カムカムエヴリバディ第19週ネタバレ,あらすじ「1992-1993」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第19週のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話形式)でお伝えしていきます。

カムカムエブリバディ第18週のあらすじで、時代は平成になり、ひなた(川栄李奈)は、ノストラダムスの大予言を信じていて、死ぬときは五十嵐(本郷奏多)と一緒に死にたいと思っていました。

 

カムカムエヴリバディ第19週のあらすじは、ひなたのお化け屋敷が大成功を収めたところからはじまります。カムカムエブリバディ第19週のタイトルは「1992-1993」です。

カムカムエヴリバディネタバレ,あらすじ19週

ここから、カムカムエヴリバディ第19週のネタバレ,あらすじを1話ごとに吹き出し方式、会話形式でお伝えしていきます。

88話(3月7日)「結婚記者会見

ひなた(川栄李奈)が榊原(平埜生成)の指示を受けて、来場者を増やす企画のお化け屋敷は、大成功しました。

しかし、五十嵐(本郷奏多)は不満気でした。落ち武者の幽霊を演じさせられたことが原因でした。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]こんなことで楽しませても、俺は俳優だぞ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]あと7年で地球が滅亡するなら、私は少しでも文ちゃんと一緒にいたい。一緒に暮らしたい。文ちゃんは?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]俺は、今はまだ結婚できない。大部屋俳優のままではダメなんだ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]じゃあ、あれはなんやったん?お金がなくても、仕事がなくてもついてきてほしいって。私、平気やで。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]ひなた、わかってくれ。俺は、侍でいたい。[/voice]

そんなある日、ひなたは榊原が動揺しているところに遭遇しました。それは、テレビで美咲すみれ(安達祐実)の結婚記者会見が行われていたからです。

榊原は、ずっと美咲すみれのことが好きだったのです。そんな榊原を見つめる一恵(三浦透子)。一方、五十嵐は自分の仕事がうまくいかないことを悩んでいました。

89話(3月8日)「別れ

ひなた(川栄李奈)は、弟・桃太郎(青木柚)の誕生日会にいましたが、誘っていた五十嵐(本郷奏多)がなかなかやってこないことを心配します。

その頃、五十嵐はやけ酒を飲んでいました。そこに偶然、美咲すみれ(安達祐実)とすみれの夫がいました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/05c634e8588f0913d1c72ce7177f54a3.jpg” name=”美咲すみれ” type=”r fb”]もし良かったら、一緒に飲む?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”l fb”]あんたさ、どういうつもりで言ってるの?いい商売だよな。なんにも新しいことやらなくても、金だって。女だって。まあ、女って言っても2流の女優だけど・・・[/voice]

五十嵐は酔っぱらって、すみれの夫に絡んでいきます。それがきっかけで、五十嵐は監督に呼ばれてしかられます。そして、五十嵐が1年間破天荒将軍の出演停止になります。

そして、ひなたは五十嵐と話をします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]俺、役者辞めるよ。そんな大きくないけど、親父が会社していて・・・そこで働くよ。ひなたついてきてくれ。ひなたと結婚しようと思ったら、それしかないんやって。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]なんで?待っているって。文ちゃんが納得できるまで。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]一番大事なんは、ひなたなんや。[/voice]

そういって、ひなたの手を握ろうとしました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]ウソ言わんといて。文ちゃんは、モモケンより何倍もすごい役者なんや。定期で結婚資金も貯めてる。一緒に頑張ろう。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]ひなた、なんでお前はバカなんだ。[/voice]

そういって抱きしめます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”l fb”]俺は、ひなたが好きなんだ。だから、もう一緒にはいられない。ひなたの明るさが、ひなたが放つ明かりが俺には、眩しすぎるんだ。傷つけたくない。傷つきたくない。[/voice]

ひなたは、落ち込んで帰ります。そして、部屋で泣きます。

90話(3月9日)「錠一郎の訴え

ひなたは、五十嵐に別れを告げられ傷つきました。もしかしたら、自分が五十嵐のことを傷つけてしまったのかもしれない。そう後悔をしました。

家に帰っても、様子がおかしいひなたに、るい(深津絵里)が事情を聴きました。るいは、ひなたに寄り添い抱きしめました。

 

その頃、五十嵐は映画村を去ろうとしていました。それを知った錠一郎(オダギリジョー)は、五十嵐のところに会いに行きました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2702b35dde517b31dc3a069dd12d4b64.jpg” name=”錠一郎” type=”r fb”]五十嵐君。僕も夢があったんや。でもかなわんかった。一度は手が届いたように見えてたけど、アカンかった。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”l fb”]夢って?[/voice]

錠一郎は、トミー(早乙女太一)のCDを渡します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2702b35dde517b31dc3a069dd12d4b64.jpg” name=”錠一郎” type=”r fb”]僕の友達。僕の夢を全部つかんでいった。五十嵐君は、ひなたのこと思ってる。そやから、ひなたの前を消えるんや。僕がるいの前から消えようとしたように。暗闇にかすかな光が見えた。るいの手をつかんで歩き出した時に、そしたら生まれてきてくれて。眩しい塊のひなたが。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2702b35dde517b31dc3a069dd12d4b64.jpg” name=”錠一郎” type=”l fb”]五十嵐君が選んだ道が、きっとそれが日向の道になるから。五十嵐君。[/voice]

そういって、握手をします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2702b35dde517b31dc3a069dd12d4b64.jpg” name=”錠一郎” type=”r fb”]じゃあね。[/voice]

一方、るいはひなたに寄り添い「On the sunny side of the street」を歌いました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]なにそれ?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/cb6433a5f88b41a1583c657b6a1ac83e.jpg” name=”るい” type=”r fb”]「On the sunny side of the street」ひなたの名前の由来や。ひなたがひなたの道を歩けますように。ひなたの道を歩けば、きっと人生は輝くよ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]ありがとう。[/voice]

91話(3月10日)「新企画

1993年(平成5年)時代劇を取り巻く環境は、ますます変化していました。時代劇の存続すら危ないほどに、人気に陰りがみえます。

映画村の来場者数も、年々減少していってしまいます。ひなた(川栄李奈)は、映画村の来場者数を増やす企画を考えるように榊原(平埜生成)に言われます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]外国人観光客を相手にした、映画村ツアーはどうでしょうか?だんだん増えてるような気がするんです。[/voice]

ひなたは、外国人の人は侍が好きであることから、映画村でそのツアーを企画すれば、客数が伸びると考えたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/71fae34b75e2b613a038983198e66219.jpg” name=”榊原誠” type=”r fb”]目のつけどころはいいけど、英語しゃべれるツアーガイドの費用もかかる。[/voice]

ひなたの企画に榊原の反応は、いまいち。

 

ひなたは家に帰るとるい(深津絵里)が外国人と英語で話しているところを目撃しました。ひなたは驚きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]なんで?お母さん、英語ペラペラやん。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/cb6433a5f88b41a1583c657b6a1ac83e.jpg” name=”るい” type=”r fb”]日常英会話程度や。ひなたが英語の勉強をラジオでしてた時あったやろ。あれから、ずっと聞いてたんや。映画村のツアーガイドやってや。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”l fb”]17年、17年もずっと聞いてるの?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/cb6433a5f88b41a1583c657b6a1ac83e.jpg” name=”るい” type=”r fb”]ひなたも勉強したら。あんたがツアーガイドしたらええんよ。[/voice]

ひなたは、高額であった英会話のレッスンをはじめます。ひなたは、英語の勉強をマンツーマンで教わります。

外国人の客に、お化け屋敷を案内します。3ヶ月でペラペラという、ひなたのは儚く散ります。

92話(3月11日)「野球

甲子園を目指して、野球に打ち込む高校生活を送る桃太郎がついにレギュラーを獲得しました。桃太郎が練習に明け暮れた成果が出たのです。

桃太郎は、一番に小夜子(新川優愛)に話しました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2022/01/fd74e41a4d02357c8a8a67b4590931bd.jpg” name=”桃太郎” type=”l fb”]僕、野球でレギュラーになったんだ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/d99e5476ef2f3111738d6a600cd5d722.jpg” name=”小夜子” type=”r fb”]そうなんや。良かったねえ。[/voice]

桃太郎は、嬉しくて小夜子に真っ先に打ち明けました。そして、用があるという小夜子と一緒に家に帰りました。

桃太郎は、ずっと小夜子のことが好きだったので一緒に帰ることがうれしくてたまりませんでした。カムカムエブリバディ第20週のネタバレ,あらすじにつづく



ひなたの結婚

ここからは、レビューです。当初、犬猿の仲のように関係が良くなかった、ひなたと五十嵐。しかし、ノストラダムスの大予言にあたって一緒に死にたいという関係になっています。

また、ひなたは1992年(平成4年)で27歳になります。結婚適齢期になってきていますので、第19週に五十嵐と結婚しているのかなって予想していました。

 

ひなたは、27歳の段階でも映画村で働いていますので、そのまま働きながら食えない俳優の五十嵐をサポートしていくのではないかなと思っていました。

しかし、結婚すると思っていた関係の2人が、第19週に別れを迎えます。五十嵐がとった行動がきっかけで、2人に別れがきます。

 

第19週の一番のポイントは、ここになると思います。なぜ、責任を取ることになったのか。そして、2人はどんな結末を迎えるのか。

桃太郎の恋

カムカムエブリバディ第19週では、ひなたの弟・桃太郎(青木柚)が幼いころから想い続けていた小夜子(新川優愛)との恋が描かれます。

桃太郎は小学1年生の頃に、ひなたの同級生・小夜子に勉強を教えてもらったりして、高校生になって、生徒と先生になってもずっと想い続けていました。

 

小夜子は、先生になることを夢みていましたので、先生になって5年目ぐらいのところだと思います。桃太郎は高校球児で、甲子園を目指していました。

 

この辺りは、第一部の勇(村上虹郎)と同じです。勇は、残念ながら戦争に突入して甲子園に行くことはできなかったですが桃太郎は甲子園に行けるのかどうか。

そして、第19週の最後に桃太郎と小夜子は接近します。2人の関係はどうなっていくのか注目です。



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディネタバレ,あらすじ20週
ちむどんどんネタバレ,あらすじキャストまとめ
カムカムエブリバディ公式ブックはコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)