わろてんか第6話の感想・あらすじ「藤吉からの手紙」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の6話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第6話のタイトルは「藤吉からの手紙」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの5話のあらすじと感想で、藤岡てん(新井美羽)は藤吉(松坂桃李)が舞台で失敗していたところを見てしまいます。

 

その続きとなるわろてんか第6話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、6話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか6話のあらすじ

てんは、失敗した藤吉に会いに舞台袖にいくとそこに藤吉がいませんでした。そこに、キース(前田旺志郎)がやってきて藤吉のところに連れていってくれます。

 

藤吉が落ち込んでいるところにてんがやってきます。藤吉はてんが見てなかったと思い、大笑いしているところをてんにも見せたかったという。しかし、キースは全部見られてたと説明します。

 

そして、藤吉は今日は帰ってくれと言って泣いていました。てんは、家に帰ってチョコレートを手にとり再び藤吉のもとを訪れます。てんは、屋根の上でチョコレートを藤吉にあげます。

 

風太(鈴木福)はてんを探していますが、家の上に上がっているので見られません。藤吉は、初めての舞台やけど・・・日本一の芸人というのはウソやない。ずっと先やけどといいます。

 

そして、藤吉はてんに笑いの色を聞きます。てんが茶色というとさすがやといって当たっているという。てんは新一(千葉雄大)に教えてもらったことを正直に伝えます。てんの家族が仲いいことをうらやむ藤吉。

 

家が冷えているからこそ、日本中を笑いで包みたいといいます。藤吉は、口の周りにチョコレートをつけています。それを見て、てんは大笑いします。

 

藤吉は天下の大泥棒、石川チョコ衛門だと言っててんを何度も笑わします。そして、その笑顔を見た藤吉はてんにこれからも「わろてんか」といい、手紙を書いて旅先の様子をおくると約束します。

 

そして、チョコのお礼に藤吉は鈴をてんにプレゼントします。藤吉は、旅芸人として旅にでました。てんのもとには、藤吉からの手紙が送られてきます。それを風太が届けてくれます。

 

儀兵衛(遠藤憲一)には見つからないようにしいやと言われ、手紙を読むてん。それがてんの何よりの楽しみでした。その手紙はてんが年頃になっても続いていました。わろてんか6話のあらすじはここまで。わろてんか7話のあらすじにつづく。





わろてんか6話の感想

わろてんか6話のあらすじは、てんが藤吉を励ますという回でしたね。そして、恋文?を二人で始めた回になりましたね。なんか、年の差がかなりあるので恋愛って感じではないけど。

 

でも、てんが年頃まで大きくなったら恋心が芽生えてくるようになるんやろか?なんか不思議な気持ちになりましたね。てんは、藤吉が日本一の芸人やって嘘をつかれていたことはなんとも思ってなかったですね。

 

私が同じ立場なら、あれ嘘やったん?って聞いてしまいそうになると思うけど・・・てんは、そういった話は一切聞かなかった。それがすごいなあって思いました。

 

てんは、本当にお嬢さんだからそうだったのかなって思いました。また、藤吉がなんで旅芸人をしているのかって理由も今回明らかになりましたね。なんちゅうか、家族の仲が冷え切っているから。

 

だから、日本中を笑わしてやりたいって本当に壮大な夢やなあって思いました。でも、そういった夢や志をもった人が世の中を変えるんやろうなあとも感じました。

 

風太にとっては、なんとも複雑ですけど・・・ちゃんとてんに手紙を渡すってところが人がええこなんやろなって思いました。こっそり捨てていたとしてもわからないですからね。

 

自分がてんのことを好きだったら、こっそり捨ててもおかしないんですけどね。そこが、風太の優しいところなのかもしれませんね。儀兵衛にもわからないようにこっそりと渡していましたし。

 

てんと藤吉が屋根に上がっていたので、それに気づかず「てん」と探している姿はちょっと面白かったですけどね。きっと、風太はすごくいい人どまりで、てんと付き合うとかってのはできないんでしょうね。

 

なんか、風太の気持ちを考えるとちょっと切ないなあって思ったりもしました。わろてんか6話の感想はここまで。わろてんか7話の感想へつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第7話の感想・あらすじ「忘れよし」

わろてんか第2週ネタバレ・あらすじ「父の笑い」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)