わろてんか第51話の感想・あらすじ「堪忍袋」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の51話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第51話のタイトルは「堪忍袋」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの50話のあらすじ感想で、てん(葵わかな)のためをおもい風太(濱田岳)が藤吉(松坂桃李)と喧嘩をしました。

 

その続きとなるわろてんか第51話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、51話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか51話のあらすじ

リリコ(広瀬アリス)がなぜか風鳥亭にやってきて、寄席を見ていました。リリコは、なんと娘義太夫を辞めてかえってきたのだといいます。

 

人気が出てから大阪なまりを原因にいじめられたり、師匠にも不義理してしまったからもう娘義太夫は名乗れないのだという。なので、しばらくはここらで暮らすといいます。

 

リリコは、隼也を見て抱っこします。リリコは昔から子供が大好きだったのです。てんが呼ばれて、隼也を藤吉に任せていたら・・・藤吉が目を離してしまいます。

 

すると、隼也がその間にいなくなってしまいます。隼也はリリコが抱っこしていたのです。廊下で泣いていて可哀想だったので、リリコは抱っこして外で遊んでくれていたのです。

 

てんは、リリコにお礼をいいつつ愚痴を漏らしてしまいます。すると、リリコは東京で聞いた落語「堪忍袋」の話をしてくれます。てんは、堪忍袋に藤吉に対する愚痴をぶちまけます。

 

そこに風太(濱田岳)がやってきて、金時さんの人形をもってきてくれたのです。風太は外で、リリコに引き止められて話をします。わけありのようやなと二人の境遇を話します。

 

風太は、気に入ってくれた人がいてそこにやっかいになるといいます。すると、風太がやっかいになる先とは寺ギン(兵藤大樹)のところだったのです。

 

翌日、藤吉はリリコに隼也の面倒をみてもらうことを決めます。てんは、何の相談も決めた藤吉に対して怒って堪忍袋に叫びます。わろてんか51話のあらすじはここまで。わろてんか52話のあらすじにつづく。

 




 

わろてんか51話の感想

わろてんか51話のあらすじは、てんの藤吉に対する不満がどんどんたまってきているという回でした。リリコの登場で、またなにか一波乱ありそうな予感もしますね。

 

それにしても、藤吉はどんだけあかん夫なんやろか。ちょっと見といてって言ったら、すぐに目を離すし・・・隼也がいなくなったことすら気付いてなかったですよね。

 

いくら仕事に気を入れているっていうても、ちょっと見ておくぐらいはせなあかんと思うわ。キース(大野拓朗)らの話を聞くにしても、隼也を連れていくとかせんとあかんやろ。

 

たまたまリリコが見てくれてたからよかったけど、あれ一人にしてて怪我でもしたら大事になりますよね。なので、てんの気持ちをもうちょっとだけでええからくみ取ってあげてほしいな。

 

そんなことを思いました。しかし、売れっ子の芸人だったのに大阪に戻ってきたリリコはなんでなんやろ?ただ挫折して戻ってきただけって感じじゃないですよね。

 

このあたりが今後の展開に影響してきそうですね。あと、もう一つ驚いたのが寺ギンのところに風太が世話になっているということです。ここも、藤吉が関係してきますからなんか衝突がありそうな。

 

そんな予感を感じますね。そもそも、風太はてんの実家の商いをもうやめてきたんかな?なんか、さすがに長くいすぎのような気がします。なぜ、風太が大阪にやってきたのか。

 

その理由も気になりますね。案外、てんが心配やからとかって理由のような気もしますね。わろてんか51話の感想はここまで。わろてんか52話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第52話の感想・あらすじ「夫婦喧嘩」

わろてんか第9週ネタバレ・あらすじ「女のかんにん袋」

わろてんか第50話の感想・あらすじ「風太の怒り」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)