江波杏子(大村すず・おおむらすず役)

このページは、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストについてお伝えします。ここでは、その中でさくら(井頭愛海)が通うジャズ喫茶の主人・大村すずを演じるキャストの江波杏子(えなみきょうこ)さんについて紹介します。

 

また、江波杏子さんが演じる大村すずが「べっぴんさん」の中でどんな役どころなのか。見どころはどこにあるのかについても詳しくみていきます。さわりだけを説明すると、さくらが高校生になり夜遊びするようになる場所・ジャズ喫茶の女主人になります。

 

とても意思のつよい女性でもあります。詳しい内容については後半にみていきます。その前にまずは、江波杏子さんがどんな女優なのか。これまで、どんな作品に出演してきたのかについてみていきます。

 




 

江波杏子はどんな女優なの?

江波杏子さんは、1942年生まれの現在74歳になるんやんね。個人的なイメージとしては、江波杏子さんは時代劇によく出ているイメージがありますね。

 

年齢的なこともありますので、当時は今よりも時代劇が多かったからというのもあるとは思いますがそんな印象が残ってるんやんな。キャリアも長いので出演作は本当にたくさんありますね。

 

時代劇から朝ドラまで本当に幅広い演技ができる役者さんですね。NHKについては、朝ドラ「ちりとてん」や「カーネーション」などにでています。また、同じNHKで人気の番組大河ドラマにも何度かでてんねな。

 

大河ドラマは「元禄太平記」や「春の波涛」へ出演しています。それらの中でも、「ちりとてん」ではヒロインの貫地谷しほりさんの祖母役としてサイブレークしましたよね。

 

70歳を超えてからも精力的に活動していて、生涯女優といった魂をもった数少ない女優だと思います。民放でも2015年には、ゴーストライターに出演しています。

 

2017年の一発目の出演がべっぴんさんになりますので、江波杏子さん自身気合がはいっていると思います。(収録は2016年だと思いますが)

 




 

べっぴんさんの大村すずの見どころ

そんな江波杏子さんが「べっぴんさん」で演じる大村すずは意思の強い女性になんねんな。ご主人と息子を戦争でなくしてから女一人でジャズ喫茶を経営してきたプライドがあんねな。

 

若い男女を多数見てきているだけに、ちょっとやんちゃな人たちを認めて上手に導いていくんやんな。さくらがどんどん夜の街に繰り出すことを心配するすみれ(芳根京子)に心配しなくてもしっかり育っていると言って励ますねんな。

 

すみれ自身は、自分の知らない世界だけにさくらのことをすずに相談することも多くあんねな。なので、見どころとしてはすみれをどのように諭していくのかということになんねな。

 

人生経験豊かなすずに対して、お嬢様育ちのすみれがどのような感情をもつのか。それが一番の見どころになるんやんな。また、すずはさくらのことについてどんなアドバイスをすみれにするのか。

 

そのあたりに注目になんねな。また、そういった役が得意な江波杏子さんがどんな演技をするのか。キャストの演技力も楽しみなすずになるんやんね。

 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)