鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第7話「敵か、あるいは」

このページは、NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第7話のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話)形式でお伝えしています。

「鎌倉殿の13人」第6話のあらすじで、源頼朝(大泉洋)の軍は、再起を期すために千葉常胤(岡本信人)と上総広常(佐藤浩市)の交渉役に義時(小栗旬)と和田義盛(横田栄司)が任命されます。

 

鎌倉殿の13人の第7話のあらすじは、頼朝の死が噂になるところからはじまります。鎌倉殿の13人の第7話のタイトルは「敵か、あるいは」です。

鎌倉殿の13人のお試し動画はコチラ

鎌倉殿の13人 ネタバレ,あらすじ第7話

京に、頼朝の訃報が流れ、後白河法皇(西田敏行)は絶句しました。平清盛(松平健)は、ニヤリと後白河法皇を見やりました。しかし、すぐに頼朝の死が誤報であることが判明します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/64649964ee8a3dbe716f47cbe315e464.jpg” name=”平清盛” type=”l fb”]すぐに追討せよ。必ず首をとれ。[/voice]

そう命を出します。

 

頼朝たちが再起をするためには、安房の上総広常の協力が必要でした。大庭景親(國村隼)も上総広常の2万にものぼる兵を欲しがっています。

くしくも同じ日に、上総広常との交渉をします。頼朝側からは、義時と和田義盛が交渉にあたり、大庭側からは梶原景時(中村獅童)が交渉を担当します。

 

上総広常は、直球で質問をします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/6e63a05f2eaecc2bcbb8bf6038f12aa2.jpg” name=”上総広常” type=”r fb”]味方になれば、どんな得がある。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/12/中村獅童.jpg” name=”梶原景時” type=”l fb”]上総殿のお望みの官職に、つくことが可能になります。[/voice]

梶原景時は、平家の後ろ盾を利用した得をちらつかせました。

 

義時は、梶原景時とは異なることを主張します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]平家に気に入られた者だけが得をする世の中を改め、我らのための坂東の世を作りたい。佐殿は、天に守られています。現に、命を何度も救われています。その運の強さに引かれて、多くのものが集まっています。[/voice]

広常は、双方の言い分を聞いて回答を保留にしました。

 

義時と義盛が帰ろうとすると、梶原景時も帰ろうとしていました。そこで、石橋山の洞窟で頼朝を逃がした理由を聞きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/12/中村獅童.jpg” name=”梶原景時” type=”l fb”]大庭勢が近くにいるのに、誰も気づかないことに驚いた。そなたは、かのお方が点に守られていると申した。私も同じことを感じた。[/voice]

頼朝の強運を認めた梶原景時に、義時は好感を感じた。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]佐殿の元へ、来ませんか。[/voice]

景時は、意味深な笑みを浮かべて去っていきました。そして、もう一人の豪族・千葉常胤は頼朝への加勢を約束しました。

 

伊豆山権現にいる政子(小池栄子)を訪ねて、仁田忠常(高岸宏行)がやってきました。頼朝の無事を知らせる書状を手渡すためです。

忠常は、一人の僧侶も伴っていました。頼朝の異母弟の阿野全成(新納慎也)です。

 

そこに、荒々しい僧侶が雪崩こんできます。政子たちをとらえて、敵に差し出すためでした。忠常が戦っている間に、政子たちは全成と供に逃げました。

 

一方、頼朝は上総広常から良い返事が来ないためいらだっていました。しびれを切らして、軍勢を北上させとある民家へ宿営しました。

庭に目をやると、漁師の娘・亀(江口のりこ)がこっちを見ていました。頼朝は、気を取り直して時政(坂東彌十郎)を呼びました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]今一度、武田信義に参陣するように、命じよ。[/voice]

時政は、気がすすまないが書状を預かりました。

 

一方、義時は門前払いをされても、何度も上総広常に会いに行きました。やがて、広常の方が根負けして会ってくれました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]平家隆盛のとき、平相国を敵に回して、謀反の兵を挙げ、新しい坂東を作るのです。[/voice]

広常は、頼朝の運試しを思いつきます。大庭景親が差し向けた長狭常伴が、本日、頼朝の宿を襲う。頼朝が天に守られているのであれば、助かるだろう。

その夜、頼朝は亀を部屋に呼び寄せます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/0c58a226ad18e73bc5101e21b1794873.jpg” name=”安達盛長” type=”l fb”]お逃げください。この女の夫が乗り込んできます。[/voice]

側近・安達盛長(野添義弘)が急を告げると、頼朝と亀は宿の外に避難しました。その直後、亀の夫・権三がやってきて、そこに長狭常伴も鉢合わせになり大乱闘になります。

翌朝、上総広常は頼朝が難を逃れた知らせを受けて、参陣することを決めました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]上総介殿が参陣いたします。[/voice]

義時は、頼朝が滞在する寺で伝えます。そして、上総広常は大軍を引き連れて現れます。頼朝との初めて対面。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]帰れ。遅参するものなど、戦場で役立たん。[/voice]

頼朝が上総広常を一喝しました。広常も眼光鋭くにらみます。そして、姿勢を正し頭を下げました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/6e63a05f2eaecc2bcbb8bf6038f12aa2.jpg” name=”上総広常” type=”r fb”]これより、上総介広常、身命を賭して、兵衛佐殿に仕える所存[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]よかろう。ともに平家を討ち果たそう。[/voice]

広常は、帰り際に義時に打ち明けました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/6e63a05f2eaecc2bcbb8bf6038f12aa2.jpg” name=”上総広常” type=”r fb”]もし、棟梁の器でなければ、首を取るつもりだった。なかなかの男だ・源頼朝。[/voice]

鎌倉殿の13人の第7話のネタバレ,あらすじはここまで。鎌倉殿の13人の第8話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人のネタバレ,あらすじ第8話
鎌倉殿の13人の公式ブックはコチラ
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ
鎌倉殿の13人の見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)