わろてんか第57話の感想・あらすじ「妻からの要求」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の57話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第57話のタイトルは「妻からの要求」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの56話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)は落語会の風雲児の月の井団吾(波岡一喜)と契約してもらえないかと行動し、ストライキを起こす芸人たちを無視します。

 

その続きとなるわろてんか第57話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、57話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか57話のあらすじ

てん(葵わかな)は倒れたお夕(中村ゆり)にご飯を食べさせてあげました。お夕は、事情があって大阪に逃げてきたのだという。もう少しいたらいいと、てんがいうとお夕はてんに甘えます。

 

藤吉もゆっくりしていったらええといいますが、団吾(波岡一喜)がいたことを聞きすぐさま出ていきます。お夕は、寄席の手伝いをしその能力にてんもトキ(徳永えり)も感心します。

 

そこに、亀井(内場勝則)がやってきて出囃子の三味線をする人が病気で休むというのです。そこに、お夕がもしよかったらと三味線を引いてみせます。

 

お夕は、父が噺家で母に三味線を教わったというのです。てんは、出囃子のこともあるのでもう少し手伝ってもらったらとお夕にお願いします。長屋に部屋も空いているのでというと、お夕も喜びます。

 

一方、藤吉は団吾のところに通っていて毎日のように朝まで飲んで騒いで帰ります。翌朝、そのことにムッとしているてん。そこに、芸人たちが要望書をもってやってきました。

 

キース(大野拓朗)は、自分たちにも契約金を支払いこれまでの働きに報いること。そして、今後の出番を増やすことを要求します。しかし、藤吉は新ネタもない。

 

芸を磨く努力もしていない芸人の出番を増やす気はないというのです。あまりに厳しい言葉に、てんは怒りこの人らの要望を聞き入れないのなら、妻と息子の待遇改善を要求するという。

 

そこに、トキがやってきて月の井団吾が漫々亭に来ているという。しかし、藤吉が言った先には偽物の団吾がいたのです。

 

なんとその偽物の団吾は、お夕の夫だったのです。わろてんか57話のあらすじはここまで。わろてんか58話のあらすじにつづく。




わろてんか57話の感想

わろてんか57話のあらすじは、お夕がやってきて、お夕の夫も漫々亭に偽ものの団吾としてご飯を食べていたという回でしたね。そして、相変わらず芸人と藤吉の対立が続いています。

 

なんだろ?藤吉は、これまでのキースたちが協力してきてくれたことを忘れたのかな?大変な時に世話になっている人間にさすがに仕打ちがひどすぎるって思います。

 

もちろん、藤吉のいうように新しいことや芸を磨くことをしてないというのは問題があるかもしれませんが、断り方ってのがあるのかなって思います。

 

席主になって藤吉の立場が変わるのはわかりますが、これまでの感謝の気持ちまで忘れたらあかんって思いますね。そのあたりは、てんが持っているからバランスがとれているのかな?

 

そんなことも思いました。てんも藤吉と同じように、新しいことをやっていないならってなってないところが風鳥亭のいいところなのかもしれませんn。

 

芸人にとっても、適度なガス抜きになると思うんです。これが、御寮さんまで話をまったく聞かない人であれば芸人の気持ちはもっと離れていくと思いますね。

 

その点で、てんと息子からの要求をすますって言ったのはよかったです。芸人の手前ってのもあるし、自分たちのことをわかってくれていないって気持ちもいいたいのだと思います。

 

隼也の面倒をみてくれたり、家族のように暮らしてきたっててんの気持ちが素直な心なのだと思うんです。なので、今後、てんと藤吉の気持ちが再び離れないか。

 

喧嘩が再発しないかとても心配なところもあります。今後の展開が楽しみですね。わろてんか57話の感想はここまで。わろてんか58話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第58話の感想・あらすじ「偽団吾」

わろてんか第56話の感想・あらすじ「ストライキ」

わろてんか第10週ネタバレ・あらすじ「笑いの神様」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)