ひよっこ第109話の感想・あらすじ「奥茨木村の友」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の109話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第109話のタイトルは「奥茨木村の友」です。

 

ひよっこの108話のあらすじと感想で、実(沢村一樹)がみね子(有村架純)と一緒に生活をはじめ、あかね荘のメンバーで歓迎会をしてくれたのです。

 

その続きとなるひよっこ第109話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ109話のあらすじ

美代子(木村佳乃)が奥茨城村に戻ってから数日経ちました。奥茨城村の母の会が緊急招集されました。きよ(柴田理恵)と君子(羽田美智子)がやってきました。

 

きよは、高子(佐藤仁美)がたいしたもんだと毎日もめていると言って笑います。そして、美代子は君子たちに実の状況を説明したのでした。

 

ちよ子(宮原和)と進(高橋来)にも話したというのです。ちよ子は泣いていたけど、進はまだわかっていなかった様子です。君子になんで実を連れて帰らなかったのか。

 

そういわれる美代子だけど、それまで別の女性と一緒にいた人をいきなり今日からここでと連れて帰ることはできなかったと説明したのです。そして、きよが美代子に聞きます。

 

川本世津子(菅野美穂)はやっぱしキレイだったのけ?美代子はキレイだった。気取った感じもなく、丁寧だし品がいいしまいったと話しました。

 

川本世津子はウソをついていなくて、正直に話してくれているように思うから信用できる・・・そう美代子は話します。美代子は、こっからは実と初対面で川本世津子と比べられる。

 

もう一回私のこと好きになってくれるかな。なってほしいなって思うといい泣きながら笑うのでした。君子は、そんな美代子を抱きしめて励まします。一緒にいたきよは号泣です。

 

実は、あかね荘の修理をしています。富(白石加代子)にこきつかったらだめだと、鈴子(宮本信子)は注意します。みね子のもとには、川本世津子から手紙がきました。

 

世津子は、記憶障害になった理由を大学病院でみてもらったときに教えてもらったという。どうしようもなく理不尽でつらいことが起きたときに思い出したくないという強い気持ちからきている。

 

思い出すかもしれない。一生思い出さないかもしれない。そう書かれていました。みね子は、実の捜索願を取り下げ綿引(竜星涼)に手紙を書きました。

 

綿引はすごく喜んでくれました。そして、柏木堂の柏餅をみんなで食べました。ひよっこ109話のあらすじはここまで。ひよっこ110話のあらすじにつづく。

 



ひよっこ109話の感想

ひよっこの109話のあらすじは、なんか少しほっとする回でした。なんちゅうか、実のことを考えてはりつめていた空気が一気に和らいでいる印象ですね。

 

奥茨城村の女子会では、美代子が君子とちよに実のことを包み隠さず話していましたね。なんちゅうか、正直にすべてのことを話せる人がいるってすごい救われますよね。

 

やっぱり、友だなって思いました。でも、きよが泣いている姿がゴリラみたいで笑ってしまいました。あと、高子と毎日対決しているっていいながらそれが楽しそうなところ。

 

二人の相性がすごくよかったんだろうなって思いました。お互い気が強いので、男たちの方が大変なような気がしますね。男たちは二人に気を遣っているというか。

 

そして、川本世津子の手紙は驚きましたね。どこまでも優しいですよね。本当は、世津子が一番優しいんじゃないかな?って思うぐらいみね子たちのことを想ってくれていました。

 

実際に、病院にも一回連れていってくれていたんですね。理不尽で思い出したくないことが理由で記憶障害を起こしているっていうのが、納得でした。

 

強盗犯に棒でたたかれたことが原因かなって思っていたのですが、それはきっかけにすぎなかったんですね。どうしようもなく、忘れたいことが起きてショックでなったというのが科学的に見たときの判断になるんですね。

 

さて、実はあかね荘に住んで今後どのように生活をしていくのでしょうか。今後が楽しみですね。ひよっこ109話の感想はここまで。ひよっこ110話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)