山村紅葉(坂東節子・ばんどうせつこ役)

このページは、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストの中で、こちらでは坂東家の本家・坂東長太郎(本田博太郎)の妻の坂東節子(ばんどうせつこ)を演じる山村紅葉(やまむらもみじ)さんにについてみていくんやんね。

 

また、それ以外にも坂東節子のべっぴんさんでの見どころや役どころについても併せてお伝えしていくんやんね。その点については、後半にお伝えしていくねん。

 

その前に、まずは坂東節子を演じる山村紅葉(やまむらもみじ)さんについて、どんな女優なのか。どんな作品に出演しているのか。そういったところを見ていくんやんな。

 




 

山村紅葉はどんな女優なのか?

山村紅葉(やまむらもみじ)さんは、1960年生まれの現在56歳になるねんな。出身は、京都になるんやんね。サスペンス劇場で有名な山村美紗さんは山村紅葉さんの母になるんやんね。

 

山村紅葉さんは、サスペンスによくでる女優さんですよね。皆さんもサスペンスで一度は見たことがあると思うんやんな。「十津川警部シリーズ」や「西村京太郎サスペンス」が代表作品やねん。

 

ただ、山村紅葉さんはこれまでNHKとはあまり縁遠い女優の一人やねんな。せやけど、最近はちょこちょこ出演してんねん。2016年は、最後のレストランで楊貴妃を演じてるんやんな。

 

なので、まったく出演があれへんってわけではないねんけど、これまでNHKの代表作品である大河ドラマや朝の連続テレビ小説(通称・朝ドラ)には1度も出演がないんやんね。

 

だから、今回の「べっぴんさん」が朝ドラ初出演やんね。なんとなく、朝ドラは初かなってイメージがあるねんけど、大河はなんとなく出てそうな気がしてんけどね。その辺りは個人的には驚いてん。

 

民放については、どこのテレビ局もまんべんなく出演してんねな。その多くは、ミステリー作品になるんやんな。ある種、ミステリーの女王的な立ち位置になってんねな。

 




 

べっぴんさんでの坂東節子の見どころ・役どころ

そんな山村紅葉さんがべっぴんさんで演じるのは、坂東家の本家の嫁である坂東節子になんねな。疎開で近江に来たすみれ(芳根京子)やゆり(蓮佛美沙子)に対して厳しく接してんね。

 

嫌味をすみれたちに言うというのが主な役どころになるんやんね。なので、今回の「べっぴんさん」では憎まれ役のポジションやんね。見どころとしては、その嫌味を言うところが一番の見どころになんねな。

 

本家の人たちは、節子の夫・長太郎も含めて五十八(生瀬勝久)の家族に冷たい対応をするので、どこまで厳しく接することができるのか。ここが、節子や長太郎家族の役割になってるんやんね。

 

せやから、そこまでするかってぐらい厳しく接するぐらいの演技をしてくれるとみている側としては、その反動で面白くなるねん。せやから、そこのところについて山村紅葉さんらの演技がどこまでやるのか。

 

どのくらい、チクチクしていくのか。それとも怒ってかなり感情的になるのか。その辺りが楽しみなポイントになると個人的には思ってるねんね。

 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)