スカーレット第86話感想「洋食器のディナーセット」

このページは、2020年1月14日に放送した朝ドラ「スカーレット」の86話のあらすじを会話方式(吹き出し形式)でお伝えしています。また、後半には感想を書いていますので興味あるあなたはご覧ください。

スカーレット85話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)に銀座の個展をやらなくていいと伝えました。

スカーレット86話のあらすじは、武志が学校に行くところからスタートします。スカーレット86話のタイトルは「洋食器のディナーセット」です。

スカーレット第86話あらすじ

武志が家を出たふりして戻ってきます。そして、カワハラ工房に向かいます。八郎は、電気釜の調子が悪く修理しています。そこに武志が入ってきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]なにしてんねん。学校は?[/voice]

武志は、お父ちゃんこそなにしてるんや。手紙を落としているのを喜美子にばれたらどつかれる。そう言って、手紙を八郎に渡して武志は学校に行きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]テレビ欲しいっていう嘆願書や。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]テレビ?武志くん、まだあきらめてかなったんですか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]中古でもええから買ってやりたいけど、財布握っているのは喜美子やからなあ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]先生?へそくりとかないんですか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]ないない。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]お小遣いも?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]うん。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]じゃあ、今度の個展の売り上げで電気釜とテレビですね。[/voice]

八郎の脳裏に、個展はやらんでええという喜美子の言葉が浮かびます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]電気釜とテレビ買えたらええな。[/voice]

三津は、八郎に東京の話をします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]生活様式が変わって、テーブルに椅子でご飯を食べるようになりましたよね。東京では、かなり浸透しています。洋食器のディナーセットが流行ってきます。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]スープ皿とかパン皿とか。[/voice]

そして、いろいろ話しているうちに八郎は三津にロクロをやらせてみせます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]あははは・・・[/voice]

そういって三津は失敗します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]惜しかったな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”l line”]今のところ教えてください。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]皿広げて持ちあげてるやろ。いや・・・喜美子から教えてもらい。ええから、変わって。[/voice]

そこに喜美子が入ってきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]なに?赤土やん。新しいの作るん?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”r line”]まあ・・・どこ行くん?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]立花さんに会ってくる。いくらの注文かわからんけど、受けてくるで。ほな、時間やし行ってくるな。お母ちゃん休んでるから頼むな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/12/黒島結菜.jpg” name=”三津” type=”r line”]はい。いってらっしゃい。[/voice]

その頃、信作の家では陽子が酔っぱらっていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/林遣都.jpg” name=”信作” type=”l line”]俺と百合子の結婚嬉しいんちゃうの?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/06/財前直見.jpg” name=”陽子” type=”r line”]嬉しいよ。こんなうれしいことないわ。そやし、百合子と万歳してのんでたんやし。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/林遣都.jpg” name=”信作” type=”l line”]そやけど、ため息ばっかりついてるやん。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/06/財前直見.jpg” name=”陽子” type=”r line”]常治さんがいてくれたらなあ。冗談やない。誰がお前なんかに渡すかって言ってくれたわ。八さん知ってるか。何回も何回も会いにいって、それでもくじけんと・・・あんたにも常治さんの洗礼あわせたかったわ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/林遣都.jpg” name=”信作” type=”l line”]わかったわ。川原家に一人の男として、きちっと許しもらしていくわ。[/voice]

そこに喜美子がやってきました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]信作、なんでいてんの?仕事は?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/林遣都.jpg” name=”信作” type=”l line”]今からや。喜美子・・・またな。[/voice]

そう言って信作はいなくなりました。スカーレット86話のあらすじはここまで。スカーレット87話のあらすじにつづく。

スカーレット第86話感想

スカーレット86話のあらすじは、八郎が三津と仲良くなっていく感じでしたね。また、信作が川原家に挨拶してないことを陽子が問題視していました。

やっぱり三津と八郎はなんか距離が縮まってきているなあって感じます。どうしても、ここはくっつくのかなって思ってしまいます。

 

喜美子が立花さんに会いに行っている間になんもなければええけど、2人だけの密室なんでなんか嫌な予感しますね。八郎は時々距離とろうとしてましたけど・・・。

でも、三津がぐいぐい来るって感じですね。でも、住み込みで弟子しててよくあんなにぐいぐい行けるなあって思いました。

 

普通はもっと、遠慮しますよね。八郎と三津を見てたら弟子と師匠って感じが一切伝わってこないんです。だから、三津がぐいぐい来るのかな。それとも、八郎がタイプなのかな。

なんか、そんなことを思ってしまいました。信作には、なんか挨拶は厳しそうですね。常治がいないからこそ・・・よく知ってる川原家だからこそ、けじめはしっかりとするべきなんですけどね。

 

外野から見るとそう思うけど、信作はそういうタイプやないのかなって思いました。喜美子が立花さんと合っている間の三津と八郎に明日注目したいと思います。スカーレット86話の感想はここまで。スカーレット87話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第87話感想「違和感」
スカーレット第15週「優しさは交差して」
スカーレットのネタバレ総まとめ!
スカーレットモデル一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)