スカーレット第119話感想「なんで別れたん?」

2020年2月21日に放送されたNHKの朝ドラ「スカーレット」119話のあらすじを会話形式、吹き出し形式でお伝えしています。後半には、感想も書いていますので最後までご覧ください。

スカーレット118話のあらすじで、八郎(松下洸平)が武志(伊藤健太郎)と話をするためにやってきました。そして、武志が八郎にいろいろ質問をします。

 

スカーレット119話のあらすじは、武志と八郎が話をしているところからはじまります。スカーレット119話のタイトルは「なんで別れたん?」です。

スカーレット第119話あらすじ

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]この皿作ったのは、今の武志と同じぐらいの歳や。好きな人がおってな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]お母ちゃんや。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]大好きな人がおってな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]お母ちゃんやろ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]話さえぎらんとって。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]お母ちゃんのこと思って作ったんや。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]笑顔がな。[/voice]

そんな話をしているところに住田(田中美央)がやってきて、昔、八郎の弟子をしていた2人を連れてきます。弟子、二人は八郎に謝罪します。そこに、喜美子もやってきます。

今は、2人で和歌山に工房を持っているという。その二人は、今は穴窯を和歌山でやっているけどうまく焼けないという。2人の質問にどんどん答え穴窯見せてやるいう喜美子に武志が怒ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]お母ちゃん、何言うてるねん。ほんなんよう聞きますね。企業秘密ちゃうんか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/田中美央1.jpg” name=”住田” type=”l line”]穴窯もそんな珍しいもんちゃうさかいな。お母さんが始めたときは、誰もやってなかったけど・・・そこから何年たった。よそでもやってる。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]かまへんのよ[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”l line”]手の内見せてええんか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]ええんよ。[/voice]

そう言って、喜美子は2人を穴窯に案内します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]2週間、今も穴窯焚き続けるんか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]年に4回、毎回火事寸前や。お母ちゃん独自のやり方や。何回も失敗してようやくたどり着いたやり方や。やのに、あんな簡単に人に教えるなんて・・・[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]お母ちゃんは、そんなもんやない。元々、独自の造形があった。強い覚悟と天賦の才能で。あんなもん、真似しても出来へん。心配するな。[/voice]

その後、武志は喜美子に言います。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]なあ、お母ちゃん、なんで別れたん?俺な、お金のことでもめてるんやと思ってた。穴窯やるやらんでもめてたの知ってたし、借金してたやろ。それで揉めてる思ってた。さっき、お母ちゃんのことようわかってること言うてた。なあ、お父ちゃんお母ちゃんのこと今でも・・・ちゃうか。陶芸も今は、やってへん言うてた、なんでやろ。信作叔父さん呼ぼ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]なんでや。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]気まずいやろ。俺かていろいろ考えてしまうわ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]気まずいことないで。お父ちゃん呼んでくるから。[/voice]

そう言って、喜美子は工房にいた八郎を呼びにいきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]おう。八さん呼んでええ?喜美子呼んで。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]えっ?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]喜美子呼べ。普通に行こうや。八さん、喜美子。普通に行こ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]えっ?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]ここ重苦しい。澱んでる。なんていうんかな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]意識しおうてる?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]そや。うちのこと意識してる?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]意識せん方がおかしいやろ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]うちもしてる。ほな、なくせ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]なにもそんなに・・・。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]もう何年も前のことやで。いつまでも引きずってる。周りに気つかわせてやで。武志かてそうやで。気まずいんちゃうんか聞いてきよった。そやから、普通にしよ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]ほな、普通ってなんやねん。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]八さん、喜美子や。八さんはそっからやろ。言うてみ。喜美子。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/松下洸平.jpg” name=”八郎” type=”l line”]喜美子。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]ちゃうな。なんもないねん。お互いサバサバとな。[/voice]

そう言って、喜美子は手を握りハグをします。スカーレット119話のあらすじはここまで。スカーレット120話のあらすじにつづく。

スカーレット第119話感想

スカーレット119話のあらすじでは、八郎の弟子やった2人が喜美子と八郎に謝るというストーリーでした。そこで、ノウハウを惜しげもなく出す喜美子を心配する武志。

武志の気持ちすごいよくわかりました。あんなに苦労したのに、それが原因で離婚までなったのになんであんな簡単に教える?そんなことを思ったんだと思います。

 

でも、喜美子も住田もそして、八郎も教えても関係ないってスタンスでしたね。大事なのは、穴窯ではなくて才能と覚悟だということを八郎が武志に伝えました。

八郎は、喜美子の才能を誰よりも知っているからそんなことを思うでしょうね。そして、武志は喜美子と八郎がなんで別れたんかわからん。できることならもう一度家族になりたい。

 

そう思っているんだと思います。だからこそ、武志はなんで別れたのか喜美子に聞いたのだと思います。しかし、喜美子は唐突ですね。

いきなりあんな感じでこられたら八郎もびっくりします。どうしたってびっくりします。でも、あの突破力が喜美子らしいと言えばらしいです。

 

最近なかった喜美子らしさが戻ってきたのかなって思いました。明日3人で何話すんやろ。楽しみですね。スカーレット119話の感想はここまで。スカーレット120話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第21週「スペシャル・サニーデー」
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧総まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)