スカーレット第114話感想「5万円のワイン」

2020年2月15日に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」第114話のあらすじを吹き出し形式・会話方式でお伝えしていきます。また、後半に感想を書いていますのでご覧ください。

スカーレット113話のあらすじで、小池アンリ(鳥丸せつこ)がスキャンダル女優であることを住田(田中美央)から聞いた喜美子(戸田恵梨香)。

 

スカーレット114話のあらすじでは、小池アンリと喜美子がかわはら工房で話をするところから始まります。スカーレット114話のタイトルは「5万円のワイン」です。

スカーレット第114話あらすじ

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”l line”]一輪挿しやなくて、もうちょっと大きいの。好きな花をいっぱい入れたいんよ。先生、こういう風に注文を受けて作りはることあるんですか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]たまにですけど。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”l line”]色も絵付けも先生に任せるわ。今日は、何か買うて帰ろうかしら。これいくらです?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”r line”]ほんまに買わはれます?それ、5万円です。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”l line”]5万円、安いなあ。[/voice]

その言葉に、表情が曇る喜美子。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]5万は、安くないの?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]安くないです。お米どれだけ買えますか。うちやったら、一人やし半年はもつぐらい買えます。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]ほんまあ。美味しいワイン飲んだことある?美味しいもの飲んだら、これどないして作ってやるんやろって思うやん。うちは、作品に一目ぼれして先生のことどんな人やろって知的好奇心がうずいてるねん。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]なんや、すごいな思って。展示会などでうちの作品買ってくれる方、すごいなって思って。うちとは違う人生を歩んでるんやろなって。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]おもろいやん。違う人生を歩んでた人が先生の作品によって出会うんやで。先生の作品がなければ、うちは今ここにおらん。作品は、見知らぬもの同士を巡り合わせるねん。先生、お子さんいはるんよね。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]よく知ってはりますね。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]雑誌で見たの。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]ホットケーキ好きって書いてなかったですか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]なにそれ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]あんまりあてになりませんよ。そういうの[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]わかる。ご主人亡くなったって書いてなかったもんね。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]生きてます。名古屋で元気に暮らしてる思ってます。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]ああ、別れたん。死別やのうて。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]息子もアパート借りて元気に暮らしてます。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]ほんで、先生一人なんやな。うちも一人や。一人ぼっちや。あっええこと思いついた。夕方までには帰ってくるからちょっと待って。[/voice]

そう言って、アンリはいなくなります。しかし、夕方になってもアンリは戻ってきませんでした。そして、喜美子は一人で夕飯を食べます。翌朝になっても戻ってきませんでした。

 

一方、信楽窯業研究所では・・・掛井(尾上寛之)が電話口で大声をあげていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2017/04/尾上寛之.jpg” name=”掛井” type=”l line”]ええ~[/voice]

その声に、事務員の真奈(松田るか)は心配します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]なにかあったんですか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/松田るか.jpg” name=”真奈” type=”l line”]病院から電話がかかってきて、ええ~って大きな声を出していたので・・・。[/voice]

そして、武志は掛井にその真相を聞きました。それを真奈に伝えます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/松田るか.jpg” name=”真奈” type=”r line”]おめでた?奥さん、おめでた。よかった~。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”l line”]うん。おめでた。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/松田るか.jpg” name=”真奈” type=”r line”]悪い病気かと思いました。よかった~。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”l line”]ほな、そういうことで。[/voice]

一方、喜美子はアンリのことを心配しています。住田(田中美央)が電話をかけたり探してくれていました。そして、その日も夜遅くになりました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]持ってきたで。ただいま。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]なんや。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/伊藤健太郎.jpg” name=”武志” type=”r line”]これ、バナナ。お裾分けや。大丈夫か?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]ご飯ちゃんと食べてんのか。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2020/01/鳥丸せつこ.jpg” name=”アンリ” type=”r line”]こんばんは。工房の方、電気切れてたから。もってきたで。5万円のワインや。[/voice]

そう言って入ってきたアンリに喜美子が怒ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/09/戸田恵梨香.jpg” name=”喜美子” type=”l line”]何言うてるねん。どっかで野垂れ死んでるのかと思ったやん。心配したで。[/voice]

そう言ってアンリに抱き着く喜美子。その様子を武志が戸惑った表情で見ていました。スカーレット114話のあらすじはここまで。スカーレット115話のあらすじにつづく。

スカーレット第114話感想

スカーレット114話のあらすじは、喜美子がいなくなったアンリのことを心配するという内容でしたね。なんか、アンリがただのお客さんじゃなくなっていますよね。

小池アンリと喜美子って、対照的な人生を歩んできているんだと思います。幼いころから裕福な生活をしてきたアンリと最近になってようやく余裕ある生活ができるようになった喜美子。

 

そのため、金銭感覚がまったく違いますね。5万円の作品も喜美子からしたら高い。でもアンリからしたらすごく安い。だから考え方がまったく違う。

でも、そんな二人を引き合わせるたのが陶芸でした。だからおもろいっていうアンリの言葉がとても印象的でした。喜美子も感じるものがあったんだと思います。

 

ただの一人の客って思っていたら、あんなに心配しないですよね。アンリも間に合わないなら、連絡ぐらいしてほしいですね。喜美子は、すっごく真面目やから。

あと、武志はすごくおもしろかったですね。バナナを拾ってきたって。でも、丸熊陶業の社長が来たっていわないところがよかったです。

 

また、掛井のことで真奈と言い感じになりそうな予感ですね。武志もええ歳ですから恋愛があってもおかしくないかなって思います。素敵な恋ができるといいですね。スカーレット114話の感想はここまで。スカーレット115話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット115話「親は親、子は子や。」
スカーレット第20週「もう一度家族に」
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)