ひよっこ44話の感想はコチラ

次の日曜日です。みね子たち全員で、百貨店へ行き水着を買い、乙女寮に帰ってきました。そして、水着の品評会が始まりました。6人が各々選んだ水着のデザインは、私の予想どおりでした。

 

 

幸子と時子は、セパレートで、当時としては大胆です。この二人以外は、ワンピースのようです。豊子は、精一杯頑張って、少しお洒落な黒のワンピースです。

 

 

でも、もう一人、セパレートがいました、澄子です。なんと大胆なことでしょう、セパレートいうより、ビキニに近いものです。みね子と澄子は、人生で一番高価な買い物をしたようです。

 

 

澄子は”いわきの父ちゃん、許してくれよな~”と言っています。それくらい許すよ、私が、澄子。一方、奥茨城では、君子母ちゃんが深~い溜息をついています。時子から例によって、大きな字で”お盆には帰りません。

 

 

ごめんなさい。”と書いたハガキが届きました。正二父ちゃんと豊作兄ちゃんが、時子を苦しいフォローをしています。美代子母ちゃんには、いつものように、みね子から丁寧な手紙が届いています。

 

 

ちよ子にも進にも、ちゃんと手紙が届いています。アレっ、茂じいちゃんには・・・。ちよ子の手紙の中に、寮の人達と一緒に海水浴へ行くとあり、最後にごめんねと書いているようです。

 

 

ちよ子には、その”ごめんね”の意味が解りませんが、美代子母ちゃんが解説し、ちよ子は納得です。一方、コーラス部の練習が始まっています。いつものように雄大が指導に来ています。

 

 

綿引青年は、実父ちゃんの捜索模様を報告しようと、乙女寮にやってきました。コーラス部の練習が終わった雄大と入口でばったり会い、ラーメン屋台に行きました。

 

 

私の考え過ぎかもしれませんが、雄大の綿引青年への”もの言い”が、どうも気になります。そんなに歳も変わらないのに、見下した言い方、或いは、命令調に不自然さと違和感を感じます。

 

 

今日も、まだ2回目なのに、ラーメンを奢れと言っています。それはさておき、綿引青年も帰省はしないようです。そこで、雄大が、幸子たちと行く海水浴に、綿引青年を誘いました。綿引青年、おそらく断らないと思います。

 

 

一方、向島電機です。お盆休みの前日です。みね子と時子が仕事が終わり、乙女寮に帰ると、帰省支度をした社員たちが、慌ただしく寮を出て行きました。あの頃の帰省は、大変だったはずです。

 

 

今は、東京から帰省する場合、飛行機・新幹線を使い、何処へでもその日のうちに着きますね。みね子は、帰省せず、水着を買い海水浴へ行くことに、後ろめたさを感じていました。

 

 

そんなみね子の心の内を、時子は見抜いていました。時子は、みね子に”家族思いは、いいことだけど、ある程度は割きりが必要であり、それが家族のためにもなる。”と親友として助言しましたが、みね子は、なんとなく納得できません。

 

 

そんな中、部屋のみんなに、家族からの手紙が届きました。みね子には、ちよ子からの手紙です。なんと、”海水浴の絵”が入っていたのです。6人の女子達が楽しそうに海水浴を楽しんでいる様子が上手に描かれています。

 

 

みんなにも見せました。澄子の眼鏡まで描いています。これは、ちよ子を含めた家族が、みね子に対して海水浴を楽しんでいいんだよと、伝えているのです。これで、みね子のモヤモヤは、ふっ切れたはずです。みね子、海水浴、思いっきり楽しんでいいんだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)