とと姉ちゃん(61話)あらすじ「マフラーをめぐって大騒動!」感想

マフラー

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第61話(6月13日放送)の放送分の動画・あらすじ・感想になります。タイトルは「マフラーをめぐって大騒動!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん61話のあらすじ!

とと姉ちゃん60話の動画・あらすじで星野武蔵(坂口健太郎)が大阪に行って、常子(高畑充希)が涙してんねな。とと姉ちゃん61話の動画・あらすじはその続きからスタートしてんねな。

美子(杉咲花)が滝子(大地真央)のところで裁縫ばかりしてて、もうすぐテストでしょと鞠子(相良樹)に言われるねんね。せやけど、常子はそんなに頭ごなしに言わなくても美子もわかってるというねんね。

鞠子は、前だったら勉強しないさいって言っていたのに・・・というと、美子がとと姉ちゃん、大人になったんだねというねん(笑)

職場では、常子が暇をしててんね。多田かおる(我妻三輪子)も仕事がどんどん減って、戦争の関係でどんどんなくなったんだというねんな。この中の誰かがクビになるかも。そう多田が話すねんね。

戦争のせいで、苦しくなったのは材木屋の青柳商店も同じやねんね。滝子は、清(大野拓朗)をしかりつけるねんな。政府の決めた価格を破ってお縄にでもなったら、青柳商店の信用はがた落ちだというねん。

隈井(片岡鶴太郎)も清の話ももっともだと話すねんけど、滝子は青柳商店の看板背負っているのは自分だといい、私の指示に従ってもらうと話すねんね。

それは森田屋も同じでまつ(秋野暘子)や宗吉(ピエール瀧)が、今月のお給金の支払いを延期してもらえないかと君子(木村多江)と常子、鞠子、美子に頭を下げるねん。

宗吉は情けない話だが、ここの家賃も払えない状況だと頭を下げるねんね。君子と常子は、了承するねんな。美子や鞠子が君子がただ働きになると心配してんねな。

せやけど、常子は心配いらないというねんね。自分が稼ぐから大丈夫だというねん。常子はこれまで以上に一生懸命話をするねんね。そして、帰りに多田かおるに話をかけられビアホールに誘われてんね。

弟のことで、相談があるというねん。常子は贅沢している余裕はないというねんけど、ちょっとだけと多田がいうので少しだけ付き合うことにしてんねな。

多田かおるがカバンを取りに戻ると、常務から採用を命じられた佃部長(斉藤洋介)が山岸課長(田口浩正)に誰か代わりにクビを切るように命じててんね。そのことを聞いてしまう多田。

ビヤホールに、行くとたくさんの人が訪れてきてんねな。しかし、常子たちに男がからんできてんねな。無視するように言ってんけど、無視してると多田かおるの体を触ってくる男たち。

そのことで、常子がなんとか守ろうとしてんねな。おしゃれをしている余裕がよくあるもんだなといって、常子のカバンやマフラーを踏みつけるねんね。そして、汚いマフラーがそんなに大事か。

そういって、マフラーをとられたことで常子がその男をビンタすんねな。すると、男が二人がかりで常子を押さえつけたりしてんねな。せやけど、多田かおるはなぜか走って逃げててんね。

とと姉ちゃん61話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん62話の動画・あらすじにつづく。








とと姉ちゃん61話の感想!

とと姉ちゃん61話の動画・あらすじをまとめると、どこも戦争の影響で苦しくなっている回やってんね。そして、それは森田屋も青柳商店も常子の会社も同じやってんね。

そんなときに多田かおるに誘われて常子は一緒に飲みに行ってんね。しかし、そこで酔っ払いに馬鹿にされて大騒動になんえな。

せやけど、どこも戦争で商いが厳しくなってきてんねな。自分のところが食べてくのがやっとの時代に変わってきてんやんな。どうしても、その影響を森田屋も青柳商店も受けてんねな。

常子の会社もそうやし、なかなかうまいこといかんわいね。多田かおるの誘いはいつも星野と一緒に行っていたお汁粉とかにすればよかってんね。変な酔っ払いもいてへんし、常連?になるから助けてくれるやろうし。

なんか、多田かおるは逃げるしで大変なことになってしまってんやんな。マフラーをちゃんと取り返すことできるやろか?常子もマフラーをあんなにされてへんかったらそこまできっと怒ってなかってんけどね。

美子が常子のためにと思ってつくってくれたもんだから、それだけは許せなかったんでしょうね。その気持ちはすごくわかんねな。しかし、あの酔っ払いの男たち最悪やなあ。もうあんな奴ら、店の出入り禁止になればええんに。

なんか、この問題がいやな予感しますよね。今の会社で、人をクビにしようとしていますし。問題行動を起こしたとして、常子がクビになったりせんやろかな?

多田かおるも一緒やけん、そこは大丈夫やろけどね。助けてくれるよね。自分から誘ってこうなってんやし。ただ・・・多田かおるは佃部長と山岸課長の会話聞いて固まっていたので、なんか嫌な予感すんですよね。

なんもなければいいんですけど。今、常子がなんかなったら小橋家は大ピンチになんねんからね。とと姉ちゃん61話の感想はここまで。とと姉ちゃん62話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(62話)あらすじ「悲しみに暮れるクビ切り!」感想

とと姉ちゃん(60話)あらすじ「涙が溢れ出て止まらない失恋!」感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 11週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 12週のネタバレ・感想まとめ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)