久保田紗友(山本五月・やまもとさつき役)

このページは、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストの中で、さくら(井頭愛海)が通うジャズ喫茶の店「ヨーソーロー」のアルバイトをしている山本五月やまもとさつき)のキャスト久保田紗友くぼたさゆ)さんについて紹介していくねんな。

 

また、それと同時に連続テレビ小説「べっぴんさん」の中で山本五月がどんな活躍をするのか。役どころや見どころはどこにあるのかなどについても詳しく後半にみていくんやんね。

 

少しだけ先に言うと、さくらのお姉ちゃんのような存在になるんやんな。年齢が1歳上で、大人っぽい色気があるんやんな。なので、さくらからしたら本当に1歳しか違わないのかと思ってしまうほどやねん。

 

詳細については後半をみてな。その前に、久保田紗友(くぼたさゆ)さんがどんな女優なのか。これまでどんなドラマや映画に出演してきたのかについてみていくねんな。

 




 

久保田紗友はどんな女優なの?

久保田紗友さんは、2000年生まれの現在16歳になるんやんな。出身は札幌になるねんな。劇団ハーベストに所属して舞台などでも活動をしている女優さんやねん。

 

実際に、現在16歳ということで演じる山本五月が16歳なのでそのままの演技ができるのではないかなと思いますね。これまでのドラマは全国ネットというよりは地方の番組が多いですね。

 

札幌だったり、広島、神奈川などたくさんの地方番組に出演してるんやんな。その中でも、主演を演じることが多くあり事務所(ソニー・ミュージックアーティスツ)からかなり期待されている女優であることがうかがえるんやんな。

 

NHKについては、札幌局や大阪局でドラマ出演していたりしてんな。2016年には、全国ネットのNHK総合で「運命に、似た恋」にレギュラーででていてんね。この作品が今回の「べっぴんさん」出演のきっかけになったのかもしれへんね。

 

どうしても、朝ドラぐらい大きな番組になるとまったくつながりがなければなかなか出れることはないと思うねんな。せやから、「運命に、似た恋」が一つのきっかけになったんかもしれへんね。

 

まだまだ16歳と若いので、今後は朝ドラのヒロインに選ばれるようなことがあるかもしれん。そうであっても不思議ではないので、演技に期待したいですね。こういった若いあまり知られていない女優さんを見つける。

 

それも、NHKの朝ドラの楽しみ方の一つになるんやんね。実際に、ヒロインに選ばれるのは朝ドラに出演していた人ってことがたくさんあるので、久保田紗友さんを覚えておいたらいいかもしれませんよ。

 




 

べっぴんさんで山本五月の見どころ

そんな久保田紗友さんが「べっぴんさん」で演じる山本五月は、さくらのお姉さん的な存在やんね。高校にはいかず、ジャズ喫茶の店「ヨーソーロー」でアルバイトをしてるんやんね。さくらとはその店で知り合ってんな。

 

さくらをナイトクラブに連れていったりして、大人の世界を経験させてくれるお姉ちゃん的な存在になるんやんな。高校に行っていないことも影響してか、実はしっかりしていて大人びたところがあるというのが五月の特徴やんな。

 

なので、見どころとしては「さくら」をどのように誘っていくのか。世話をやく姿がどのようにうつるのか。けっこうNHKの朝ドラというところで行くと批判が集まるようなタイプの役になりますが、そこがまた魅力なところやんね。

 

さくらとの関係がどんな感じになるのかはキャストである久保田紗友さん次第になるのかなって予感がしますね。なので、さくらとの最初の対面というのが注目になるでしょう。そこでツンツンした感じなのか。

 

それとも、さくらを優しく見守ってくれるようなタイプなのか。そのあたりを見てみると、今後の二人の関係が見えてくると思うんやんな。キャストとして久保田紗友さんは最高にいいやんね。

 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)