子)にビヤホールに誘われていく常子(高畑充希)。そこで、酔っ払いに絡まれてしまい、美子(杉咲花)にもらったマフラーを奪われてしまうねんな。

とと姉ちゃん62話の動画・あらすじはその騒動の続きからスタートしてんねな。常子がからまれているところに、お竜(志田未来)という女性がやってきて助けてくれるねんな。

お竜の連れの男が絡んできた男たちをやっつけてくれてんね。せやけど、そこに警察がきて常子は警察に連れていかれるんやんね。警察で、事情はわかったし身なりもしっかりしてるから帰ってよろしいといわれてんけど、マフラーがないという常子。

見つかったら、知らせるといって勤務先を聞かれて答えるねんな。そして、常子が警察からでてくるとさっき助けてくれたお竜がやってきてマフラーを渡してくれるんやんね。

お竜は、これ常子のものなんだろ?大事なものなのか?そう聞くねんな、常子は嬉しそうに妹が編んでくれたものだというねんな。お竜は、職業婦人なんて男に媚び売ってるだけの奴かと思ったけど変わったのもいるんだね。そういわれて去っていくねんね。

常子は、お竜のところの男の人が夜道を送っててくれるんやんね。そして、常子が森田屋に戻ると宗吉(ピエール瀧)とまつ(秋野暘子)が喧嘩してんねな。宗吉は、これが飲まれずにいられるか。そういって荒れてる宗吉。

魚も手に入らねえ。コメは店でだしたらいけねえ。そして、今日ひいきにしてたお得意様もつぶれてしまったと涙をみせてんねな。世間に顔向けできへんようなことは何一つしてねえのに、畜生といって泣いててんね。

そこに照代(平岩紙)が戻ってきてんな。鞠子たちは照代の怖い笑顔を久しぶりにみてんねな。そして、君子に今日遅かった理由を聞かれてビアホールに行っていたことを言ってんね。

付き合いも大事だと君子に言われると、常子はいつもとても良くしていただいている人だというねんな。常子は本当に自分は恵まれていると話してんけど・・・翌日会社に出社すると、多田が目を合わせようともしいひんねな。

そして、早乙女朱美(真野恵里菜)に課長が呼んでいるといい山岸課長(田口浩正)のところに連れられていくねんね。すると、山岸課長は警察沙汰を起こした常子はクビだというねん。

常子は、懸命に誤解だと取り消してもらおうとして、多田なら知っていると言ってんけど、多田かおるが常子から手を出したといったと山岸課長がいうねんな。

常子は、私がクビになったら誰が家族を支えていけばいいんですか?私が稼がないと家族が・・・と一生懸命説得してんけど、うまくいかへんねな。最終的には早乙女が止めてんね。そして、何を言っても無駄だといわれるねん。

私たちの代わりはいくらでもいる、女だからという理由でこれまで貢献したことは関係ないのだといわれるねん。そこに、多田かおるがやってきてんねな。そして、ごめんなさいと謝るねん。

常子はクビになりました。どうして、課長に嘘ついたのかと問い詰めるねん。多田かおるは、あなたか私のどちらかがクビにならなければならなかったのだというねん。

山岸課長と佃部長(斉藤洋介)が重役の人の知り合いを入れるために一人クビにすると、それは和文タイピストだと話をしてるのを聞いたんだというねん。本当に常子に悪いと思ってる。

でも、常子も多田と同じ立場ならきっと同じことをしたと思う。私は5人の幼い弟たちがいるから食べることができない。常子ならわかってくれるだろうというねんね。

しかし、常子はそれは仕方がありませんねと言えるほど、私は人間ができていません。早乙女さんや多田さんに出会えてすごく幸せでした。私は、周りの人に恵まれてるなって思っていました。私はこれからどうすればいいんですか?

そういって、走りさり泣きつづける常子。とと姉ちゃん62話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん63話の動画・あらすじにつづく。








とと姉ちゃん62話の感想!

とと姉ちゃん62話の動画・あらすじをまとめると、警察沙汰になる騒動を起こしたとして常子が会社をクビになってしまってんね。一緒にいた多田かおるにも裏切られた回やってん。

しかし、今回は相当イラッとしましたね。なんか、お竜に助けられてよかった、よかったって思ってたら本当に嫌な予感が的中してしまってんね。なんなんやろ?

警察沙汰って、何も結局なってないもんね。結果的にはマフラーのことで警察に勤務先を伝えたのがあかんかったんかなあって、思ってしまってん。でも多田かおるはあかんな。

常子が言うように、それは仕方ないですませれる人間はいてへんわいね。誰でも裏切られたって思うやんな。そもそも、多田かおるが誘ってきたビアホールやし、常子は乗り気でもなかってんから。

山岸課長は、クビを切りたがってたからちょうどよかったぐらいなんよね、きっと。せやから、多田かおるがかばわんとあかんわいね。自分の生活が大事やってのもわかるけどさ・・・。

どうしても、常子サイドの意見になってしまうやんね。自分がクビになっても止めるぐらいのことをせんとあかんことない?誘ってんやから。

だんだん、腹立ってきてんけど・・・常子はクビになってからどないするんやろか?お竜が出てきててけど、今後なんか関係あるんやろか?ちょっと住む世界が違ってる人やねんけどね。

なんで、助けてくれたかもようわかれへんし、謎に包まれてはるよね。う~ん、常子の家族もどうなるんやろか?気になるね。とと姉ちゃん62話の感想はここまで。とと姉ちゃん63話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(63話)あらすじ「癒された大量のキャラメル!」感想

とと姉ちゃん(61話)あらすじ「マフラーをめぐって大騒動!」感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 11週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 12週のネタバレ・感想まとめ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)