ひよっこ第129話の感想・あらすじ「一つの恋の終わり」

失恋

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の129話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第129話のタイトルは「一つの恋の終わり」です。

ひよっこの128話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)のツイッギーコンテストに君子(羽田美智子)が応募してくれていました。

その続きとなるひよっこ第129話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。







ひよっこ129話のあらすじ

時子とみね子(有村架純)が三男(泉澤祐希)を訪ねて三男が働く米屋に行くと、さおり(伊藤沙莉)とバッティングします。険悪な雰囲気になる時子とさおり。

さおりは三男のことが好きで好きでたまらないと打ち明けて、時子のファンではないと打ち明けます。その言葉を聞いて、時子は状況を理解します。

しかし、みね子だけ話の流れがわかっていません。時子は、みね子に説明します。時子が女優になれば、三男がさおりのものになると思ってファンだと言ってきたのだという。

時子が嬉しそうにしていたので、それは・・・とみね子が説明すると、さおりは時子にごめんなさいと謝ります。そして、さおりは時子に言いたいことをすべてぶちまけます。

思いっきりぶちまけたさおりは、みんなにジュース飲むといい4人でジュースを飲みます。そして、時子がなにをしにきたのかさおりが聞きます。

時子は、ツイッギーコンテストに出場して絶対優勝すると三男に宣言します。だから、三男に「今までありがとう」と時子は頭を下げます。お互い頑張ろうね。それを言いにきた。

おうわかったと三男が答え、絶対に優勝するように励まします。さおりも優勝するかはわからないけど、いい線いくというのでした。そして、三男がさおりとくっつくとは限らないと言われます。

それでも、さおりは頑張るしかないと応えたのでした。そして、時子は三男のもとをさりました。ひよっこ129話のあらすじはここまで。ひよっこ130話のあらすじにつづく。








ひよっこ129話の感想

ひよっこ129話のあらすじは、三男の恋の終わりを予感させるものでしたね。なんか、少し寂しさを感じました。時子への恋は今回で終わる。さおりとはどうなるかわからないけど。

そんな形で三男の恋は終了を迎えました。時子がこれで、ツイッギーコンテストに優勝すれば晴れて三男が解放されるという流れですね。ただ、なんか寂しいなって思いました。

三男は、ずっと時子に恋してて欲しいな。どうなってもいいから、時子に恋してて欲しいなって思っていましたけど・・・最終的にはくっつかないんですね。

はっきりとそういわれたわけではないけど、時子の今までありがとうはそういうことなんですよね。時子もはっきりと気持ちの整理をつけてツイッギーコンテストに出たかったのかもしれませんね。

学生時代もずっと、一途に時子のことを想って・・・東京に出ていろんな女性と知り合ってからも時子が好きって言える三男の心って本当に素敵だなって思います。

ピュアでいい男だなって。だからこそ、三男の初恋を叶えてあげたかったところはあるんですけど、こればっかりは相手のあることですからね。時子にとっては、うれしいけど夢を追いたい。

その気持ちの方が強いんでしょうね。その道を堂々と選ぶっていうのもまたすごいなって思いました。決して、簡単な道ではないですからね。周りに支えてくれる異性をつくりたい。

逃げ道をつくりたいって人間誰でも思いますからね。退路をたったところが時子はすごいなって思います。時子にも三男にも今後幸せになってほしいな。

そんなことを心の底から感じました。あっあと、さおりは三男に選ばれるのかな?ひよっこ129話の感想はここまで。ひよっこ130話の感想につづく。







あなたにおススメのページ

ひよっこ第130話の感想・あらすじ「友達だから・・・」

ひよっこ第128話の感想・あらすじ「君子のお節介」

ひよっこ第22週ネタバレ・あらすじ「ツイッギーを探せ!」

ひよっこの視聴率推移と速報はコチラ!

ひよっこのキャスト(相関図)一覧はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)