とと姉ちゃん(2話)あらすじ「三姉妹の想い!」感想

悩み

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の2話のあらすじ感想をお伝えしてます。2話のタイトルは「三姉妹の想い!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん2話のあらすじ!

とと姉ちゃん1話のあらすじの最後に家訓のお出かけができなくなったことを父の竹蔵(西島秀俊)から伝えられた三姉妹。とと姉ちゃん2話のあらすじは、その続きからスタートすんねな。

大迫専務(ラサール石井)の引越しの手伝いのために、お出かけがいけなくなってすまないと謝る竹蔵。嫌だととと一緒にお出かけに行きたいという美子(川上凛子)。

そして、翌日大迫専務の引越しの手伝いをすんねな。それから数日後、家では美子たちが紅葉の見ごろが終わっちゃうとまだ、お出かけのことを気にしてるんやんね。

家には、大迫専務と社長の杉野が小橋家の家にやってきてんねな。常子(内田未来)は、お料理を運ぶねん。美子や鞠子(須田琥珀)も陰から大迫専務のことを覗いてるねんね。あいつのせいでお出かけが・・・という美子。

大迫は酔って気持ちよくなって、今日購入」したばかりの「ピカッツア」の絵を竹蔵にプレゼントするというねんね。竹蔵は、そんな素晴らしいものならなおのこといただけないと断るねんな。

せやけど大迫に、私がやろうというものを断るのかと怒られるねんね。そこを社長の杉野が間に入り、その絵を竹蔵が「ありがとうございます」と頭を下げていただくことになんねな。

常子もあんな人に頭下げなくても・・・というねん。常子は悲しい気持ちになった。大好きなととがあんな風に頭を下げるなんてと話すねん。せやけど、母・君子(木村多江)があれも仕事だと言うんやんな。

すると、鞠子はあれのどこが仕事なのか。お酒飲んで遊んでるだけじゃないかというねんね。すると、どうしようも説明ができなくなったのか君子が大きな声で怒ってしまうねんね。

翌日、君子が買い物に出かけている間に美子が1人で留守番をしていると、「ピカッツア」の絵に墨で落書きをし始めるねんね。そこに鞠子が帰ってきて、なにしてるのと言ってなんとか墨を消そうとすんねな。

風呂場で、なんとか絵の墨を消そうとしたところに常子も帰ってきてんねな。なんとかならないかと「つん姉ちゃん」にお願いする2人。

竹蔵は、職場で大迫専務に酔ってたことで何も覚えてないから絵を返してほしいと電話で連絡を受けるんやねんね。せやから、家に絵を取りに戻るんやんな。

小橋家では、夕飯の準備をしてんねな。三姉妹も夕飯の手伝いをしてんねな。そこに、叔父の小橋鉄郎(向井理)がやってきてんねな。大量のうなぎを持ってきてんねな。うなぎの養殖でもうけようと考えてるんやんね。

せやけど、そのせいで汽車賃がなくなったから泊めて欲しいと小橋家にきてんねな。君子はしぶしぶ泊めることを許すねんね。そして、鉄郎が昔、絵でひと山あてるって話してたので、大迫専務からもらった「ヒカリ」とかって人の絵を見て欲しいというねんね。

しかし、そこに絵があれへんねな。そこにあった絵のことを聴かれてもとぼける常子たち。君子はさっきから怪しいと言い問いただすねんね。

そして、美子が落書きした絵をなんとか消そうとしてむちゃくちゃになった絵を鉄郎に見せるねんね。汚い絵だなと言います。元々の絵とは大きく異なってるんやんね。

そこに、絵を取りに戻った竹蔵が帰ってきます。なんですかその絵は?どうしてこんなことに、そう言って子どもたちに確認します。すると、常子や鞠子が美子をかばいます。しかし、最終的には美子がやったことを「とと」に話します。

美子は、ととをいじめる悪い人がくれた絵だからそんな絵はいらないからやったと話すんやんな。そして、三姉妹は頭を下げます。

鉄郎は、竹蔵に仕事が終わったなら一杯やろうと話しかけるねんけど、竹蔵はこの絵を大迫専務に返して欲しいと言われたので、一旦仕事を中断して絵を取りにきたのだと話します。

そして、どうしようと家中でなんねな。鉄郎は、そんなのたいしたことないというねんね。「ヒカリ」って無名の画家の絵なんてと。しかし、竹蔵がが「ピカッツア」の絵だと言うと鉄郎はサインを見て本物だ間違いない。「ピカッツア」の絵だというねんね。

竹蔵は娘たちに「安心してください。ととが責任をとりますから」と言うねんね。それは、常子が見る竹蔵のこれまでで一番険しい顔でした。とと姉ちゃん2話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん3話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん2話の感想!

とと姉ちゃん2話のあらすじでは、お出かけが中止になった大迫専務が家にやってくんねな。そのととの様子を見て悲しくなった三姉妹。その時にもらった絵に美子が落書きをするといった回やってんねな。

やっぱり、竹蔵は大迫専務のことでお出かけが中止になってしまってんやんね。しかも、それが引越しが理由って。引越し手伝うってそれはもう、仕事ちゃうような気がするねんけどね。

新しく契約したいからって竹蔵を引越しに連れていかんでもええような気がすんねけどね。引越しなら若い社員を連れていった方がいいような。

そんなお出かけが中止になった張本人の大迫専務が家に来たからには気になるねんね。確かに常子の言うように、大好きなととがあんな感じだったら寂しくなりますよね。私が子どもでもそうなるんやんね。

いくら仕事とは言え、あんなしょうもない男にへこへこせにゃあならんならちょっとね。
実際に、どこの世界でもある話しなんでしょうけど子どもには、受け入れられないですよね。あんなのが仕事だって言われても。三姉妹の気持ちが痛いほどわかるねんね。

絵だって、最初から丁重にいただけないって断ってるんだから、偉そうに断るのかっていわれなかったらこんなことにならなかったのになって思うんやんな。

せやけど、絵に落書きしてる時に美子がこの絵よりも自分の方が上手いって話してたのは面白かったですね。子どもってそんなとこありますよね。

私には、5歳の息子がいてるんですけど、お絵かきが好きでパパよりも自分の方が上手だって引かない息子と重なりあいました。実際にかなり上手くなってきてるんですけどね。息子の絵は(笑)

なんか、その美子の姿が子どもらしいなって。そして、上の2人の姉ちゃんが末っ子の美子のことをかばうっていうのも優しいなって。三姉妹仲がいいんやなってなんか嬉しくなりましたね。

ただ、今後いったいどうするんやろかってのが気になりますよね。「ピカッツア」ってきっと「ピカソ」のことだと思うんですけど、弁償するんでしょうか?

とても弁償できるような金額の絵ではないと思うのですが、竹蔵の険しい表情を見るとその覚悟が伝わってきましたね。いったいどうなってしまうのか?楽しみですね。とと姉ちゃん2話の感想はここまで。とと姉ちゃん3話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(3話)あらすじ「当たり前にある日常!」感想

とと姉ちゃん(1話)あらすじ「小橋家家訓!!」感想

とと姉ちゃん第1週のネタバレ・感想「常子、父と約束する」

とと姉ちゃん第2週のネタバレ・感想!!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)