わろてんか第40話の感想・あらすじ「生きた証」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の40話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第40話のタイトルは「生きた証」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの39話のあらすじ感想で、伊能(高橋一生)がてん(葵わかな)の家にやってきて、藤吉(松坂桃李)と一緒に夢を語り合います。そして、伊能は喜楽亭文鳥(笹野高史)に会ってみないかとてんに伝言を残します。

 

その続きとなるわろてんか第40話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、40話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 




 

わろてんか40話のあらすじ

翌朝、藤吉が起こして文鳥に会ってみないかと伊能に言われたことをてんが伝えます。そのことを驚く藤吉。自分には雲の上の人なので無理だといいますが、てんが風鳥亭のためだと会うようにすすめます。

 

伊能にてんと藤吉でお礼を言って、文鳥師匠のところに一緒に行きます。伊能は、文鳥に藤吉を紹介し文鳥の門下の人たちに寄席に出してほしいと伊能と藤吉で頭を下げます。

 

しかし、文鳥は寄席にはそれぞれ色がある。藤吉の寄席はどんな色なのかと文鳥に問われます。藤吉は、それに対して答えることができません。その色をつくってから来るのが筋だと断られてしまいます。

 

伊能は藤吉に力になれなくてすまなかったと頭を下げます。しかし、藤吉は逆に勉強になったのでと伊能にお礼をいいます。伊能は、藤吉にたった一つでいいから「生きた証」が欲しい。

 

そういって、二人は仲良くなります。藤吉は、落語家を日本中まわって探すのでもう少しだけ待ってほしいと長屋の芸人たちに頭を下げます。しかし、客は集まらずアサリ(前野朋哉)が神戸の寄席に行ってしまいます。

 

そのため、万丈目(藤井隆)が何度も高座に出演します。客からまた、後ろ面かとののしられます。それでも、万丈目は新しい芸を見せると前面をみせると即興でむちゃくちゃします。

 

しかし、客には全然うけていません。てんは、夜なべして内職をしています。しかし、昼は寄席で夜は縫物と忙しくしているため寝てしまいます。

 

内職の締め切りの日だったのですが、啄子(鈴木京香)がやってくれていました。そして、啄子はてんに内職はやめるように言われます。

 

てんの仕事は、藤吉の手綱をしめて寄席を繁盛させることだとアドバイスされたのです。わろてんか40話のあらすじはここまで。わろてんか41話のあらすじにつづく。

 



 

わろてんか40話の感想

わろてんか40話のあらすじは、伊能に文鳥を紹介してもらいましたがうまくいかなかった回になりますね。しかし、文鳥のいうとおりどんな特徴がある寄席なのか。

 

それがわからなければ、門下生を出すわけにはいかないという気持ちがすごくわかります。文鳥のところは、伝統派と言われてそれなりの色がある。それに会ってない寄席に出すわけにはいかない。

 

トップとしては、下の者にでてもらうとなると当然の話ですよね。ましてや、伊能製薬のボンボン頼ってくるのは違う。その言葉がすごく重かったですね。

 

もっともだなっておもいました。てんや藤吉もどんな寄席にしたいのか。自分の寄席はこんなところなんだって言えるようなものがないと厳しいですよね。

 

そうでないと、いくら頭を下げて出てくださいって言っても結局断られてしまいます。一生懸命落語家にあたるのも大事ですが、根本的なところ。核となる部分をださなあかん。

 

そんなことを感じました。あと、万丈目がかわいそうだなって思いました。前回もそうでしたが、連投連投で本当に大変です。また、後ろ面っていわれてしまっていましたね。

 

客からしたらそうですよね。おもろいものを寄席にみにきているのに、つなぎでやるような後ろ面ばっかり見せられてもって・・・どうしてもなってしまいます。

 

アサリがいなくなったことで、キースや万丈目らの出番が増えるみたいなことでしのぐのでしょうが、いったん寄席をしめてでも自分の寄席の特徴や売りを考えていかなあかん。

 

そんなことを感じました。万丈目がかわいそうなので、なんか報われればいいのですが・・・わろてんか40話の感想はここまでです。わろてんか41話の感想につづきます。

 




 

あなたにおススメのページ

わろてんか第41話の感想・あらすじ「文鳥師匠の決意」

わろてんか第8週ネタバレ・あらすじ「笑売の道」

わろてんか第39話の感想・あらすじ「伊能VS藤吉」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)