とと姉ちゃん(52話)あらすじ「毎週日曜日にお汁粉デート!」感想

シェイクハンド

こんにちは。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第52話(6月2日放送)の放送分の動画・感想・あらすじになります。タイトルは「毎週日曜日にお汁粉デート!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん52話の感想!

とと姉ちゃん52話の動画・あらすじをまとめると、佃部長が常子(高畑充希)の手書きの資料を認めたことで、仕事が与えられることになった回やってんね。そして、星野武蔵(坂口健太郎)とは毎週日曜日にお汁粉デートをすることが決まった回でもあってん。

それにしても、あの山岸課長(田口浩正)はあかんね。随所にめんどくさいってのがみえみえで。もうちょっと仕事に真剣に取り組めばいいのに。あまのじゃくで、力の強いほうにつくんやんね。

ああいうひと、案外会社にもいてるけど大嫌いな。あからさますぎるんよね。佃部長(斉藤洋介)にはごますって、もめごとになったら強い早乙女朱美(真野恵里菜)のほうの味方して自分の考えはないの?って思ってしまうやんね。

結果的には、常子が滝子(大地真央)に相談してたんがよかったんかもしれへんね。それがなかったら、こんな感じにはなれへんかったかも。もちろん、佃部長がやってきたというのも大きかってんな。あのままだと、禁止令になっててんね。

まあ、普通に考えたら新人のいうことが通るとは思えんのやけどね。でも、仕事がきちんとできるようになって安心してんねな。なかなか、思い悩むことも多い常子やねんけど、どうしても応援してしまうんよね。

なんやろね?自分も同じ悩みを経験したからかもしれへんね。そうそう、それと星野武蔵と毎週日曜日にお汁粉デートすることになってんね。デートって言葉は使ってへんけど、完全にデートやんな。このお互いがすれてへんところがええねんな。

なんか、純愛って感じで今後どのような展開になっていくのかが楽しみやんね。それにしても、初のお給料で滝子にお金を返すってのはえらいね。

もちろん、自分達の学費なんやけど滝子がいうように本当に名実ともに「とと姉ちゃん」になったんかもしれへんな。とと姉ちゃん52話の感想はここまで。とと姉ちゃん53話の感想につづく。








とと姉ちゃん52話のあらすじ!

とと姉ちゃん51話の動画・あらすじで常子が男性社員から仕事を受けることを会社で禁止されるねんな。そして、そのことで悩んだ常子は滝子に相談に行ってん。とと姉ちゃん52話の動画・あらすじはその続きからスタートすんねな。

男性と女性が尊敬しあって仕事するのは難しいことなのか?早乙女は男性に見下されまいという気持ちが強いと常子。甘く見られないように男から頼まれた雑用はするなと主張していることなのか?そう滝子が聞き返すねんな。

常子はおそらくそうやねんけど、困っているひとを助けないといって悩んでると話すねん。滝子は、いがみあってるから余計にうまくいかへん。所詮この世には、男と女しかいいひんからうまくやっていくしかあれへんというねん。

隈井がまんじゅうをもってきてんけど、慌てて出ていく常子。常子は、山岸課長に直訴すんねな。手書きの資料でも机の整理でも誰かの役にも立てるというねん。すると、山岸課長は禁止令をとくねんな。

そして、常子がタイプライター室に戻ると、男性社員が常子に雑用のお願いをしにきてんねな。そして、常子が受けると早乙女が怒ってやってくんねな。

どういう神経をしてるのか?そういって問い詰める早乙女。課長からの禁止令も出てるとタイプ室の先輩たちがいうねんな。せやけど、常子は先ほど課長から許しをもらったというねん。

そして、男子社員を拒絶しても私たちの立場が強くなるわけではないというんやんね。早乙女は甘い。いいように使われてるだけだと厳しく批判するねんな。

せやけど、常子は困っているひとがいたら助けたい。少しでも力になれることがあるのなら手伝うそういって真剣に話をするねん。そこに課長の山岸がやってきてんやんね。そして、早乙女は禁止令を説いたのは本当か?

この件は自分に一任してくれるんじゃなかったのか?そういって問い詰めるねんな。山岸課長は、早乙女がもっとうまくやると思ってたというねん。だったら、早乙女が悪いのかと周囲の先輩たちが言い出すと、山岸課長は小橋君が悪いと掌をかえすんやんね。

新人なんだから、文句を言わず早乙女の指示に従うように話すねんね。手書きの清書は禁止、今後は全部早乙女の指示のもとうごくように、そういわれる常子。

そこに佃部長がやってきてんね。常子を探しに佃部長がやってきてんやんね。会議の資料の清書をしたのか知りたかったというんやんね。せやけど、みやすさはタイプライターになんらおとっていない。

素晴らしい。これからもお願いすると思うから、その時は頼むよ。そういって佃部長は去っていくんやんね。山岸課長は、これからは常子の思うように動いて。一件落着。そういってその場を去っていくねんね。

早乙女も上の決定ですので、雑用もタイプの使用も認めると話すねん。ただ、私とは考え方が違うからそこは譲れないというんやんね。そして、早乙女からタイプライターとしての仕事の指示がでるんやんね。

このことをきっかけに、常子はようやくタイピストとしてのスタートをきってんね。丁寧で懸命な仕事ぶりはやがて早乙女たちも認めていくことになってんね。

星野武蔵とお汁粉を飲んでいる常子。星野は心配していたからよかったと話すねんね。星野は卒業論文で忙しかったからなかなか森田屋にもいけてなかったのでというねん。

すると、なかなか会えなくなると常子が話すと、そうなりますねと返す星野。常子は日曜日、お汁粉の値下げという広告を見てんね。そして、毎週日曜日にお汁粉の値下げをするから毎週日曜日に1週間にあった出来事を報告しあう。

どうですか?驚く星野やねんけど、そのことを喜んでOKするねんな。そして、常子はタイピストとしての念願の初任給をもらってんやんね。滝子にお金を返すといい、もってきてんやんね。滝子も確かに受け取ったよと喜びあうねんな。

横で隈井が大泣きしてんねな。滝子は、これで名実ともにとと姉ちゃんになったんだね。自分の力でお金を稼いで家族を養う。常子は一家の大黒柱ということだ、そう滝子は常子にいうねん。

とと姉ちゃん52話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん53話の動画・あらすじにつづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(53話)あらすじ「復活した小橋家家訓!」感想

とと姉ちゃん(51話)あらすじ「禁止された常子の仕事!」感想

とと姉ちゃん 9週のネタバレ・感想・あらすじまとめ!!

とと姉ちゃん 10週のネタバレ・感想・あらすじまとめ!!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)