スカーレット第7週のネタバレ,あらすじ「弟子にしてください!」

神山清子さんをモデルにしている朝ドラ「スカーレット」の第7週「負けたらあかん」のネタバレ,あらすじを会話形式(吹き出し形式)で読みやすくお伝えします。

スカーレット第6週のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は信楽に戻って仕事をスタートさせます。そこで働いている絵付け師に仕事に興味を持ちます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]喜美子が働く会社の絵付け師の部屋で知らない初老の男がいました。そこからスカーレット第7週はスタートです。タイトルは「弟子にしてください!」です。[/voice]

スカーレット第7週ネタバレ,あらすじ

初老の男は、秀男(阪田マサノブ)がスカウトしてきた人物でした。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/10/阪田マサノブ.jpg” name=”秀男” type=”r line”]日本画を描いてた深野心仙先生やぞ。[/voice]

秀男は、得意家に喜美子に説明しました。そして、照子(大島優子)から聞いていた喜美子が絵付けをしてみたいということから、深野心仙の部屋に連れていきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/10/阪田マサノブ.jpg” name=”秀男” type=”l line”]絵付けをしたいって[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”心仙” type=”r line”]ええで[/voice] 深野心仙(イッセー尾形)は、軽く答えて喜美子は絵付け師の仕事を手伝うことになります。ただ、心仙には弟子が2人いるので弟子が絵付けのことを喜美子に教えてくれます。

弟子たちはフカ先生(深野心仙のニックネーム)にどのようなことをさせればいいか聞いて、簡単なことから喜美子に教えてくれました。

 

喜美子は、熱中して絵を描いていると気が付けば夜になっていました。そのころ、家では常治(北村一輝)が暴れていました。喜美子の帰りが遅く、お風呂が沸いていないとちゃぶ台をひっくり返して怒っていたのです。

 

翌朝、喜美子が再び絵付け師の部屋に行き絵付けをしようと思うと一番弟子の池ノ内富三郎と二番弟子の磯貝忠彦が驚きます。2人は、体験のちょっと絵付けをやるだけだと思っていたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]仕事として、やりたいと思っておりました。[/voice]

喜美子は、必死に熱意を伝えますが修業の道は厳しいものです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”フカ先生” type=”r line”]絵付け師になるには、何年も修業をせなあかん。修業やからお給金もない。それでもやるのか。[/voice]

喜美子は絵付け師になることの難しさを実感していました。喜美子は落ち込んだまま、家に帰宅します。するとそこに思いがけない人物が訪ねてきていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/水野美紀.jpg” name=”ちや子” type=”l line”]今度は、婦人雑誌するようになってん。雑誌記者や。[/voice]

ちや子は、取材で琵琶湖に来たのでついでによってくれたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/水野美紀.jpg” name=”ちや子” type=”r line”]新聞社は、女性軽視するところがあったけど頑張って婦人雑誌の記者を勝ちとった。今の仕事が一番楽しい。[/voice]

喜美子は、希望にあふれてやりたいことをやっている「ちや子(水野美紀)」がうらやましく思えました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]うちもあってん。見つけてん。せやけど、あかんねん。何年もかかって・・・そんな余裕あれへねん。[/voice]

喜美子は、ちや子に涙ながらに訴えました。ちや子は、感情が高まる喜美子の気持ちをじっと聞いて受け止めてくれました。そして、大阪に帰っていきました。

常治が認めない?

この頃、マツ(富田靖子)は喜美子に絵付けの仕事をやらせてあげたいと思っていました。そのため、常治に相談します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/富田靖子1.jpg” name=”マツ” type=”l line”]喜美子にやらせてあげたいことがあるんです。絵付けです。他の会社で働きながら修業ができるところを見つけたんです。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/北村一輝.jpg” name=”常治” type=”r line”]何が絵付けじゃ。[/voice]

常治は、喜美子によい婿をと考えて動いていたがいい相手が見つからないことからイライラしていました。マツが絵付けの話をしたことで、常治の機嫌は余計に悪くなりました。

喜美子は、働きながら絵付け修業できるところを探してくれたマツに感謝します。しかし、喜美子の気持ちは固まっていました。マツと直子、百合子に想いを伝えます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]以前、深野心仙先生が笑いながら絵を描いているところを見てん。へらへら笑ってるねん。その理由を聞いてみたん。そしたら[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”フカ先生” type=”r line”]子供のころから絵が好きで書いてたんや。そしたら、両親が必ず褒めてくれた。美術画で賞もとった。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”フカ先生” type=”l line”]せやけど、戦争で従軍画家になったんや。戦争で苦渋の表情をしている人の絵を描いた。それから戦争が終わってもよう絵を描かんようになった。それを救ってくれたのは絵付けやった。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”フカ先生” type=”r line”]暖ををとるだけやと、絵なんかいらへん。せやのに絵を描いてる。これがどんだけ贅沢なことか。[/voice]

心仙のその話を聞いて、喜美子の気持ちは固まったのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]決めた、うちはフカ先生の弟子になる。[/voice]

喜美子が決意を新たにしていたころ、常治は知らない男と一緒に飲んでいました。そこに大野(マギー)がやってきました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/マギー.jpg” name=”大野” type=”l line”]こんばんは。[/voice]

大野が常治と一緒にいた男に頭を下げます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/マギー.jpg” name=”大野” type=”r line”]丸熊陶業に新しく来た絵付けの先生や。[/voice]

大野は、常治にそう説明します。常治は自分が喜美子の父であるということを隠して絵付けの仕事について聞きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/北村一輝.jpg” name=”常治” type=”l line”]絵付けの仕事って難しいんでしょ?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/イッセー尾形.jpg” name=”フカ先生” type=”r line”]難しい仕事なので、弟子になってもすぐに根をあげるものがほとんどじゃ。最近、新しく女の子が来てるけど・・・あかんやろな。弱音吐いて辞めるやろ。[/voice]

常治は喜美子のことを言われてるとわかりとっさに反応してしまいます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/北村一輝.jpg” name=”常治” type=”l line”]そんな根性なしちゃうわ。[/voice]

次の日、常治は喜美子に言います。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/北村一輝.jpg” name=”常治” type=”r line”]やるんやったら本気でやれ。丸熊陶業やないとアカン。[/voice]

常治は喜美子が絵付けの修業することを認めたのです。こうして、喜美子はフカ先生の9人目の弟子「キュウちゃん」になります。それから、喜美子は1本の線を描くところから修業がスタートします。

線1本書くのに何万回のやり直しをし、気が遠くなるような練習を積み重ねていきます。スカーレット第7週のネタバレ,あらすじはここまで。スカーレット第8週のネタバレ,あらすじにつづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第8週「心ゆれる夏」

スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ

神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)