ひよっこ第61話の感想・あらすじ「出会い」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の61話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第61話のタイトルは「出会い」です。

 

ひよっこの60話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は、実家にひとときの帰省をしましたが疲れていたためにひたすら眠っていました。そして、再び東京で働くために赤坂に向かいました。

 

その続きとなるひよっこ第61話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。



ひよっこ61話のあらすじ

時は、1966年(昭和44年)の3C時代になっていました。あかね荘に到着したみね子。管理人の富(白石加代子)に声をかけ、みね子は茨城のお土産を渡しました。

 

お茶を誘われたみね子は、富とお土産をほおばりながらお茶を飲みます。そこに、久坂早苗(シシドカフカ)が通りかかって管理人室にやってきました。

 

みね子は、早苗にもお土産の饅頭を渡します。早苗は、とげがあるしゃべりをしてきます。饅頭を食べ終わったみね子は、他の部屋に挨拶に伺います。

 

漫画家の新田啓輔(岡山天音)のところに挨拶に行くと、隣の部屋の島谷純一郎(竹内涼真)から借金取りでなければそのことを言わないと出ないよとアドバイスされます。

 

啓輔と島谷純一郎にも、茨城の手土産を渡しました。純一郎にお金を拾ってもらったときのことのお礼を言っていると、あまり大きな声を出すと早苗に怒られると助言されました。

 

その後、すずふり亭にも手土産をもっていくみね子。それを食べる省吾(佐々木蔵之介)。味付けどうなっているのかとみね子に聞きますが、みね子はわからないと答えます。

 

省吾は、飲食で働くのであれば今後はどんな味付けなのか興味を持つようにと話します。そして、みね子は部屋に戻ってから家族の写真や向島電機の工場での写真を眺めています。

 

一人暮らしのお供に工場でもらったトランジスタラジオがあります。いよいよ明日は初出勤。ひよっこ61話のあらすじはここまで。ひよっこ62話のあらすじにつづく。




ひよっこ61話の感想

ひよっこ61話のあらすじでは、みね子が次々に新しい出会いをしていくという回でしたね。アパートの住人は、本当に変わった人が多かったですよね。

 

饅頭をもっていったら、3日ぶりの食事だという人がいたり、とげとげしい話し方をするOLがいたり。なんかちょっとめんどくさそうな慶応ボーイがいたりと、なんかビックリハウスみたいな。

 

そもそも、管理人さんも変わっていますしね。すごく怖い感じを受けてしまいます。でも、ドキドキしますよね。新しいスタートって。新学期を迎える学生みたいで、どんな友達ができるんだろうみたいな。

 

みね子も東京で初めての一人暮しだし、働く場所もこれまでと大きく変わりました。すべての環境が変わりますので、最初のうちは本当に大変ですよね。

 

仕事もそうですが、アパートの近所づきあいみたいなのも心配の一つになります。どうしても、これまでの毎日が修学旅行みたいな寮生活と違いますからね。

 

そのうえで、もちろん新しい仕事も覚えなければなりません。簡単なようで、すごく大変。わくわくはするけど不安も大きいのがこの変わったばっかりのときです。

 

ちょうどくぎりの1月からということで、気持ちの切り替えはもっていきやすいかもしれませんけどね。これから、どんな出会いをしていくのでしょうか。特に慶応ボーイの島谷純一郎は気になる存在ですね。

 

恋愛に発展していったりすることがあるのでしょうか。今のところ、ただ変わっている大学生ですけどね。今後、みね子の恋も楽しみですね。ひよっこ61話の感想はここまで。ひよっこ62話の感想につづく。




あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)