べっぴんさん第26週ネタバレ,あらすじ「花を咲かせる人生を」

このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の26週「花を咲かせる人生を」のネタバレ・あらすじについて書いてんねんな。

 

べっぴんさん第25週のネタバレ・あらすじで、紀夫(永山絢斗)、すみれ(芳根京子)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)、明美(谷村美月)らの中心メンバーがキアリスを引退してんね。

 

すみれたちの夢である赤ちゃんと母親のワンダーランドは健太郎(古川雄輝)たちに受け継がれてんね。その続きとなる「べっぴんさん」26週ネタバレあらすじは、下記にのせています。

 

べっぴんさん第26週全体のネタバレあらすじを開始します。ネタバレをみたくあれへん人は、みないようにご注意くださいね。べっぴんさん26週ネタバレの始まりです。最終週のタイトルは「花を咲かせる人生を」になんねな。べっぴんさんの最後26週のネタバレをお楽しみくださいね。




 

べっぴんさん26週 ネタバレ・あらすじ

時は経過し紀夫は65歳になり、すみれも59歳になりました。紀夫は、カメラを片手に余暇を楽しんでおり、すみれもまた月1回のお直し部への出勤をしながらのんびりと暮らしていてんな。

 

さくら(井頭愛海)と健太郎が坂東家を離れて暮らすようになったので、静かな毎日がおくられています。しかし、春休みになると藍が坂東家にお泊りにやってきてんね。そのため、すみれは弁当つくり、紀夫は一緒に写真をとったりと忙しく過ごしてんねん。

 

その日は、レリピイで君枝夫妻と待ち合わせしてんね。藍を囲んでみなが嬉しそうにしてんねな。そこには、明美と栄輔(松下優也)も偶然にいててん。二人は籍こそ入れてへんけどまるで夫婦のような生活をしてんやんな。

 

せやけど、この日急に栄輔が胃の調子がおかしく病院で検査することになったと明美に伝えてんな。そのことを聞いて動揺する明美。それを見たすみれたちは、明美を大丈夫と励ましてんね。

 

翌朝、すみれは藍を塾におくりだした後に月に1回のお直し部に出社してんな。その通勤途中に高台から神戸の街を見下ろしてんな。すると、なぜか藍が芝生の上で倒れていました。

 

心配したすみれは、あわてて藍のところに行き声をかけてんな。藍は神戸の街を見ているといつの間にか寝てしまったというねん。そのため、すみれは藍を起こし塾に行くように言ってお直し部にいってん。

 

仕事に出たすみれは、明美に栄輔がどうだったかまず聞いてんね。せやけど、検査の結果がでるまでなんともわからないという返答やってんな。君枝もすみれも大丈夫だと明美を励ましてんねな。

 

夕方になり、すみれに武(中島広稀)からレリピイで待ち合わせをしてんな。みながそろう中、武はすみれに封書が届いていると言って渡してんな。そこには英語の文字がたくさん並んでいます。

 

その場で、明美に通訳してもらうとすみれがベビーショップあさやでの初めてのお客さんのエイミーの娘からのものやってん。エイミーは昨年亡くなったがその愛情がこのドレスに込められていることが自分も母になりわかったという内容やってんね。

 

そして、ジャスミンの娘が来ているベビードレスを着た写真も同封してくれててんな。すみれは、その写真を見て涙がどうしても止まらなくなってしまってんね。自分が初めてした仕事がこんな形で受け継がれている。

 

母・はな(菅野美穂)にもらったウエディングドレスが形を変えてこのようになっているというのがたまらなくうれしかってんね。その晩、紀夫にその話をし写真を見せてんな。紀夫はドレスを見てべっぴんやなと一言すみれをねぎらってんな。

 



 

写真に興味を持ち始める藍

その写真を藍もみてんな。そして、写真のすごさを改めて感じてんな。幸せの瞬間をずっと残しておける写真は一生もの。、たくさんの思い出を一瞬にして思い出すことができると紀夫は写真のすばらしさを藍に説明してんね。

 

藍は、その話をきいて棚に飾ってあってすみれと紀夫の結婚写真、はなと五十八(生瀬勝久)、そしてトク子(中村玉緒)の写真に気が付きそれが自分につながってきていることを感じてんね。

 

紀夫は、その藍のようすをみて自分が会社を辞めたときの記念に買ったカメラをプレゼントしてんね。大事に使ってなと手渡しして使い方を教えてあげてん。その晩、もっとたくさんの写真をとりたいと話す藍。

 

そのことを喜ぶ紀夫やってんな。せやけど、翌朝、紀夫が藍を起こしにいったときに血相を変えて怒っています。カメラがなんと分解されてバラバラになってしまっていたのです。藍はごめんなさいと謝ってんけど、紀夫の怒りはおさまらず。

 

見かねたすみれは、もう遅刻するからかえってきたら一緒に話をしましょうと送りだしてんな。藍がでかけてから少しして、さくらから電話がかかってきてんな。なんと、塾にはもう3日間も行っていないと連絡があったというのです。

 

そのことを聞いて、紀夫とすみれ、さくらと健太郎、昭一(平岡祐太)と君枝がレリピイで話をしてんな。健太郎は、3日間行っていないということは行きたくないという自分の意思だと話してんな。

 

そして、昭一は休んでいる間ずっと塾が終わる時間に家に戻ってきているので、今日も普通にもどってくるのではないか。そんなことを考えみなが坂東家で待つことになってん。

 

実は、さくらは藍の子育てに悩んでいてんな。感情をあまりださないし何を聞いても答えないと藍が何を考えているのかつかめずにいてんね。そして、藍は坂東家の玄関に入っていてんけど叱られると察知して逃げ出してしまいます。

 

藍はそのまま、夜になってもかえってきいへんかってんね。そのため、警察に捜索願をだして探してもらってん。すみれは、棚にあるはなと五十八に藍の無事を祈っててんな。すると、はなと五十八がすみれのことを話をします。

 

そして、藍のことをすみれが話すと大丈夫だと言われてんな。その時にすみれは目が覚めます。すみれは夢をみていてんな。その時に、さくらが藍を連れて家に入ってきてんな。さくらはなんで塾にいかないのか問い詰めます。

 

しかし、夜遅かったのですみれが明日にしたらどうかといってその場はそこでおさまってんな。翌朝、すみれと紀夫、さくらでごはんを食べていると藍が起きてきてんな。

 

しかし、藍はなにも話ません。ごはんもすすまへんねん。そこで、すみれが昔自分が父親の靴を分解したことがあるという話をしてんね。靴がどのように縫われているのか知りたかったから分解したの。

 

だから、カメラをなんで分解したのか紀夫に話してほしい。そうやってすみれは藍が話せるようにしてあげてんな。すると、藍はカメラはみんなの素敵な笑顔を写してくれるので中になんか入っているのやないかと思って分解してしまいました。

 

ごめんなさいとしっかり紀夫に謝ってんやんね。塾についても、周りのみんなが行っているから行きたい言ったけど、ただ流されるだけでなんのためにここにおるんやろって思うようになってごめんなさい。そう謝ってんな。

 

さくらは、藍に自分の好きなことをしてほしいと思っているからそういう気持ちがあるなら言ってほしい。好きなことを一生懸命頑張ればいいの。そんな人生を歩んでほしいとはなしてんね。

 




 

栄輔と明美が結婚

それからしばらくして、栄輔の病気の検査結果がわかる日がやってきてんな。みなでレリピイで、明美と栄輔がやってくるのを待っててんな。結果は良性のポリープだったので、薬でなんとかなると栄輔が話してん。

 

明美は安堵の表情をしててんな。そして、栄輔は今回は覚悟を決めたと話し明美にプロポーズをしてんな。明美と一緒の墓に入りたい。そんな言葉をみんなの前で言った栄輔。

 

明美ももろてくださいと照れ臭そうに言ってんな。そして、栄輔は明美の手に指輪を入れてんな。明美は栄輔にお礼を言い、幸せですと満面の笑みをうかべてんやんな。その光景を藍と紀夫が写真に収めてんやんな。

 

良子は、今度は私たち4人の写真をとってほしいとい藍にお願いしてんな。そして、明美、すみれ、良子、君枝の4人が並んだ写真を藍が撮影してんねな。数日後、その写真をすみれが良子たちに配ってんね。

 

すると、良子たちが藍になにかお礼をしたいと話してん。明美が持っているような写真ケースをプレゼントしたいと話しになってんね。そこには、四つ葉のクローバーとカメラを刺しゅうしてんな。

 

そして、藍にすみれが説明してんな。4つの葉には「勇気」、「信頼」、「希望」、「愛情」の意味が込められているのと自分が母に教えてもらったことを藍に伝えてんね。

 

それからしばらくして、藍は自分だけでなくクラスの女子にうらやましがられたのでみんなの分もつくってほしいとお願いしてんな。すると、4人は藍の友達だけでなく4人の分をつくろうという話しになってんな。

 

明美はハート、君枝は色鉛筆、良子はエプロン、すみれにはすみれの花が刺しゅうされててんな。翌日、すみれと紀夫はさくらと健太郎、藍と一緒にピクニックにでかけてんな。

 

さくらは、すみれに刺しゅうの縫い方を教えてもらっています。藍は一生懸命四つ葉のクローバーを写真に収めています。そこにオートバイにのって潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)がやってきてんね。

 

みんなで弁当を食べるもとに、藍が四つ葉のクローバーを見つけたとすみれに渡してんな。すみれは、藍から受け取った四つ葉のクローバーを空に掲げ、勇気、愛情、信頼、希望・・・そうつぶやいてん。完




 

あなたにおススメのページ

べっぴんさんの最終回はコチラ!

べっぴんさん第25週ネタバレ・あらすじ「想いのバトン」

べっぴんさんの原作はコチラ(楽天)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)