ひよっこ6話感想「稲刈りお疲れさまでした」

6話のひよっこも笑いあり家族の物語ありと盛りだくさんの内容でしたね。内容的には、15分間ずっと稲刈りしていたって感じの内容でした。その中にいろんなものがつまっている。そんな内容を感じることができました。

まずは、三男が本当に君子のことをすきなこと。これは、たぶんそうなんだろうなって思っていたけど決定的でしたね。なんちゅうか、宗男にもて遊ばれていましたけど。

時子を飛び越えていきなり父親に挨拶するってすごすぎですけど、なにも言えずに撃沈しましたね。それみて、私は大爆笑でした。なんか、面白いですよね宗男って。

ただ、明るいってだけでなく周囲を笑顔にする効果があるんですね。三男の時は、一人でわらっていましたけどね。それがまた、宗男らしいかなって思いました。

あとは、元乙女ってところも面白かったですね。うたごえはとてもきれいでした。だから、元は余計でした(笑)あの乙女と元乙女たちが歌っていた歌なんていうんですかね。

聞いたことあるのだけど、タイトルしらないみたいな。でも、聞いてたら懐かしくなるような歌なんですよね。だから、何回も聞きたくなります。

そして、最後はみね子が谷田部家のみなさん稲刈りお疲れさまでしたっていうところもお姉ちゃんだなって、しっかりしているなっておもいましたね。ちよ子が真似しているところも姉妹だなって。

1週間見て今後見続けるか決めていこうと思っていたのですけど、楽しいので今後もみつづけていこうと思います。朝からひとわらいさせてくれるので、毎朝みるのが楽しみです。ひよっこ7話の感想につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)