べっぴんさん第19週ネタバレ,あらすじ「希望」

このページでは、NHKの朝ドラべっぴんさん」の19週「希望」のネタバレ・あらすじについて書いてんねんな。

 

べっぴんさん第18週のネタバレ・あらすじで、五月(久保田紗友)に赤ちゃんができていることを知ったすみれ(芳根京子)たちは五月を心配して一緒に住むようになっててんな。

 

しかし、さくら(井頭愛海)は二郎(林遣都)と一緒に東京に行く気でいてんな。それを、すみれは健太郎(古川雄輝)から聞いてんね。そして、さくらはすみれに二郎と一緒に東京に行くといってんな。

 

その続きとなる「べっぴんさん」19週ネタバレあらすじは、下記にのせています。べっぴんさん第19週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

ネタバレをみたくあれへん人は、みないようにご注意くださいね。べっぴんさん19週ネタバレの始まりです。タイトルは「希望」になんねな。下記からべっぴんさんの19週のネタバレをお楽しみくださいね。

 




 

べっぴんさん19週 ネタバレ・あらすじ

さくらが二郎と一緒に東京に行きたいと話したその場で、すみれは二郎に五月が妊娠していることを伝えてんね。二郎は五月に会いに行こうと考えてんけど、二郎のデビューに動いている野中が東京から来ているんだといいます。

 

さくらも、チャンスはつかまなあかんというねんけど、それを紀夫(永山絢斗)が止めてんね。野中には、二郎から後程連絡されると言い五月のもとに二郎を連れていってんね。

 

せやけど、五月は自分のせいで二郎がせっかくつかんだチャンスをつぶしたくないという気持ちから、子供は自分ひとりで育てるからと部屋に閉じこもってんね。二郎は部屋の外から声をかけるねんけど、その言葉は届けへんねな。

 

その様子を見たさくらは、二人の関係を見て失恋して涙を流してんね。その様子をすみれと紀夫が優しく慰めてんねな。ちょうど、そのタイミングで忠一郎(曽我廼家文童)から五十八(生瀬勝久)が倒れたとすみれのもとに連絡が入ってんね。

 

慌てて本家の近江にかけつけたすみれ夫婦とゆり夫婦。五十八が心臓病を患っていたことを、すみれやゆり(蓮佛美沙子)たちは初めてその場で知ってんね。その晩は、五十八の容態を心配してみなが泊ってんねな。

 

五十八は、倒れていた間にはな(菅野美穂)と会う夢をみててんな。目を覚ましてからそこのとをすみれたちに話してん。そして、一人ひとりと最後の別れのような話をしっかりとして笑顔で別れてんな。

 

さくらは失恋のどん底

一方、さくらは失恋のどん底にいてんね。そんな中でも、家に帰ることはしいひんくてゆりのところに泊まったままやってんね。ちょうど、夏休み中なので、潔(高良健吾)がキアリスでアルバイトをしてはどうかと提案してん。

 

さくらは、その提案を受け入れてキアリスでアルバイトをすることになってんな。そこで、さくらはすみれたちが作る商品がどれだけお客さんに好かれているかということを感じてんね。すみれが真剣に仕事をしている姿も初めてみて少し、見方が変わってん。

 

また、さくらが書いた絵を君枝(土村芳)に褒められることがありデザインに興味を持つことになってんな。幼いころから、さくらは少女漫画が好きで絵を描くのが好きやってんな。

 

一方、潔は栄輔(松下優也)から話を持ち掛けられていたエイスとの提携を断ってんな。一歩、一歩自分の力で少しずつでもいいのでやっていきたいというのが潔の答えやってん。そのためいい話ではあるけども断ることにしてん。

 

また、栄輔はすみれに五月のことを相談しててんな。お腹が大きくなっているにもかかわらず無理して働いているので、なんとかしてあげたいと。そこですみれは、無理なく働けるようにキアリスで五月を雇うことにしてんね。

 

キアリスで働く五月は周囲の優しさに感動して、固く閉ざしていた心を少しずつ開いていくようになってん。そして、ついには本音が漏れてんな。二郎に会いたい。その言葉を聞いて、明美(谷村美月)が五月に話してんな。

 

二郎は東京で勝負することを決めて、ヨーソーローを今日後にしようとしていると。その話を聞いていたさくらは、走ってヨーソーローに向かってん。その状況を見たすみれも慌ててヨーソーローにむかってんね。




 

二郎の決断とは?

ヨーソーローでは、二郎がすず(江波杏子)に別れを告げていてんな。せやけど、そこに二郎の弟の耕四郎(こうしろう)がやってきてんな。耕四郎は酒浸りだった父親が失踪したので、二郎に行かないでほしいとお願いしてん。

 

二郎がいなくなれば一家は路頭に迷う。そのことで、二郎は東京行きをあきらめることになってんね。自分の不幸をなげく二郎に対し、さくらは五月は一人で泣いているのだから立ち向かうように言ってん。

 

その二日後、二郎はキアリスにやってきてんな。五月に会うためやねん。二郎は、音楽はどこでもできるけど五月と生きたい。自分には五月が必要だと訴えかけると、五月は大粒の涙をながしてんな。

 

それを陰からみていた、さくらも一緒に涙を流してんな。その晩、すみれたちはみんなでヨーソーローに二郎の演奏を聴きにいってんね。さくらは、健太郎にいつも気遣ってくれていることのお礼を言うねんね。

 

そして、二郎の演奏が終わるとなんとすずが店からの引退を発表してんな。しかも、その後継者に五月と二郎になってほしいと指名してんな。五月は涙を流しながら喜び、すずはヨーソーローの意味を門出におくってんな。

 

その翌年、近江の坂東家の本家で五十八は静かに亡くなっていってんな。ちょうど、同じ日に五月が赤ちゃんを産んでんな。そして、さくらは五月の出産を見届けたことで、すみれと紀夫にこれまでのふるまいを詫びてんね。

 

そして、今後はデザインの勉強をしたい。そう自分の目標を見つけることができてんねな。こうして、すみれとさくらの関係が修復していってんやんね。べっぴんさん19週のネタバレ・あらすじはここまで。べっぴんさん20週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

あなたにおススメのページ

べっぴんさん第20週ネタバレ・あらすじはコチラ

べっぴんさん第18週ネタバレ・あらすじ「守るべきもの」

さくらのモデル坂野光子の人生とは?

べっぴんさんの原作はコチラ(楽天)

べっぴんさん ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)