わろてんか第49話の感想・あらすじ「藤吉の焦り」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の49話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第49話のタイトルは「藤吉の焦り」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの48話のあらすじ感想で、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が結婚し、北村笑店を立ち上げます。そして、啄子(鈴木京香)はアメリカに行きます。

 

その続きとなるわろてんか第49話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、49話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか49話のあらすじ

長男の隼也を授かり1年がたちました。新しい従業員も増えていますが、てんは育児に仕事に忙しい毎日を過ごしています。てんのもとには、御寮さんとみなが声をかけます。

 

隼也のこもりを買ってでる、万丈目(藤井隆)や亀井(内場勝則)。藤吉は、稼げる芸人を呼ぶ方法がなかなかないと焦っています。寺ギン(兵藤大樹)を頼らんようにできないか。

 

支払いも5対5になんとかせんと、そんなこと言いながら慌てます。その晩、伊能(高橋一生)を藤吉が呼んで知恵を借りようとします。伊能は、藤吉にもう一軒寄席を増やすようにアドバイスします。

 

藤吉は、寄席が増えたら寺ギンとの交渉もしやすくなるのでと、てんが不安に思っていても押切ります。藤吉は、酔いつぶれて伊能とてんが少し話をして帰ります。

 

翌日から藤吉は、寄席を探しに出かけます。てんは、忘れないように隼也の節句の兜を念押ししておきます。てんは、仕事の合間で子供の目を離すと計算していた書類が真っ黒になってます。

 

しかも、隼也がいなくなっていました。そこに、風太(濱田岳)がやってきて隼也を抱いていまいた。わろてんか49話のあらすじはここまで。わろてんか50話のあらすじにつづく。

 




 

わろてんか49話の感想

わろてんか49話のあらすじは、てんと藤吉に子供ができたこともあり藤吉が焦っているという様子がえがかれた回でしたね。なんか、すっごく嫌な予感がしますけど大丈夫かな。

 

藤吉が焦ってなにか行動をして、よかった試しがこれまでに一度もないのですごく心配です。藤吉が家族のことを想ってなんとか行動をはじめるという気持ちはすごくわかるんですけどね。

 

現状でも人手が足りない状況なのに、いったいどにいする気なんやろか?寄席を一軒増やすということは、新しくほかに芸人が必要になってくるということです。

 

そのことをちゃんと考えておるんかなって不安になりました。伊能も今回のアイデアは、ちょっと社内のことを知らない発想なんちゃうかなって思います。しっかりと、力を蓄えるトキだと思うんですけどね。

 

なんか、このあたりに火種を抱えそうな予感がしますね。あと、子供の節句。藤吉は、こうと決めると他のことを忘れてまっすぐに進むのがいいところでも悪いところでもある。

 

てんがよくわかっているだけに、うまく導いてあげることができればいいのですけどね。あと、一つよかったなあって思ったのは万丈目やな。ずっと、これまで不遇の時代でした。

 

それが、京都の寄席に呼ばれるようになったっていうのはすごくよかったなあって思いまいた。後ろ面は、風鳥亭では最初のころひどい目にあっていましたからね。

 

今後、もっともっと活躍してほしいなって思います。万丈目さんは個人的にすごく好感が持てます。わろてんか49話の感想はここまで。わろてんか50話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第50話の感想・あらすじ「風太の怒り」

わろてんか第9週ネタバレ・あらすじ「女のかんにん袋」

わろてんか第48話の感想・あらすじ「てんが御寮さん?」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)