カムカムエブリバディ第83話あらすじ「オーディション当日」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第83話の動画,あらすじ,感想をまとめてお伝えしています。

朝ドラの動画は、YouTubeなどをご案内していましたが、違法アップロードなのですぐ消える。また、ウイルスが入ったと報告があったので、現在は安全安心なコチラを紹介しています。

カムカムエブリバディ83話見逃し配信はコチラ

カムカムエヴリバディ第83話あらすじ

カムカムエブリバディ第82話のあらすじで、五十嵐(本郷奏多)と虚無蔵(松重豊)のペアでの最終選考がスタートしました。

カムカムエブリバディ第83話のあらすじは、オーディションで五十嵐の順番からはじまります。カムカムエブリバディ第83話のタイトルは「オーディション当日」です。

 

「妖怪七変化!隠れ里の決闘」の敵役オーディション当日になります。この日まで、懸命に稽古を積んだ五十嵐(本郷奏多)。

そしてオーディション当日に、虚無蔵(松重豊)とペアで殺陣を行います。五十嵐と虚無蔵のオーディションの出番になります。

 

五十嵐は、緊張していました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/松重豊.jpg” name=”伴虚無蔵” type=”l fb”]暗闇でしか聞こえぬものがある。黍之丞見参。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/2a1467006c4ed19534ace8ea9780e1fd.jpg” name=”五十嵐” type=”r fb”]現れたな。[/voice]

その様子をひなた(川栄李奈)は、算太(濱田岳)と一緒に見ていました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/b50b7d4b576a2caa36fcbc8f94b9f5f0.jpg” name=”ひなた” type=”r fb”]五十嵐、あんなにうまかったかな。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/685e4db1d50d7516b56f47ca70af9d19.jpg” name=”算太” type=”l fb”]そ相手役がうまいからじゃ。相手は、伴虚無蔵じゃろ。時代劇は、一流の相手役がおってできることじゃ。[/voice]

五十嵐と虚無像がペアで、見事な殺陣を披露すると、審査員関に座っていた桃山剣之介(尾上菊之助)が突如立ち上がって、私がお相手いたしますと虚無蔵の相手を買ってでます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/685e4db1d50d7516b56f47ca70af9d19.jpg” name=”算太” type=”r fb”]長かったなあ。20年。[/voice]

そして、モモケンと虚無蔵が殺陣を行います。若いころに、算太が「妖怪七変化!隠れ里の決闘」を見ていると、後ろの席で泣いている人がいました。それが、2代目モモケンでした。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/685e4db1d50d7516b56f47ca70af9d19.jpg” name=”算太” type=”l fb”]あんた、団五郎じゃろ。モモケンのせがれの。[/voice]

2代目モモケンは、当てつけとしか思えん。無名の虚無蔵を選ぶなんてと算太(濱田岳)に打ち明けました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2021/10/685e4db1d50d7516b56f47ca70af9d19.jpg” name=”算太” type=”r fb”]親父は、許してへんようで許しておる。親父さんは、やってほしいんじゃねえか。敵役ではなくて、黍之丞をやって欲しいんじゃねえかい。[/voice]

モモケンは、虚無蔵を切ったあとに言います。私は、私の左近を見つけにきた。虚無蔵に頼っては、父を超えられないと打ち明けました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/松重豊.jpg” name=”伴虚無蔵” type=”l fb”]ありがとうございました。文四郎とも手合わせしてやってください。拙者は、これにて。[/voice]

そして、モモケンは伴虚無蔵に言います。父は、伴虚無蔵を団五郎よりもいい役者であることを認めていたと打ち明けます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/松重豊.jpg” name=”伴虚無蔵” type=”r fb”]なんで、もっとはよいうてくれなかったんですか。私、20年悩んでいました。[/voice]

そしてモモケンを見てた、ひなたが帰ろうとすると呼び止められます。カムカムエブリバディ第83話のネタバレ,あらすじはここまで。カムカムエブリバディ第84話のネタバレ,あらすじにつづく。



カムカムエヴリバディ第83話感想

カムカムエブリバディ第83話のあらすじでは、オーディションで虚無蔵と五十嵐が殺陣をするというところに、モモケンが虚無蔵と一緒に殺陣をしました。

2代目モモケンが父を超えられないので、虚無蔵が敵役ではダメだっていうのは理解できました。自分の色を出したいってなりますよね。

 

主役が変わって、敵役が一緒ではほぼ前のままってなってしまうので、すべてを変えたいって気持ちになると思います。

でも、今回の殺陣後の会話によって、虚無蔵は悩みを解消することができたと思います。ずっと悩んでいた20年。それが、報われたような気持になりました。

 

映画の後も虚無蔵は、ずっと大部屋俳優のまま。モモケンは、テレビスターとまったく異なる道を歩んでいました。

お互い交わることは、もう2度とないと思われたなかでの今回のオーディションです。ちょっと、感動してしまいました。

 

また、算太はどんなかかわりがあるのかなって思っていたのですが・・・映画館で2代目モモケンと会ったんですね。

算太が息子に黍之丞をやってもらいたかったって言葉をモモケンは、実践してる。そういう意味では、算太はすごく大きな役割を果たしています。

 

安子(上白石萌音)にとっては、お金を持ち逃げしたお兄ちゃんですが・・・振付師になって、うまくいってるみたいで良かったです。

2代目モモケンとの出会いで、算太の人生も変わったのかもしれません。今後、どんなつながりが出てくるのか。

 

るい(深津絵里)と算太がいつ会うのか楽しみですね。カムカムエブリバディ第83話の感想はここまで。カムカムエブリバディ第84話の感想につづく



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ84話ネタバレ,あらすじ
カムカムエブリバディ18週ネタバレ,あらすじ
カムカムエブリバディ公式ブックはコチラ
ちむどんどんネタバレ,あらすじキャストまとめ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)