わろてんか第75話の感想・あらすじ「バラバラな踊り」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の75話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第75話のタイトルは「バラバラな踊り」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの74話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)安来節の娘たちの面倒を家族のように見ることを約束して大阪に連れて帰ります。

 

その続きとなるわろてんか第75話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、75話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか75話のあらすじ

てんと藤吉が安来節の女子を連れて帰って数日経ちました。漫々亭で、4人の歓迎会を行います。4人は自己紹介を行います。みなは、暖かく迎え入れてくれます。

 

その中で、もっとも年長の都がリーダーになることが決定します。そして、4人の芸名をてんが「安来節乙女組」と名付けます。しかし、その中の一人が後で都のリーダーを反対するというのです。

 

一方、北村家では隼也がてんがいなくなることで寂しそうにしています。てんはというと、4人の世話のために料理の準備などを一緒にします。その後、乙女組の稽古を見てきた亀井(内場勝則)がまだ高座に出せない。

 

踊りがバラバラなのだという。気になった風太(濱田岳)は、稽古を見にいきます。すると、踊りがうまくいかず険悪な感じになっています。それを風太が止めます。

 

その後、まだ高座に上げれない状況に風太が監督をすることに決まります。そこに、てんに電話がかかってきます。なんと、隼也が喧嘩して相手に怪我をさせたというのです。

 

学校に行くと、てんは学校の先生に怒られてしまいます。隼也は、てんの言葉になにも答えることなくむくれてしまっています。てんが学校で怒られた時の話をしますが隼也はなにも言わず家に入ってしまいます。

 

その様子をてんは心配してみるしかありませんでした。わろてんか75話のあらすじはここまで。わろてんか76話のあらすじにつづく。




わろてんか75話の感想

わろてんか75話のあらすじでは、安来節の乙女たちの息があわずにバラバラな踊りしかできない状況であることに北村笑店の一同が焦りを感じていました。

 

特に、言い出しっぺの風太が誰よりも焦りを感じて自分が指導役を買ってでました。しかし、踊りがバラバラなのは各自が違う踊りをしていたことが原因ではないような気がしますね。

 

それよりももっと大事なのは、メンバーの一人がリーダーの都を認めないと言ったり反発しているものがいるということです。この子が雰囲気を壊している気がします。

 

もちろん、安来節乙女組だからといってみんなが仲良しこよしでするってわけではないのでしょうが、それでも最低限の礼儀みたいなものはもっていないとあかんよねって思いました。

 

これを風太がうまくまとめることができるのかっていうと、ちょっと疑問符がつきますね。どうしても、男なのでそこまで目が届かないというか。なんでバラバラになっているのかわからない。

 

そんな形になるんじゃないかなって思います。風太以外だと誰がいいというのもないんですけど。一方、隼也が学校で友達と喧嘩して怪我させてしまいましたね。

 

これについては、てんが忙しいあまり隼也のことをかまってやれないのが原因だなって一発でわかりますよね。この辺りは、藤吉もしっかりとサポートしてあんげんとアカンって思います。

 

でなければ、やっぱり子供だけが寂しいってなってしまいますからね。働きながら子育てするっていうのはどうしてもしんどいですね。わろてんか75話の感想はここまで。わろてんか76話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第76話の感想・あらすじ「トキの揺れる心」

わろてんか第74話の感想・あらすじ「親の反対」

わろてんか第14週ネタバレ・あらすじ「みんなの夢」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)