鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第3話「挙兵は慎重に」

このページは、NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3話のネタバレ,あらすじを吹き出し方式(会話形式)でお伝えしていきます。

鎌倉殿の13人第2話のあらすじで、源頼朝(大泉洋)は武家の棟梁になるために北条政子(小池栄子)が欠かせないと義時(小栗旬)に打ち明けました。

 

鎌倉殿の13人のあらすじ第3話は、1180年(治承4年)からスタートします。鎌倉殿の13人の第3話のタイトルは「挙兵は慎重に」です。

鎌倉殿の13人の無料トライアルはコチラ

鎌倉殿の13人 ネタバレ,あらすじ第3話

1180年(治承4年)、平清盛(松平健)は後白河法皇(西田敏行)を幽閉して、自分の幼孫の安徳天皇を即位させました。

これに対し、後白河法皇の子・以仁王は源頼政と計って討って出ようと考えていました。

 

一方、伊豆の北条家では政子(小池栄子)と頼朝(大泉洋)の子・大姫が誕生。北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)にも身ごもり平穏な日々が流れていました。

そんなある日、宗時(片岡愛之助)が源頼家(杉本哲太)を名乗る山伏を源頼朝の部屋に通していました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/杉本哲太.jpg” name=”源行家” type=”l fb”]諸国の源氏もこれに加わるように、宮様はじきじきにこの行家を使者にお選びくださった。[/voice]

翌日、頼朝は時政や宗時、安達盛長(野添義弘)らを集めてこういいました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”r fb”]以仁王様の挙兵には、加わらないことにした。頼政卿では、無理だ。人がついてこん。[/voice]

それを聞いて、宗時は悔しそうな表情を浮かべました。頼朝の力で、平家主導の世の中を変えてほしいと願っているためです。

頼朝は、義時(小栗旬)がいるところにやってきました。頼朝は、義時に本音を時々話にやってきていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]兵を挙げるなら、この手で平清盛を討つ。源氏の棟梁として、わしが采配を振らなければ意味がない。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]頼政卿の下には、つけないと?私は、戦にも政にも興味がありませぬ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]そういっておられるのは、今のうちだけだ。[/voice]

頼朝は、その後も朝廷に仕える三善康信(小林隆)から状況を書状で伝えられていました。すると、以仁王の挙兵が数日で平家に鎮圧され、頼政は自害。

以仁王も命を落としました。頼朝は、自分が下した決断に胸をなでおろしました。

 

ある日の夜、頼朝は夢を見ていました。その夢には、後白河法皇が夢に出てきました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/西田敏行.jpg” name=”後白河法皇” type=”r fb”]一日も早く、わしを救い出せ。清盛の首をとって、平家を京から追い出すのじゃ。[/voice]

頼朝は、金縛りにあい自分の悲鳴で目が覚めます。その日の朝、三浦義澄(佐藤B作)が時政を訪ねてやってきました。

義澄は、京で大番役を終えたばかりでした。やってきた用事は、書状を届けることでした。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/576efc0490d1cf68342dfe7b9f7c29da.jpg” name=”三浦義澄” type=”l fb”]法皇様の密書だ。佐殿あてにだ。[/voice]

時政は、その密書の信ぴょう性を疑いつつも、頼朝の側近・安達盛長(野添義弘)に渡しました。盛長もまた、首をかしげつつ受け取りました。

一方、北条宗時は街で平家を罵る僧侶に出会います。文覚(市川猿之助)と名乗ります。文覚は、頼朝の亡き父の昵懇だったというので、頼朝の元へ連れてきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”r fb”]こやつは騙りを働く不埒ものだ[/voice]

すでに面識のあった頼朝は、怒り追い返します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/片岡愛之助.jpg” name=”宗時” type=”l fb”]あの者の声は、民の声なのです。みな平家の横暴に苦しんでいるのです。[/voice]

そこに、政子(小池栄子)も加わって挙兵を求めます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/063e3015bd7961a07c92ba0dd8b102f4.jpg” name=”北条政子” type=”r fb”]座して死ぬつもりですか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]必ず勝てるという証がない限り、兵を挙げることはできん。[/voice]

挙兵をためらう頼朝に対し、義時が背中を押します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/3019e3e3d1e263dcfa2ca2a014c1ba76.jpg” name=”義時” type=”r fb”]勝てます。この戦。三島の国衙に行った時、大量の木簡を捨てられているのを見てひらめきました。木簡で米の量をはかり、民の人数を割り出せます。すると、兵の数がわかります。伊豆の豪族300で、目代の山木兼隆を倒せば、相模と武蔵の豪族たちがついてきます。そうすれば、3000の兵になります。当面の敵、大庭と伊東は2000が限度。この戦、勝てます。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]絵に描いた餅じゃ。戦の大義名分がなければ、人はついてこぬ。[/voice]

頼朝は、後白河法皇の夢を思い出しました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”r fb”]法皇様の平家討伐の密旨でもあれば・・・[/voice]

側近・盛長(野添義弘)は、時政から預かっていた密旨を出し頼朝に渡します。

 

頼朝が密旨を読むと、法皇が助けを求める文書でした。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/11/ef1ed3a3079be7c88802348af4ea58a8.jpg” name=”源頼朝” type=”l fb”]すぐに、戦の支度じゃ。[/voice]

頼朝は、政子と義時に向けてしっかりと頷きました。鎌倉殿の13人の第3話のネタバレ,あらすじはここまで。鎌倉殿の13人の第4話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第4話
鎌倉殿の13人の公式ブックはコチラ
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)