ひよっこ第79話の感想・あらすじ「世界一うまいハヤシライス」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の79話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第79話のタイトルは「世界一うまいハヤシライス」です。

 

ひよっこの78話のあらすじと感想で、宗男(峯田和伸)とみね子(有村架純)が一緒に実(沢村一樹)を目撃したところで叫びました。

 

その続きとなるひよっこ第79話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ79話のあらすじ

宗男は漫画家志望二人の部屋で寝ています。みね子がそれを起こしにやってきました。宗男は、二人の漫画を読みながら寝てしまったのだという。

 

宗男は、漫画をすげえなあと思って読み始めるとすぐに寝てしまったのです。昔、谷田部家に田植えや稲刈りをしにきてくれた時もこんなだったとみね子は思い出します。

 

しばらくすると、宗男は突然苦しそうな顔をして死にたくないと寝言をいうのでした。早苗(シシド・カフカ)があまりの様子に手を握ってあげるように、みね子にいいます。

 

みね子が手を握ると、その後ぐっすりと寝ていったのです。翌日、宗男はハヤシライスをすずふり亭で食べるのです。ここのところ毎日、ハヤシライスを食べていたのです。

 

ここのハヤシライスは世界一だと笑う宗男。そういっても俺も兄貴もここでしか食ったことないんですけどねと笑いあいます。元治(やついいちろう)は宗男のことを苦手だという。

 

しかし、省吾(佐々木蔵之介)も秀俊(磯村勇斗)も似ているので相性合うかと思ったというのでした。宗男が頑張っぺというと省吾と秀俊は一緒にやってくれました。

 

元治も仕方なく頑張っぺとやるのでした。明日から忙しくなるとすずふり亭で話題なのですが、柏木堂が赤飯をビートルズの警備に600人ほどの数を用意しなければならなくなったのでした。

 

それをみね子たちもヘルプすることになったのです。すずふり亭で、宗男は楽しいねと鈴子(宮本信子)らの話題になります。宗男は小さいころは、大人しい子で父ちゃんの側を離れなかったという。

 

それを聞いて、省吾は戦争に行っているからかと話すのでした。そして、ビートルズがやってきました。その日の夜にすずふり亭の裏庭で赤飯をみなで作ろうとします。

 

宗男が頑張っぺと張り切るところに、元治が近所迷惑なんだよと突っ込みを入れるのでした。ひよっこ79話のあらすじはここまで。ひよっこ80話のあらすじにつづく。




ひよっこ79話の感想

ひよっこ79話のあらすじは、宗男の独壇場って感じの回でしたね。ここのところ、宗男が目立っていますよね。いいですよね。あの変人加減が。

 

ただ、宗男がいることで笑いをとれなくなる元治先輩はあまり好きになれてないみたいですね。似ているからやっぱり嫉妬するんでしょうか。

 

私も個人的には、秀俊らが話していたように似ているので仲良くなれるのかな?なんて思っていました。その辺りが難しいところですよね。

 

さて、物語はビートルズが来日のところまでやってきましたね。なんちゅうか、ビートルズが来るっていうのが本当にお祭り騒ぎだったんですね。

 

この時代に生きていないのでよくわからないですが、それぐらい音楽シーンに大きな影響を与える存在だったんやなって思います。奥茨城ではそうではないかもですが。

 

ひよっこって面白いなあって思うのは、東京オリンピックはさらって流れていったのにビートルズはしっかり描く。この辺りは、脚本家の趣向があらわれているような気がします。

 

そこに、宗男役を音楽家の峯田和伸さんをもってきていることが熱が余計に伝わる理由だと思うんですね。しかし、警備のために赤飯600個ってどんだけいるんだって話です。

 

柏木一郎(三宅裕司)が安請け合いしたって、ヤスハル(古館雄太郎)に言われても無理のない数ですね。600個を2人でつくるなんて無理ですからね。

 

しかし、商売敵ともいえる飲食店が並ぶあかね坂商店街のみんなで協力するのはすごいなあって思いました。ひよっこ79話の感想はここまで。ひよっこ80話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)