とと姉ちゃん(47話)あらすじ「採用理由は顔!?」感想

パソコン

こんにちは。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第47話(5月27日放送)の放送分の動画・感想・あらすじになります。タイトルは「採用理由は顔!?」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん47話の感想!

とと姉ちゃん47話の動画・あらすじをまとめると、常子(高畑充希)と中田綾(阿部純子)が卒業で別れてんね。そして、常子が職業婦人の第一歩を歩き始めたとういう回やってんな。しかし、前半の常子がみんあに挨拶する場面はなんか感動しましたね。

見てたら、結婚式の挨拶なのかと思ってしまうぐらいやんね。常子は本当にしっかりしてますよね。なんか、一人ひとりにちゃんと挨拶できるところが感動やってんな。

綾からしたら、本当にここにいていいのかと思ったかもしれないけど、それでもちゃんと綾にも挨拶してんしね。本当に周りがよく見えてる子なんよね。いつもの朝ドラのまっすぐ進むってところもあるねんけど、常子は気遣いができる子やねんな。

そのあたりが年配の人たちに好かれる理由なんやろね。なかなか、みんなに挨拶するなんて簡単なようで簡単ちゃうけんね。恥ずかしいし、親しければ親しい分だけそこがなあなあになってしまうもんね。

最近、毎日のようにとと姉ちゃん見て感動してしまうよるけんね(笑)もう、今日も泣いてしまってん。あさが来たも面白ろかったけどこんなに泣くシーンはなかってんな。

なんやろ?現代劇やからなんかもしれへんね。自分に重なりあうところがあるねんな。せやから、どうしても感情移入してしまうねん。そこが視聴率が高い理由なんかもしれへんね。

さて、最後で就職初日を迎えましたね。初めて仕事に行くときって緊張しますよね。何回も経験しても初日はどうしても緊張します。しかし、あの男の上司のひとはあかんね。

顔で選んだなんて、本当でも言わなければいいのに。常子は傷つくやんな。でもなんか採用理由が気になってたから個人的にはすっきりした部分もあってんけどね。

せやけど、タイプライターの部屋では本当に黙々と仕事しててちょっと挨拶したときの常子が居づらい空気があってんね。なんか、転向初日の時を思い出しました。

今後、常子はうまくタイプライターの職場に溶け込んでいけるのでしょうか?気になりますね。とと姉ちゃん47話の感想はここまで。とと姉ちゃん48話の感想につづく。








とと姉ちゃん47話のあらすじ!

とと姉ちゃん46話の動画・あらすじで、常子は無事就職が決まってんな。そして、女学校をめでたく卒業するねんな。そのお祝いをしてもらうところで終わってんね。とと姉ちゃん47話のあらすじはそのつづきからスタートするねんね。

中田綾が自分がいても大丈夫か常子にきくねんけど、森田屋のみんなも大丈夫だと言ってくれてるので安心する綾。星野武蔵(坂口健太郎)が中田綾さんですよね。と話しかけるねん。もしかして、帝大生の?といって話をする星野と綾。

そこに隈井(片岡鶴太郎)が常子にピストルはどうなのか?そういってきくねん。みんながえっ?ってなってるところ、清(大野拓朗)がタイピストだというと、みんなで大笑いするねん。そして、盛大にお祝いする森田屋のみんなと青柳家のみなさん。

そして、最後に君子(木村多江)がおはぎをもってきてんね。それが、常子と綾の卒業祝いと小橋三姉妹の誕生日祝いだというねんな。おはぎを食べる前に常子がみんなに一言ずついうねんな。

まず、君子に今まで育ててくださってありがとうございましす。これからちゃんと働いて、稼いで必ずかかに楽をしてもらうというねん。鞠子の大学の費用もちゃんと稼ぐというねん。

美子には、私と鞠子の分もかかのこと支えてあげてね。そう常子がいうと、森田屋の人たちは常子は立派やとほめるねんな。すると、常子は立派なのは森田屋のおかげだというねん。

青柳家を出たときに、みなさんが受け入れてくださらなかったらと思うと・・・宗吉さんも、まつさんも照代さんも、富江さんの支えがあったから今までやってこれた。

いつか必ず恩返しします。そう話すと、次に綾と星野に困ったときにいつも助けてありがとうございました。そういってお礼をいうねんな。綾は、こっちが楽しませてもらったと話すんやんな。

困ってる常子は面白かったと綾が話すねん。そして、滝子、清、隈井にも女学校に行かせてくだしましてありがとうございましたと礼をいうねんな。学費は必ず返しますというねん。

滝子は、不思議なもんだねえとしみじみ話すんやんな。孫が自分にはずっといないようなもんだった。会えるとも思ってなかった。しかも、みんないい子で。滝子はなんて幸運なんだとつくづく思うというねんな。

常子は、私も滝子の孫で幸せだと話すんやんな。そう思うならもっと甘えるように常子にいうねん。君子も美子と鞠子も滝子にお礼をいうんやんな。隈井もありがとうございます。

そういって、隈井が泣いてるんやんね。そして、綾と常子が別れる時がやってきてんねな。綾はおはぎはとってもおいしかったと言ってお礼をいうんやんな。

明日からもう会えないと言って、不安な顔をする常子に綾は常子とは縁があるからまたどこかで会えると言って話すねんね。またね、そういって別れるねんな。

常子は、職業婦人として初めての朝を迎えてんやんね。制服に身を包んだ常子はみんなにいってきますと挨拶するねんけど、カバンを忘れてると鞠子がもってきてくれるねんな。

職場についた常子は、上司からタイピストの業務は繁忙なので即戦力として期待していると話されるねんな。そして、常子は採用していただきありがとうございました。とお礼をいうねんな。

ああ、今年は不作だったからね。いつもはもうちょっとかわいい子が多いんだけど、その中でも君がまあまあかわいかったから・・・それが判断基準なのですかと聞く常子にそうだよと答える上司。

そういわれて複雑な表情をする常子。タイプ室に入ると、職業婦人の女性がタイプライターを黙々とうっててんね。そして、常子が紹介されるねんな。

せやけど、常子が挨拶をしても反応があれへん。一気に不安になる常子。とと姉ちゃん47話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん48話のあらすじにつづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(48話)あらすじ「空回りする常子!」感想

とと姉ちゃん(46話)感想「涙の就職試験!」あらすじ

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 9週のネタバレ・感想・あらすじまとめ!!

とと姉ちゃん第8週のネタバレ・感想!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)