ひよっこ第11話の感想・あらすじ「谷田部実を探してる」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の11話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第11話のタイトルは「谷田部実を探してる」です。

 

ひよっこの10話のあらすじと感想で、実(沢村一樹)を探しに美代子(木村佳乃)が東京に行くことになりました。みね子(有村架純)には、嘘の理由で行っています。

 

その続きとなるひよっこ第11話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ11話のあらすじ

次郎(松尾諭)が美代子が乗った電車は東京行きだとみね子に話たために、みね子は大きなショックを受けます。学校でも、そのことに悩んでいました。

 

それでも、聖火リレーを頑張らなければねと三男(泉澤祐希)にいいます。青年団の直近の会議の日が今週の日曜日になるので、その準備をというがみね子はその日は家のことをしなければなりません。

 

一方の美代子は、実が働いていた宿舎に行きました。宿舎の人には、実がどんな人なのかも覚えていないと言われてしまいます。実が働いていた場所を見た美代子は、その劣悪な環境にショックを受けます。

 

みね子は家に戻ると、ちよ子(宮原和)と一緒にカレーをつくります。みね子はちよ子に昨日、宗男(峯田和伸)が来てたけど何話していたか知っているか聞きます。しかし、ちよ子は知らないとこたえます。

 

美代子は、建設現場に行ってもこの日が最後でそれ以降来ていないといわれます。そして、美代子はなんの手がかりもないまま警察に向かいました。美代子以外にも父親が失踪したひとが多くいてます。

 

一方、みね子は茂(古谷一行)に美代子がなぜ嘘をついているのか。本当のところは東京に行ったのかと聞きます。すると、茂は「親が子供に嘘なんかつきたくない。親が子供に嘘つくときはわけがある。子供のために嘘をついている」

 

だから、嘘だとわかったとしても美代子から話すまで待ってやれ。そうみね子に言います。みね子は、複雑な表情をしながらわかったと答えたのでした。

 

美代子は、警察で捜索願をだします。しかし、警察官に「見つかると思わない方がいい。出稼ぎに来て失踪する人は多いから」と言われてしまいます。すると、美代子は涙を流しながら警察官に訴えます。

 

「私は出稼ぎ労働者を一人探してほしいと言っているのではない。茨城の奥茨城村で育った谷田部実という人間を探しています。ちゃんと名前があります。お願いします。お願いします。」

 

そう何度も警察官に頭を下げるのでした。ひよっこの11話のあらすじはここまでになります。ひよっこ12話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ11話の感想

ひよっこの11話は、本当に感動する回でした。私は美代子の言葉に思わず泣いてしまいました。一緒におもいっきり涙を流していました。内容としては、みね子が茂に美代子のことを聞いたこと。

 

美代子が東京で実の手がかりをつかめず、冷たくされるという大きくその2つがテーマの回でしたね。しかし、みね子の落ち込みようはすごかったですよね。なんか、美代子に嘘つかれたことがショックだったんでしょう。

 

次郎に東京行ったようなことを言われた時の驚いた顔がとても印象的でした。それから先は、ずっとなんで美代子はウソついていったんだろう?実になにかあったんだろうか。そんなことが頭をずっとかけている感じでしたね。

 

ただ、これについてはずどっちの気持ちもわかるんです。親が子供に心配をかけたくないから嘘をついていたこと。その逆にこどもがなんで教えてくれないのって気持ち。両方わかるんですけど、教えてくれない方がつらいかな。

 

なんか、隠されているようで嫌な気持ちになりますね。みね子ぐらいの年齢だと正直に話した方がいいんではないかなって思ったりもします。もちろん、茂がいうように理由があるから黙ってまっていてほしい。

 

その気持ちもわかりますけど、私が茂だったら正直に話してしまっていたかもしれません。大事なことですからね。父親が失踪したってこと。もしかしたら、死んでいるかもしれないわけですから。

 

そして、美代子については辛かったですよね。たった一人で見ず知らずの土地に行き、そこで冷たくされる。いなくなる出稼ぎ労働者なんかたくさんいるんだから、見つからない。東京にいってからすべてがそんな対応でした。

 

ただ、警察官のあの態度はないなっておもいます。余計なことを言わずに粛々とすすめてくれていたらそれでいいと思うんです。見つかったらこちらに連絡しますというような対応でいいんです。

 

見つからないと思った方がいいなんてことは、余計なこと。そして、美代子も言っていたように出稼ぎ労働者ではなく谷田部実を探しているって言葉に私は涙させられました。

 

ひよっこを毎日見ていると、本当に感情を動かされるんですね。喜怒哀楽のいろんな感情。だからとても楽しいんだと思います。ひよっこ11話の感想はここまで。ひよっこ12話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)