ひよっこ第126話の感想・あらすじ「二つの片想い」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の126話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第126話のタイトルは「二つの片想い」です。

 

ひよっこの125話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は久しぶりに川本世津子(菅野美穂)と話し込みました。

 

その続きとなるひよっこ第126話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ126話のあらすじ

さおり(伊藤沙莉)と三男(泉澤祐希)のところに向かっている人物がいました。時子(佐久間由衣)がアルバイトに行く場所が日本橋なので、ついでに三男の米屋によってこようと思うとみね子にいいます。

 

時子は、ミニスカートを履いてオシャレして出かけます。三男が米屋に戻ってきたら、ミニスカートを履いて待っていたさおり。さおりは、三男に謝らなければならないことがあるという。

 

ひどいことしてしまって、でも言えない。中身は言わないけど、謝ります。ごめんなさい。三男からするとわけわからない。さおりは、しょうがない。三男のことが好きなんだからと話します。

 

そのタイミングで、時子がやってきました。三男は、自分のどこがそんなに好きなのかとさおりに聞きます。しかし、さおりは一言で言えないと答えると、時子のどこが好きか具体的に言える?

 

三男が言えますよといっても、言わなくていいというさおり。しかし、三男は片想いですよ。片想いです。そう寂しそうにいうのです。自分の人生ずっと時子に片想いだという。

 

片想いと同時に、親友でもあるという。だから、時子の夢を全力で応援するという。だから、時子が夢をかなえるまでずっと応援してなければならない。そんな恋なんだといいます。

 

さおりは、三男が時子のことがすごく好きなことを知り・・・お互い片想いだねと寂しそうにいいます。時子は、その三男の話を聞いてその場を去っていきます。

 

そして、さおりは三男に銀座のお店に誘います。三男は、それをOKします。さおりは大喜びします。一方、あかね荘ではみんなで集まっています。早苗(シシド・カフカ)は、餅のうんちくを話します。

 

そこに時子が帰ってきて、ツイッギーコンテストに応募すると宣言します。ひよっこ126話のあらすじはここまで。ひよっこ127話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ126話の感想

ひよっこ126話のあらすじは、三男とさおり、そして時子の三角関係の話でしたね。さおりは三男が好き。三男は時子が好き。時子は誰も好きでない。

 

この事実だけで言えば、さおりと三男がくっつきそうな予感がしますけどね。126話の話を見ていると、時子と三男がくっつきそうな予感もしました。

 

時子は、三男の片想いを終わらせるためにもなんとか女優としての夢を叶えなければならないんでしょうね。そんなことを思ったんだと思います。だから、ツイッギーコンテストに出るって。

 

しかし、さおりはなんとも打たれ強いですよね。これだけ、三男が時子のことを好きならあきらめてもいいかなって思うんですけど・・・三男も片想いだからってぐいぐいいってますよね。

 

そのぐいぐいで、銀座で一緒に食事に行くことになりましたね。なんか、ここまでくるとすごすぎますね。三男の気持ちは関係なく、自分の気持ちに素直なんでしょうね。

 

相手によっては、これやると嫌われてしまいますけど三男の場合はなんか押しに弱そうなのでいけるのかもしれませんね。あと、米屋の一人娘ってのも大きいですね。

 

なかなかやめれないってところがありますからね。私が三男ならやめて違うところ探すってことをしてしまいそうですけど、三男の真面目な性格ではそれもないでしょうからね。

 

この三角関係がどのようになるのか楽しみですね。また、時子のツイッギーコンテストがどうなるのか気になりますね。ひよっこ126話の感想はここまで。ひよっこ127話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)