ひよっこ第98話の感想・あらすじ「別れと結婚」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の98話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第98話のタイトルは「別れと結婚」です。

 

ひよっこの97話のあらすじと感想で、島谷純一郎(竹内涼真)とみね子(有村架純)が別れることになりました。その続きとなるひよっこ第98話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ98話のあらすじ

島谷がいなくなり、時子(佐久間由衣)がやってきて・・時子がけしかけたの自分だと謝りました。しかし、みね子は謝らなくていい。そういうのでした。

 

時子は、みね子に誕生日おめでとうと抱きつきました。そして、みね子は20歳になったからと邦子(白石美帆)にお酒くださいと言いカクテルを飲みます。

 

みね子は、カクテルを一気飲みをし酔って時子がおんぶして連れて帰ります。翌日、あかね荘では他の住人に時子が島谷とみね子がわかれたことを伝えます。

 

啓輔(岡山天音)と祐二(浅香航大)がそのことに対して、漫画をどうすれば・・・そういって頭を抱えます。しかし、早苗(シシド・カフカ)がまだまだ人生は続くのでハッピーエンドになるまで書けばいいというのです。

 

すずふり亭では、みね子が話そうかどうかを迷っています。そんなところに、朝倉高子(佐藤仁美)が嫁入りすることになりましたと宣言したのです。相手は、太郎(尾上寛之)だと挨拶したのです。

 

もう、両親にも挨拶し・・・三男(泉澤祐希)にも挨拶を済ませたという。そのことに驚くみんながおめでとうと祝福するのに対して、鈴子(宮本信子)も省吾(佐々木蔵之介)も涙ながらに送り出します。

 

その祝福モードのすずふり亭の中で、みね子もじつはと・・・恋が終わったというのでした。その話を裏庭で聞いてくれる鈴子。心配する鈴子に、みね子は大丈夫だ。

 

こう見えて強いんですよ。と強がってみせるのでした。ひよっこ98話のあらすじはここまで。ひよっこ99話のあらすじにつづく。

 



ひよっこ98話の感想

ひよっこ98話のあらすじでは、みね子の別れた後と高子の結婚という内容でしたね。個人的に思ったことは、みね子が思ったよりも元気だったなあって思いました。

 

みね子よりも島谷の方がひきづっているかもしれませんね。こういうときって、女性よりも男性のほうがひきづることが多いような気がしますね。

 

みね子がカクテル一気飲みしていた時には、急性アルコール中毒なるかもとかって思いましたが大丈夫でしたね。飲んで寝て、すっきりしたのかもしれませんね。

 

何よりも、時子が一緒にいたのが大きかったですね。こういう困ったときに、時子のような親友が一緒に住んでいたっていうのが何よりもよかったなあって思いました。

 

そういう意味では、時子があかね荘に住んでいたのはみね子にとってすごくよかったですね。一方の高子の方は、もう挨拶まで済ませていますから結婚ですね。

 

都会の人なのにスマートでないことが気に入ったという、きよ(柴田理恵)の発言にちょっと笑ってしまいましたけどね。でも案外、高子ときよは相性いいかも?

 

そんなことを感じましたね。なんか三男は、米子(伊藤沙莉)と結婚しそうな勢いですね。その辺りもちょっと面白かったです。

 

しかし、鈴子は本当に優しいですね。高子のことを本当に喜んでくれますし、みね子のことを心配もしてくれます。こんな良い店主は、ほかにはいないと思いますね。

 

愛情があふれている。これがすごくわかるので、みね子にとっては今後も支えてくれますからね。そもそも、みね子はすずふり亭で別れたことを言う必要あるんかな?

 

なんて思いましたけどね。聞かれたらいうぐらいでよいんちゃうかなって思いました。なんか、秀俊(磯村勇斗)が複雑な表情をしていたので、今後この関係にも注目ですね。

 

すごく楽しそうで、幸せそうだったのでみね子は、今後素敵な男性で幸せをつかんでほしいなって思いました。ひよっこ98話の感想はここまで。ひよっこ99話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)