とと姉ちゃん(103話)感想「常子の心の裏側!」あらすじ

ハート

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第103話(8月1日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「常子の心の裏側!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん103話のあらすじ!

とと姉ちゃん102話のあらすじで、創業パートナーだった花山伊佐次(唐沢寿明)が広告掲載をめぐって退職してしまってんな。とと姉ちゃん103話のあらすじは、その続きから始まります。

宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)が新しい店を決めてんな。その開店準備のさなか、あなたの暮しの小麦粉を使った料理を宗吉たちにお願いしてんねな。

美子の機嫌が治ってよかったと水田(伊藤淳史)が話すと、今日のところはってところだと話す鞠子(相良樹)。そして、常子は花山がいてへんなったから、美子にへそ曲げられても困るから、水田に鞠子で甘いものを買ってきてあげておいてというねんね。

鞠子と二人きりになって、水田は心配していたけど大丈夫そうでよかったというねんけど、鞠子はとと姉ちゃんはいつもああなんだと話すねん。周りが困っているときこそ、いつも明るくしてしまう。だから、本当はつらいんだと思う。

とと姉ちゃんと花山は夫婦のようなつながりのような感じだと思っていたというねんね。だから、これからどうなっていくのか本当は不安で・・・そう鞠子が話てんね。水田は、僕が精いっぱい支えますから。そういうと、鞠子が頼りにしています。

そういった、ことで水田が舞い上がってしまって僕と付き合ってくれませんかと告白してしまうんやんな。鞠子は、今は社内がこんな時ですからと保留されてんな。あなたの暮しでは、水田がそろばんをはじくんやんな。

雑誌の売上は横ばい、もし広告がなければ次号は確実に出すことができなかったというねんな。せやけど、美子はもう花山がいてへんから同じだけ売上げを維持できるのか。そう疑問を投げかけます。

そこに広告を掲載している料理学校から電話がかかってきてんね。常子がそこに行くと、広告を2倍にしてほしいということやってんな。広告費も2倍支払うと言うねん。常子はそんなにもらえんというねんけど、末永くお付き合いしたいからと言われてんな。

そのことを美子に話をしたら、花山が言っていた通りじゃないか。広告を一度使ったらやめられなくなる。そう言い合いをしてしまってんね。その場所が、森田屋が新しく始める洋食屋のことやってんな。

宗吉が大丈夫かというねんけど、森田屋も照代と宗吉が本当はまつ(秋野暘子)が継いできた弁当屋を始めた方がいいのではないか。そう話てんな。せやけど、その話はさんざんしたじゃないかと口論になるんやんね。

照代はお金のためだけじゃないというのに対し、宗吉は儲けなかったら意味がないというんやんな。そして、常子たちの雑誌にのせる小麦粉を使った料理をしようとしてんな。

そこに、読者の意見を聞くためにということで綾(阿部純子)や梢(佐藤仁美)を呼んでてんな。一方、花山の家では仕事が決まってへん伊佐次を心配している三枝子(奥貫薫)の姿があってんな。

伊佐次うは娘の茜に小麦粉をパンにしてきたというねん。お金を心配する三枝子にたまにはいいという伊佐次。お金のことばっかり心配してたら心まで寂しくなるというんやんね。

あなたの暮し出版をやめた後も小麦粉料理のことが頭から離れない花山伊佐次がいてんね。とと姉ちゃん103話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん104話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん103話の感想!

とと姉ちゃん103話のあらすじをまとめると、あなたの暮しの方は花山抜きで小麦粉の料理を宗吉たちにお願いしたという回やってんな。また、広告の枠が2倍に増えて広告が増えていったという回やってんね。

う~ん。どうなんやろ。花山がいないことを考えたら広告を増やすしかないってのはわかるけども、どうなんだろ。花山が逆に戻ってこれへんようになると考えた美子は反対してんやんな。

この常子と美子の対立みたいなものが今後、心配にはなりますよね。どうしても、広告抜きではやっていけへんってことになってたから仕方ないような気がしますよね。そこで腹をくくるしかないような。

ただ、常子はお金だけじゃないような気がするって話をしていた照代の言葉になにか思うところがあるような顔をしていたので、どうなんでしょうね。そこんところが、何か気になりますね。

森田屋でもそうですけど、商売しているとどこでも現実と理想ってのがありますよね。お客さんから求められるものと自分がしたいことが違うみたいなのってかなりたくさんあると思うんですね。

私も実際にそうでしたしね。森田屋ぐらい代々続いていたらそれは余計にあるんかもしれへんな。その点は、常子たちはまだそういうしがらみみたいなものがない分、柔軟に動けるような気がしますよね。

宗吉がつくる小麦粉を使った料理がどうなるかによって、今後のあなたの暮しが決まるかもしれへんな。なんとか、いい企画になればええねんけど・・・どうなるんやろか。

綾や梢の今後の状況なんかもどうなっていくのか気になるところではありますよね。また、もう一つの大きな気になる点。鞠子と水田の恋愛も気になるんやんね。

水田はなんか、本当に突発的な告白をしましたよね。なんやろ?もうちょっと、タイミングとか気にせんとあかんやろ(笑)せやけど、それがまた水田らしいって感じもしましたよね。

鞠子は、両方を一緒に考えれないって思いがあるからとりあえず保留にしてんやんね。鞠子も最近、水田に好印象をもっているから付き合うことになればいいと思うんやけど。

どうなんやろ?本音でいうと、なんかつり合いとれてへんって気持ちも個人的にはあんねけどね。まあ、容姿やスタイルだけでないところもあるからね。今後のこちらの展開も気になります。

うまくいくんやろか。いけへんのやろか。水田の突拍子もない動き楽しみですね。とと姉ちゃん103話の感想はここまで。とと姉ちゃん104話の感想へつづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(104話)感想「常子の迷い!」あらすじ

とと姉ちゃん(102話)感想「花山が退職!」あらすじ

とと姉ちゃん 18週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 19週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)