べっぴんさん第25週ネタバレ,あらすじ「想いのバトン」

このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の25週「想いのバトン」のネタバレ・あらすじについて書いてんねんな。

 

べっぴんさん第24週のネタバレ・あらすじで、潔(高良健吾)の紹介で銀座の一等地を格安で貸してくれるところを探してくれてんな。そこにキアリスワンダーランドを作りたいという想いをすみれ(芳根京子)たちは描いていきます。

 

すみれは、自分の夢に向かって動き出していたのです。その続きとなる「べっぴんさん」25週ネタバレあらすじは、下記にのせています。

 

べっぴんさん第25週全体のネタバレあらすじを開始します。ネタバレをみたくあれへん人は、みないようにご注意くださいね。べっぴんさん25週ネタバレの始まりです。タイトルは「想いのバトン」になんねな。下記からべっぴんさんの25週のネタバレをお楽しみくださいね。



 

べっぴんさん25週 ネタバレ・あらすじ

すみれ、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)、明美(谷村美月)の4人は潔に紹介された銀座の一等地の場所を見にいってんな。その建物がすみれたちが望んでいたようないい物件やってんな。

 

しかも、エレベーターが2か所あるので赤ちゃんを連れたお母さんたちも移動しやすいようになっててんな。そのことですっかり4人の気持ちは盛り上がっていってんね。神戸に戻って君枝がさっそく部屋割りやデザインを考えててんね。

 

1階と2階は売り場スペースとして、3階は子供が遊ぶこともできるスペースを作る。そして、育児の相談を受つける相談員も常駐してんな。描いたものを4人で見つめて期待を膨らませてんな。そして、社長室のドアにそのデザインをはってん。

 

すみれたち4人はこれまで同様に資金をまったく考えてなかったので、紀夫(永山絢斗)が君枝の夫で金融機関に勤める昭一(平岡祐太)に相談してんな。なんとか融資だしてくれないか聞いてみて欲しいとお願いしてん。

 

しかし、結果としては貸付は厳しいということになってんな。すみれたち4人は、夢が散ってしまい抜け殻のようになってしまってんな。その翌日のことです。KADOSHOの西城から電話があり、古門(西岡徳馬)が一度挨拶に行きたいとのことやってんね。

 

そして、挨拶にきた古門はどこからかキアリスが銀座の一等地にワンダーランドを作りたいが資金繰りがうまくいっていないという話をききつけ出資したいと話してきたんやんな。健太郎(古川雄輝)は条件について確認してんけど、古門はただ協力したいとだけ言うねんな。

 

すみれたちは、どこか怪しいと感じたのでその話をもちかえり昼休みにレリピイで話し合ってんね。エイスの倒産理由がKADOSHOだということが報道されていることから、すみれたちは古門のことは信じられないと思っててん。

 

なにかほかにいい方法はないものかと考えているところに潔と紀夫がやってきてんね。潔は、銀座の物件が他にも借りたい人がでてきたと伝えるねん。すると、すみれはKADOSHOに資金援助を受けてでも借りるといいだしてんな。

 

キアリスらしさを主張する健太郎

翌日、役員会で明美がKADOSHOに資金援助をしてもらうことに同意してほしいと紀夫に頼むねんな。紀夫は言葉に詰まっているときに、健太郎が同意なんてできるわけがないといってんね。

 

健太郎は、ここまで自分たちの力でやってきたのに古門の力を頼るなんてキアリスらしくない。しっかりと地に足をつけてやっていくのがキアリスやないんですかと訴えかけてんな。その健太郎の言葉にすみれがハッと我にもどってん。

 

健太郎は、自分たちがその夢を必ずかなえるので見守っていてほしいと話してんな。そうして、古門には断ることをすみれたちは決めてんな。一方、栄輔(松下優也)はオライオンの男の着こなし講座依頼取材や執筆と言った仕事が多数入っててん。

 

そんな状況をみた上で、潔が栄輔にオライオンで一緒に働かないかと伝えてん。せやけど、栄輔はエイスでいろんな人に迷惑をかけたのでなんとか今のような仕事を一人でやっていきたいとそれを断ってんな。

 

潔は、その栄輔の気持ちを尊重したうえで一人でやるなら何かしらの肩書を考えた方がいいといい、「ファッション評論家」を名乗ってはどうかと提案してんな。そのことで、栄輔は今後ファッション評論家として活躍していくことになんねな。

 

キアリスは、KADOSHOの資金援助の話を断りに紀夫、すみれ、健太郎の3人で古門のもとを訪れてんな。健太郎が古門に断ると、本当にそれでいいのかと古門はすみれに決断を聞きなおします。

 

それでも、すみれは自分たちの夢は健太郎たちが叶えてくれればいいとその決断がキアリスであることを伝えてんな。そして、この件からすみれはあることを決断するようになるねんな。





 

キアリスのメンバーが引退

それは、自らがキアリスを引退することを決めてん。そんなある日、すみれは明美と良子、君枝の3人を集めてそろそろやないかなと退職する気持ちを4人で確認してんな。実は、4人とも同じ気持ちになっててんな。それを確かめあってんね。

 

その晩、すみれは紀夫に4人の引退の話をしてんな。すると、紀夫も同じことを考えていたと話してん。紀夫は、これからは健太郎たちに任せたので大丈夫だという確信をしたので、引退を考えていたというねんな。

 

そして、二人でずっと歩んできたキアリスのことを思い出して話てんな。すみれは、預金封鎖に困って仕方なく始めたベビーショップあさやの頃からずっと走り続けてきたことを話します。紀夫も実は幼いころにすみれに惚れていたことを伝えてん。

 

幼くておとなしいすみれが、五十八(生瀬勝久)に自分のせいで麻田(市村正親)との付き合いをやめると話していた時に、私があかんのにみんなを怒るのはやめてほしい。ずっと麻田さんの靴を履きたい。

 

そういったときから、紀夫はずっとすみれのことが好きだったという話をしてんな。それから数日後、紀夫とすみれたち4人は今期いっぱいでキアリスを引退することを社員の前で発表してんな。

 

そして、紀夫は次の社長は武(中島広稀)にお願いすると話してんな。武は健太郎が次期の社長だと思っていたために驚くねんな。せやけど、紀夫はまだ健太郎は若すぎるので武が適任やと頼むねんな。

 

武と紀夫とすみれたち4人は、大急百貨店にそのことを挨拶しにいってんね。そして、すみれたち4人は新しい道を踏み出していってんな。そのことを大急百貨店で働くゆり(蓮佛美沙子)も喜んでくれてんね。

 

その数日後、明美はレリピイでコーヒーを飲みながら本を読んでてんな。そこに、栄輔があらわれてん。その二人の雰囲気を見て、龍一(森永悠希)は買い出しに行ってんな。

 

栄輔は、明美にこっから先どうするのか聞いてんな。明美は、本読んだり映画見たり好きなことしながら生きていくと話してん。すると、栄輔は死ぬときに一人は寂しいから一緒になったらどうかと告白してんな。

 

すると、明美はそれやったら家建てると貯めていた貯金の使い道に迷っていたと打ち明けてんな。その数日後に、明美はベビーショップあさやの頃から住んでいたレリピイの2階から引越してんな。

 

家が建つまでの間、栄輔とアパートで暮らすためやねんな。すみれはというと、退職後の時間を持て余しててんな。それは君枝も同じやってんね。毎日のように藍をみに坂東家にやってきててん。

 

気分転換にレリピイでも行こうと、藍とさくらも一緒にレリピイにいってんな。レリピイに行くと良子がウエイトレスをやっててんな。そこに、明美もやってきてんな。そうしてオムライスをみなで食べてるところに健太郎がやってきてん。

 



 

受け継がれたバトン

健太郎は、昔、ベビーショップあさやのショーウインドーに飾っていた服をあげた美幸を連れてやってきてんな。美幸は、娘ができて小学校の入学式に昔もらったワンピースを着せたい。しかし、娘にサイズがあわない。

 

だから自分で直そうともしてんけど、それができひんかってん。せやから、すみれたちに手縫いでやってほしいと思いやってきてんな。すると、君枝とすみれはそれを入学式にキレイに仕上げてんな。

 

そのことを喜ぶ娘の小雪と母の美幸。良子が髪を結ってあげると、そこにいたみんなが涙するような感動的な雰囲気になってんな。そのことを皆で喜びあってんね。数日後、キアリスの健太郎が新聞に取り上げられてんな。

 

その影響で、たくさんの洋服のお直しがキアリスに届いてんな。武はそれをすみれたちに届けて、すみれと君枝、良子と明美のための部署のお直し部をつくってくれてんな。お直し部はデザイン部の隣にもうけられてん。

 

そこには、懐かしい商店街のメンバーの時子たちがやってきてんな。懐かしあって一緒にお直しをして新しい生きがいをすみれたちは見つけてんやんね。一方、すみれたちが新しい生きがいを見つけたころに紀夫は時間を持て余しててんな。

 

見かねたさくらがカメラをするようにアドバイスすると、紀夫はさっそく写真にはまっていくんやんね。その日の晩、健太郎がすみれと紀夫たちに土曜日にキアリス本店にきてほしいと話してんな。

 

すみれたちが土曜日にキアリス本店に行くと、そこにはすみれたちが夢にしていたキアリスのワンダーランドがスモールサイズですがつくられててんな。それをやがて大きなものにすると健太郎が創業メンバーたちに宣言するねん。

 

その健太郎の言葉に、すみれたちはしっかりとバトンを健太郎たちに渡せたと喜んでんやんな。べっぴんさん25週のネタバレ・あらすじはここまで。べっぴんさん26週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

あなたにおススメのページ

べっぴんさん第26週ネタバレ・あらすじ「花を咲かせる人生を」

べっぴんさん第24週ネタバレ・あらすじ「光の射す方へ」

べっぴんさんの原作はコチラ(楽天)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)