べっぴんさん第18週ネタバレ,あらすじ「守るべきもの」

このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の18週「守るべきもの」のネタバレ・あらすじについて書いてんねんな。

 

べっぴんさん第17週のネタバレ・あらすじで、さくら(井頭愛海)とようやく話をすることができたすみれ(芳根京子)。しかし、まださくらはすみれの家には戻らないといってんね。

 

そのために、ゆり(蓮佛美沙子)の家にまだ泊ったままやってんな。なので、完全には関係が修復はしてへんねな。その続きとなる「べっぴんさん」18週ネタバレあらすじは、下記にのせています。べっぴんさん第18週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

ネタバレをみたくあれへん人は、みないようにご注意くださいね。べっぴんさん18週ネタバレの始まりです。タイトルは「守るべきもの」になんねな。下記からべっぴんさんの18週のネタバレをお楽しみくださいね。

 



 

べっぴんさん18週 ネタバレ・あらすじ

さくらは、相変わらずゆりと潔(高良健吾)の家に泊まったままやってんな。キアリスは夏休み中のため、良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)と君枝(土村芳)の息子の健太郎(古川雄輝)をアルバイトに雇ってんね。

 

一方、ヨーソーローでアルバイトをしている五月(久保田紗友)の行方が急にわからなくなってんね。二郎(林遣都)に別れの手紙は残していなくなってしまってんな。そのことに動揺する二郎。

 

そして、そんなころにキアリスにとって大きな出来事が起きてんね。それは、ずっとこだわってきた生地の会社のメヤリス工場が廃業したとすみれのもとに手紙が届いてんな。キアリスの生命線である生地がなくなってすみれは困ってんな。

 

このままでは、キアリスも連鎖倒産に追い込まれかねない。そんなことを思い悩んでんな。そこで、すみれは工場の先代と取引をしていた五十八(生瀬勝久)に相談に行ってんな。

 

五十八は、一緒にメヤリス工場に訪れてんな。すると、そこには驚くことが起きててんな。先代は入院しており、その息子の長野和弘はすでに工場を売却の手続きをとっていてんな。その相手がなんと、栄輔(松下優也)やってん。

 

栄輔がメヤリス工場の生地の良さをしって買収してんな。そこで、五十八とすみれは栄輔にお願いしてんね。生地をキアリスにも卸して欲しいと。キアリスもその生地がなくなったら困るので、取引をしてもらえないやろかといってんな。

 

せやけど、栄輔の答えはNOやってん。エイス以外に卸すことができないときっぱりと断られてんな。栄輔は工場の経営悪化の和弘の悩みを聞いてきてたが、キアリスは武(中島広稀)に任せきりだったので、すみれは内情を知らへんかってん。

 

新しいメヤリス工場から仕入れに苦労

五月がいなくなってからしばらくすると、「ヨーソーロー」にはさくらが働いている姿があってんな。そのことで、さくらの二郎への恋心は再び燃え上がっていくねんな。そして、ヨーソーローには二郎を訪ね東京からスカウトがやってきててんね。

 

五十八は、ゆりの家をたずねた後にさくらを誘い大急百貨店に行ってんな。すると、栄輔にあってん。栄輔は、五十八が闇市で粗悪品を見て嘆いていたのを機に、いつかいいものを作りたいと思って今に至っていると話してん。

 

五十八はそのことに感心してんな。そして、すみれたちも目指しているものは同じだからできれば力を貸してやってほしいと栄輔に頭を下げてんな。その次の日に、五十八は近江に戻っていってんな。

 

その後、栄輔が再び動きだしてんな。潔(高良健吾)のところに行って直談判をしてんね。栄輔の話はオライオンと提携したいという話やってん。

 

オライオンの全国店のスペースにエイスの店舗を入れることでオライオンも集客できるという提案やってんな。そのため、お互いに悪い話ではあれへんと栄輔が話すねんな。しかし、潔は栄輔がかつていなくなったことがいまだに腑に落ちてなかってんな。

 

潔は栄輔がかつていなくなった時に、すみれに対する好きという気持ちがあったからではないのか。それがないなら、メヤリス工場のことでキアリスに協力して上げれるはずだと栄輔にいうねん。

 

しかし、栄輔は潔の言葉に回答することなくその場を去っていくんやんな。栄輔が、大急百貨店の売り場に戻るとそこに五月がやってきてんな。五月はヨーソーローを飛び出したが行く当てがなかってんな。

 

そのため、栄輔をたよってきてん。栄輔は五月をアルバイトとして雇ってんな。五月は、裏のソファーで寝泊まりすることを許してもらってんな。その翌日、栄輔はキアリスにやってきてん。五十八や潔に言われたことで、メヤリスの機械を残すことにしたためそれを伝えにきてんね。

 





 

山本五月が二郎の子供を妊娠

それからしばらくして、行方がわからなくなった五月が大急百貨店のエイスで働いていることをすみれが発見してんな。そのことをひょんなことから龍一(森永悠希)に話すと、五月が行方不明になっていることを知ってん。

 

明美(谷村美月)と一緒にすみれが五月のもとにいき探していることを伝えても五月は聞く耳をもたへんねな。その際に、お腹を抑えてしゃがみこんでんやんな。

 

明美はすぐに五月が妊娠していることをわかってんな。せやけど、五月は一人で育てようと考えててん。しかし、五月が住むところがないと知ったために、自分の家に泊まるようにすみれがすすめてんね。

 

一方、健太郎(古川雄輝)はさくらが二郎について東京に行く気でいることを知り、ヨーソーローにやってきて懸命に止めようとしてんな。健太郎はさくらが聞く耳を持たないために二郎にお願いしてん。

 

せやけど、二郎は何も言うことなく外にでていってしまってんな。二郎がいなくなったヨーソーローにすみれと明美がやってきてんね。二人は五月が今、すみれの家にいることや妊娠していることをすず(江波杏子)に知らせてんな。

 

すずは、五月の子供はおそらく二郎の子だと話してんね。五月は、東京に行く二郎の夢を応援したいためにいなくなったのだといいます。その話を聞いて、動揺しながらもさくらはゆりの家に戻ってんな。

 

五月は、すみれの家にいると喜代(宮田圭子)がお腹の子供のためにと腹巻きを編んできれててんな。そのことに五月は感謝の気持ちをもって笑顔いっぱいで笑ってんやんね。

 

一方、健太郎はすみれにさくらが二郎と一緒に東京に行くつもりでまだいることを知らせられるねんな。ちょうど、そのタイミングでゆりからさくらがいなくなったと電話がかかってきてん。さくらがいたのは、ヨーソーローやってん。

 

ドラムを演奏している二郎をさくらは見つめててんな。そこには、東京から二郎をスカウトに来ていた野中と古賀がいてんね。二人に二郎は東京に行くと決意を述べててん。そのタイミングでヨーソーローにすみれたちがやってきてん。

 

すみれはさくらを問い詰めると、さくらは二郎と東京に行くのだと強く主張してんな。すみれは、五月のことはちゃんと話しているのか。そうさくらに確認してんな。べっぴんさん18週のネタバレ・あらすじはここまで。べっぴんさん19週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

あなたにおススメのページ

べっぴんさん第19週ネタバレ・あらすじはコチラ

さくらのモデル坂野光子の人生とは?

べっぴんさん第17週ネタバレ・あらすじ「明日への旅」

べっぴんさんの原作はコチラ(楽天)

べっぴんさん ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)