とと姉ちゃん(100話)感想「あなたの暮し倒産危機」あらすじ

倒産

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第100話(7月28日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「あなたの暮し倒産危機」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん100話のあらすじ!

とと姉ちゃん99話のあらすじで、東堂チヨ(片桐はいり)の家の無事に模様替えをチヨが喜ぶようにできてんね。それは、花山(唐沢寿明)と常子(高畑充希)が力を合わせた結果でもあってんね。

とと姉ちゃん100話のあらすじはその続きから始まります。あなたの暮しは、第2号まで順調に伸ばしてんけど、第3号、第4号で徐々に売れる部数が減ってきてんやんな。

常子が以前勤めていた甲東出版は、大手出版社に吸収合併される形になってな。そのことで従業員に頭を下げる谷(山口智充)。あなたの暮しもとても厳しい状況に追い込まれててんな。

常子が事務所に戻ると、印刷代を節約できないかと経理の水田(伊藤淳史)がいうねんな。常子は、今のように写真が使えなくなって質が落ちるというねん。鞠子(相良樹)がやっぱり広告を載せてみたらどうかというんやんね。

しかし、常子はみんないるときに花山に話をしてんけど反対されたというんやんね。花山は、広告を載せるということは雑誌の一部を売り渡すことになるからそうはしたくないというねん。そこに、花山が常子に次号の表紙ができたといってもってくるんやんな。

せやけど、いいですねっていう常子の顔がいまいちと感じた花山が書き直すといって再度編集長室に入っていってんな。小橋三姉妹が家に戻ると、なんと森田屋の宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)がやってきてたんな。

空襲で高崎の家が焼けたんでなかなか連絡をとれなかったというねん。まつ(秋野暘子)は戦争が終わってすぐに体調を崩してしまって、亡くなってしまったというねん。

長生きしてくれた方だと宗吉がいってん。滝子(大地真央)のことを聞かれる君子(木村多江)。滝子も亡くなったことを告げるとちょっとしんみりとしてしまうねんな。

宗吉と照代は、東京に戻ってきて洋食屋を開くというんやんね。洋食はいいと宗吉がいうねん。宗吉は、驚いたというねん。誰も嫁に行っていないことをいうねん。浮いた話はないのかと宗吉が言うと、鞠子にはと美子がいうんやんね。

そして、照代はあなたの暮しを毎号楽しみに読んでいると話してん。経営も順調なのかと聞かれるねんけど、ちょっと言葉につまりながらええと答える常子。宗吉は、社員が増えるということはずっと・・・とと姉ちゃんなんだなあとしみじみというねん。

とと姉ちゃんがまもる家族が大きくなったことだから頑張れよと励まされるんやんな。翌日、水田に今月分だといって給料を支払うねん。水田は、常子たちの分はありますかと聞くねん。せやけど、常子は家族4人が食べていけるぐらいはありますというねん。

水田は、資金難を乗り越える策を考えた結果、自分がここをやめるべきだと言います。しかし、常子はお断りするといいます。次号が爆発的に売れない限りこのままでは倒産する。

あなたの暮しの出版を続けるためには広告しかないと水田はいうんやんね。とと姉ちゃん100話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん101話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん100話の感想!

とと姉ちゃん100話のあらすじをまとめると、あなたの暮しの経営が苦しくなってきたという回やってんね。また、森田屋の宗吉たちが東京に戻って洋食屋をするという回でもあってん。

どうなんやろな。常子たちが言うように、続けていくためには広告を入れる方がいいんちゃうかなって思うねんけど、花山はなんでそこまで広告をいれるのを嫌がるんやろか。

広告主の意向で、自由に記事を書けなくなるからやろか。そんなことよりも、たった今ピンチなんやからそこはなんとかしいひんとあかんって思うんやけど・・・。

その辺りは、花山が職人やからってことなんやろね。よくいますよね。仕事はできるけど全体が見えてへん社員って。花山はそんな感じの人なんやろね。

雑誌作らせたらいいものを作るねんけど、経営、数字のことについてはからっきしなんかもしれへんね。それだと自分の暮しもなかなかうまくいくようにならんと思うねんけどね。

編集長の視点から言うと、3号以降売れてへんことに内心は不安といらだちを感じているのかもしれへんけどね。このあたりで、意見が分かれてしまうねんな。従業員をもつとその生活も背負っていくから本当にとと姉ちゃんは大変やんね。

この危機をどう乗り越えるんやろか。花山と常子が衝突するんやろか。社長の仕事として、それは常子がしいひんとあかんわいね。じゃないと、みんなが納得できない雑誌が出来上がってしまうねん。そうなると、もう会社は分裂なんてことになんねな。

ただ、花山みたいな職人気質は最後まで広告はあかんって一点張りしそうな感じがしますよね。それとも、常子が社長だからと最終的いは譲歩するんやろか。このあなたの暮しの倒産危機が今後どうなるのか。ここに注目やんね。

今後、常子目線で見るととっても心配って感じがしてきますね。とと姉ちゃん100話の感想はここまで。とと姉ちゃん101話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(101話)感想「広告をこっそり入れる?」あらすじ

とと姉ちゃん(99話)感想「先生からの贈り物」あらすじ

とと姉ちゃん 17週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 18週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)