べっぴんさん(11話)あらすじ「さくら咲く赤ちゃん!」感想

さくら
こんにちは。このページでは、朝ドラ「べっぴんさん」の感想あらすじをお伝えしてんね。第11話(10月14日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「さくら咲く赤ちゃん!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

べっぴんさん11話のあらすじ!

べっぴんさん10話のあらすじで、すみれ(芳根京子)に赤ちゃんが出来てることがわかってんね。そのことに喜ぶ夫・紀夫(永山絢斗)やってんけど、その紀夫に招集令状がやってきてんな。

べっぴんさん11話のあらすじは、その続きから始まってんね。紀夫は、我が子と逢う前に戦地に向かうことになってんね。すみれは、紀夫に小さな裁縫道具を渡してんね。

紀夫は、子供の名前は男の子だったら坂東家を継ぐことになるので、五十八(生瀬勝久)に決めてもらってほしい。女の子であったらさくらにしてほしいというねんな。学生時代に、桜の下ですみれのことを見かけた。

そんなすみれを見て、紀夫は心を奪われた。母のすみれのように、そしてはな(菅野美穂)のように花を咲かせる人生を送ってほしいそう紀夫が話してんな。その言葉にすみれは涙してんな。

今が一番幸せやという紀夫は、すみれに子供をしっかり頼みますと頭を下げてんね。そして、紀夫は行って参りますと戦地に向かってんな。五十八は、必ずかえってこりよと声をかけてんね。

食糧不足が加速し、坂東家の庭では野菜の菜園が行われてんな。すみれが栄養不足にならないようにしててんね。そして、いよいよ出産の日やねん。陣痛が来ているときに、紀夫から手紙がきてんな。

それを渡した方がいいと言って、ドアを開けるとゆり(蓮佛美沙子)が何?と怒ります。後にしてと言われます。そして、すみれは元気な女の子を産みます。そこで、紀夫からの手紙を読んでんな。

すごく少ない文章の手紙やってんけど、それがすみれにとってはうれしかってんね。しかし、戦争中の子育ては想像以上の困難が待ち受けててんな。栄養不足でおっぱいは出ません。

粉ミルクもなくなりますが、なんとか赤ちゃんを育てるためにコメをすりつぶして白湯でといて飲ませてあげます。さくらと一緒に散歩していると、外国人が集まっているところを見てんな。

そこに、坂東家で働いていたマツの子供の小野明美(谷村美月)がいてんな。すみれのもとに、クリスティーナがやってきて粉ミルクをくれます。もうすぐ母国に帰るのですみれの赤ちゃんにとくれてん。

そして、明美がおむつをなにやら不思議な巻き方をしててんね。そのことに驚くすみれ。家に帰って明美のようにやってみてんけど、どうもうまくいきません。そんなことをしていると、さくらが泣きます。

また、夏以降に紀夫からの手紙は途絶えていてんな。そして、ついに米軍の本土への空襲が行われてんな。それにおびえるすみれやってんな。べっぴんさん11話のあらすじはここまで。べっぴんさん12話のあらすじにつづく。




べっぴんさん11話の感想!

べっぴんさん11話のあらすじをまとめると、すみれが出産をした回やってんね。そして、世の中は戦争が激しくなり本土への空襲がやってくるという回やってんな。せやけど、すみれからしたら本当に心細いやろなあ。

出産のときに、紀夫はいてへんし・・・まだ「さくら」が小さいにもかかわらず夫はいてない。しかも、食糧もままならずミルクもろくにあげれへん。そんな状況やとなかなか子育ても厳しやんね。

せやけど、紀夫は戦地に行く前に名前を考えてくれててよかってんな。男の子だったら五十八が決めることになってたけど、運よく?女の子になっていたので、紀夫の想いを込めた名前になりましたよね。

すみれからすると、そんな前からずっと好きでいてくれたことやすみれやはなのようにパッと咲く人生を送ってほしいって言葉はちょっと感動やってんね。本当に幼いころから好きだからこそそういったこと言えるんですよね。

紀夫かっけえって思ってんね。顔も男前やし、妊娠したときに声を張り上げて大きな声を上げてたところから見ても、麻田(市村正親)が言っていたように、想いを言葉にようしいへんところがあるんやろね。

その不器用さがまたかっこいいんですよね。ルックスももちろんですけどね。せやけど、戦争中の子育てって本当に大変そうでしたね。ミルクもないし、栄養とれてないからおっぱいもでえへんし。

自分が食べるものもままならん中で、子供にそれをあげなあかんってところを考えると本当に大変そうやってんね。すみれの家は米をすりつぶして、白湯でふやかして赤ちゃんにあげててんけどね。

それも、すみれの家は金持ちやったからできたことなんかもしれへんしね。そもそも、当時は白いコメを食べることさえできへん家がほとんどやから、すみれの家はまだマシだったともいえるんやんね。

しかも、クリスティーナが粉ミルクわけてくれたりするし・・・。そういった意味ではとても恵まれていた方なんかなって個人的には感じてんね。今後、日本本土の空襲があるからどうなるんやろか。

ますます、なんか子育ても生活も苦しくなりそうな気がしますよね。家とか焼けなかったらええんですけどね。べっぴんさん11話の感想はここまで。べっぴんさん12話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

べっぴんさん(12話)あらすじ「疎開先での終戦!」感想

べっぴんさん(10話)あらすじ「すみれに赤ちゃん・・・」感想

べっぴんさん第2週のネタバレ・あらすじ「しあわせの形」

べっぴんさん第3週ネタバレ・あらすじ「とにかく前に」

べっぴんさんモデルのストーリー・あらすじはコチラ(楽天)

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)