わろてんか第58話の感想・あらすじ「偽団吾」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の58話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第58話のタイトルは「偽団吾」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの57話のあらすじ感想で、漫々亭に団吾(波岡一喜)がいると聞きつけた藤吉(松坂桃李)が向かった先には、似てもにつかぬ人物がいました。それは、なんとお夕(中村ゆり)の夫だったのです。

 

その続きとなるわろてんか第58話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、58話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか58話のあらすじ

てん(葵わかな)がここはお金を支払うといい話を収めて漫々亭を出るお夕たち。風鳥亭に戻って、てんや藤吉(松坂桃李)と話をするお夕と夫の団真(北村有起哉)。

 

団真は、噺家で実力はあるのだとお夕が話します。てんは、とりあえずは長屋に二人を泊めてあげるようにします。お夕は、やる気のない団真を励まして後押しします。

 

しかし、藤吉は団真のことを面倒みてやる義理がない。そういって冷たくてんにあたります。てんは、一度芸を見てあげてからでもいいといいますが藤吉はそれも聞きません。

 

てんは、最近の藤吉は冷たいといい・・・第三回の団体交渉の場にてんが芸人側に座っています。てんは、3つの要求をします。朝の食事は家族で食べること。

 

一日一回わらうこと。お互い言いたいことをためないことの3つを提案します。しかし、藤吉は芸人たちの話合いは必要ないと突っぱねます。芸人たちは、今後ストライキを決行するというのでした。

 

藤吉は、てんが一緒に調子に乗るからだという言葉を言ったことで、関係はますます悪くなります。その晩、伊能(高橋一生)がてんの家にやってきます。

 

藤吉は、家に入ることができず外にいるのを発見した伊能は、二人で飲みにいきます。そこに、リリコ(広瀬アリス)がやってきて3人で話をすることになるのです。

 

伊能は、活動写真にリリコがでることに魅力を感じ、リリコも興味を持ちます。翌日、団真のネタを見るために藤吉を起こします。そして、ネタが始まるとなんと団吾が逃げてやってきます。

 

そして、団真は団吾の顔を見て逃げ出してしまいます。団吾は、これはなんの余興か。そういってけなします。わろてんか58話のあらすじはここまで。わろてんか59話のあらすじにつづく。




わろてんか58話の感想

わろてんか58話のあらすじは、偽団吾がお夕の夫であることがわかります。しかも、噺家だといいます。お夕がいくら腕は確かだと言っても、藤吉は口だけやと冷たい状況でしたね。

 

しかし、てんも話ていましたが藤吉は席主になってから本当に人が変わってしまいましたよね。芸人たちの話もまともに聞かないし・・・確かに立場は上なんやけど、それではあかんよね。

 

芸人たちがいいへんと、席主とかっていばっていても何もできないですからね。結局寺ギン(兵藤大樹)のところで、借りてくるしか方法がなくなってしまいます。

 

藤吉は、その辺りのことをどないに思っているんかな?なんか、見ていると風鳥亭はてんが切り盛りしているからもっているような寄席になってしまっています。

 

藤吉がするべきことは、なんなんやろ?それがなんか見えてこないですよね。団吾師匠を追いかけて、それで一緒に遊んでいるようにしか見えないですもん。

 

てんからしてもその気持ちは同じですね。だから、団体交渉で芸人側についたんですよね。それが、芸人にとっては少しだけ心の救いなんかなって思います。

 

両方が敵やないってところがあるから、ストライキもできるんかなって感じました。どこかでまだ、信頼関係が残っている。そんな関係なんやないかなtって思いますね。

 

ただ、お夕の旦那はいったいどうなってしまうんやろか?団吾とどんな関係なのか?気になりますね。わろてんか58話の感想はここまで。わろてんか59話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第59話の感想・あらすじ「一番弟子」

わろてんか第57話の感想・あらすじ「妻からの要求」

わろてんか第11週ネタバレ・あらすじ「われても末に逢わんとぞ」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)