ひよっこ第127話の感想・あらすじ「応募期限」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の127話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第127話のタイトルは「応募期限」です。

 

ひよっこの126話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)は三男(泉澤祐希)の気持ちを知り、ツイッギーコンテストに応募することを宣言します。

 

その続きとなるひよっこ第127話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 




 

ひよっこ127話のあらすじ

ツイッギーコンテストに応募するという時子にみね子(有村架純)はぴったりだと思うと喜びます。時子は、女優のコンテストではないから悩んでいたんだという。

 

すると、突然に愛子(和久井映見)は時子は受かるんではないかという。愛子は流れ星を見たので、あかね荘の住人の一人ひとり願ったというのです。

 

愛子は、その後早苗(シシド・カフカ)について不思議だと話しはじめます。早苗のようなかわいい人が39回もお見合いに失敗するはずがないと言い出します。

 

早苗が断られるようにしているのではないか。そんなことを言い出します。すると、突然に漫画家の二人が「ツイッギーコンテストの応募期限が切れている」というのです。

 

時子は、そのことを知ってショックを受けてしまいます。部屋に戻ってみね子と二人で話をする時子。時子は、三男のために早く結果を出したいとみね子に告白します。

 

時子は、三男が自分の人生ずっと時子に片想いだと言っていた。時子が夢を叶えるまで片想いし続ける。そういう恋だと三男が言ったことが時子はうれしかった。

 

だから、時子は三男を解放してあげたい。だから、スターになりたい。そうみね子にだけ打ち明けたのです。みね子はその話を聞いて時子に抱き着きます。

 

一方、助川家では時子の母親の君子(羽田美智子)がそれはよくないと責められていました。ひよっこ127話のあらすじはここまで。ひよっこ128話のあらすじにつづく。

 



 

ひよっこ127話の感想

ひよっこ127話のあらすじは、ツイッギーコンテストに応募すると宣言した時子に対して、みんなが賛成したのもつかの間、応募期限がすでに過ぎてしまっていましたね。

 

愛子の流れ星の効果はなかった・・・みたいな。でも、時子は幸せですよね。三男みたいにずっとずっと思ってくれている人がいるっていうのが。

 

時子が三男の気持ちがすごくうれしかったと話していましたが、その言葉は恋なのでしょうか。それとも、単なる親友としてなのでしょうか。なんか意味深ですね。

 

これまでの時子の気持ちを考えると、どうしても親友としての印象が強いのですが・・・今回はなんかそれだけではないような気がしますね。解放してあげたい。

 

そんなことを親友に言うかなって思うと、どこか時子にも三男に対する気持ちがあるのかな?って思いました。時子の夢がかなうまで片想いし続けるってなかなかできないですよね。

 

都会に出てもずっと高校時代と変わらない三男に対して、私なんかはすごく素敵だなって思いますね。二人が結ばれるといいんですけどね。学生時代からずっと片思いしていた恋がみのるってすごく素敵だなと思います。

 

最後のところで、君子が家族に責められていたのはなんなんでしょうね。なんか、そこのところもきになりましたね。なにか君子がやらかしたんでしょうか。

 

君子は、奥茨城の中で唯一といっていいかもしれないぐらい突拍子もないことをするので嫌な予感がどうしてもしてしまいます。ひよっこ127話の感想はここまで。ひよっこ128話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)