鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第4話「矢のゆくえ」

このページは、NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第4話のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話)方式でお伝えしています。

鎌倉殿の13人の第3話のあらすじで、源頼朝(大泉洋)が北条政子(小池栄子)と義時(小栗旬)の後押しを受けて兵を挙げることを決めます。

 

鎌倉殿の13人の第4話のあらすじは、源頼朝が挙兵の日を決めるところからはじまります。鎌倉殿の13人の第4話のタイトルは「矢のゆくえ」です。

鎌倉殿の13人の無料トライアルはコチラ

鎌倉殿の13人 ネタバレ,あらすじ第4話

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]挙兵は、17日。17日は、三島明神の祭りが催される。敵の警備は薄くなり、襲撃に格好の日だ。[/voice]

狙う相手は、目代・山木兼隆と目代の後見人・堤信遠です。平家討伐の狼煙をあげるにはうってつけの相手です。2人を討った後に、頼朝が念願の土地である鎌倉に根城を作ろうと考えていたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”r fb”]わが父・義朝が本拠にしていた場所だ。源氏のもとに、坂東武者がつどうのにふさわしい場所じゃ。[/voice]

頼朝は、みなに熱く語りかけます。

 

挙兵の前日の16日、頼朝のもとに集まる兵が予想より少ない状況です。宗時(片岡愛之助)と義時(小栗旬)は外に出て、兵を集めます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]負ける戦は、できんのじゃ[/voice]

頼朝にも焦りがこみあげてきます。

 

義時が各所を回っているところ、八重(新垣結衣)に止められます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/38127b4efa2603016a1b1670866d0233.jpg” name=”八重” type=”r fb”]そんなに慌てて、戦でもはじまるのですか。[/voice]

義時は、八重が頼朝の無事を案じているため打ち明けました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”l fb”]仮の話ですが、近く戦があるかもしれません。[/voice]

義時が条館に帰ると、湯河原の土肥実平(阿南健治)が待っていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/937e172fe6e79cbfbbb1f569f449465a.jpg” name=”土肥実平” type=”r fb”]挙兵に応じるかわりに、領土を安堵してほしい。佐殿を本当に信じてよいんだな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”l fb”]もちろんです。[/voice]

土肥実平の訴えに、義時は領地の安堵と信頼が豪族を味方につけるためには必要だと気づきます。義時は、すぐに頼朝のいる離れに行きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]佐殿から、歩み寄っていただけませんか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]わしに頭をさげろというのか。嫌じゃ。[/voice]

頼朝は、源氏の棟梁としてのプライドがたかい。それでも、義時は食い下がります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]確かに、我々は坂東の田舎者。しかし、その田舎者が力を合わせなければならない時です。彼らあっての佐殿。それをお忘れなきよう。[/voice]

義時の言葉に納得した、頼朝は土肥実平のところに行き手を握って言います。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]今まで黙っていたが、実は一番頼りにしてるのはお前じゃ。力を貸してくれ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/937e172fe6e79cbfbbb1f569f449465a.jpg” name=”土肥実平” type=”r fb”]どこまでも佐殿についていきます。[/voice]

頼朝と実平は、涙を浮かべながら抱き合います。

 

義時は、それを見て唖然としていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]嘘も誠心誠意つけば、まことになるのだ。[/voice]

頼朝は、そのあとも岡崎義実、佐々木秀義らの心をとらえていきました。

 

そして、8月17日を迎えました。頼朝は、山木兼隆が三島明神の祭りが催される日に館にいる確信を持てなくていました。そのため、挙兵に二の足を踏んでいました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]佐殿は、仕切り直してはどうかと考えているのです。[/voice]

それに対して、宗時(片岡愛之助)は即座に反対します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/片岡愛之助.jpg” name=”宗時” type=”l fb”]佐殿の挙兵の噂は、すでに、大庭景親に伝わっている。当然、伊東祐親も知っておる。一刻の猶予もありませぬ。[/voice]

一日でも先に延ばせば、敵の体制が整う。兵力に劣る北条にとっては、ますます不利になることを宗時は言いたかったのです。

義時は、八重に会って祐親に山木の動きを探って欲しいとお願いしようとします。そのため、八重の夫・江間次郎の館に向かいました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/38127b4efa2603016a1b1670866d0233.jpg” name=”八重” type=”r fb”]佐殿の挙兵のこと、父に話しました。[/voice]

義時は、頼朝が北条にいる限り八重は味方だと思っていました。しかし、八重は頼朝の挙兵のことを敵である伊東祐親に話していたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”l fb”]佐殿が捕まってもかまわないのですか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/38127b4efa2603016a1b1670866d0233.jpg” name=”八重” type=”r fb”]父は、命はとらないと約束してくれました。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”l fb”]甘い。爺様は、そのような人ではない。[/voice]

二人の話は、平行線をたどりました。

 

頼朝は、北条館の離れで観音様に読経をひたすら繰り返していました。そして、八重は夫から山木兼隆が足を痛めて館にいることを知ります。

八重は、迷ったあげくそのことを矢で知らせます。白い布をつけていたことで、頼朝は八重からだと直感します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]今夜、出陣せよという合図です。山木は館にいます。[/voice]

庭に、兵士たちが集まります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/片岡愛之助.jpg” name=”宗時” type=”l fb”]これより、目代・山木兼隆および後見・堤信遠を成敗する。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”r fb”]一同・山木の首を挙げてまいれ。[/voice]

頼朝は、勇ましく兵を挙げました。鎌倉殿の13人の第4話のネタバレ,あらすじはここまで。鎌倉殿の13人の第5話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第5話
鎌倉殿の13人の公式ブックはコチラ
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ
鎌倉殿の13人の無料トライアルはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)