あさが来たのネタバレ夫・新次郎の今後の秘密とは!?

朝ドラあさが来たをテレビ見ていると、あさ(波留)のである新次郎(玉木宏)の今後の動向が気になりますよね。

 

どうもふゆ(清原果耶)と何かあるのかなって気になりますよね。また、今後もお気楽なボンボンのまま終わっていくのかなどと気になるところがたくさんありますよね。

 

そこで、今回は、あさ新次郎の今後についてお伝えしていきます。新次郎は、白岡家の二男に生まれますので、分家にだしていました。

 

なので、両替屋の加野屋を継がせるように正吉(近藤正臣)とよの(風吹ジュン)は学問や商いの勉強をさせていません。

 

そのためか、とても心優しい男性に育っています。趣味は、三味線と謡曲で、加野屋の仕事にはまったく興味を持っていません。

 

しかし、あさが嫁に行く直前に、長男の正太郎が亡くなります。そのことで、三男の榮三郎(桐山照史)が後を継ぐことになります。ただ、まだ榮三郎は幼いこともあり、新次郎は後見人として加野屋にいます。

 

正吉新次郎に期待しているわけではなく、座ってくれとったらいいというので、新次郎は座っているだけの状態で加野屋にいます。





新次郎が商いに興味がなくなった理由とは!?

新次郎の懐の深さゆえに、あさ新次郎はとても良い夫婦になっていきます。しかし、あさにはどうしても気になることがありました。

 

それは、新次郎がなぜ立派な加野屋の仕事を一生懸命しないのかということです。三味線は凛々しく弾くのに、こと商いとなるとまるで興味がありません。

 

これには、実は新次郎の幼少期の体験があったためでした。新次郎は、幼い頃に親友がいました。名前は、松造。加野屋の大番頭の息子です。

 

しかし、その大番頭だった松造の父が暖簾分けをし、自分で両替商を始めたのです。松造の父の両替屋はうまくいかず、正吉にお金を借りにきたのです。

 

正吉は暖簾分けの際に、お金の貸し借りはしないとはっきり決めて出ていっていたので、その申し出を断ったのです。

 

幼い新次郎は、松造を助けてあげたい想いから正吉に松造の父にお金を貸してほしいと頼みますが、子どもの入る話じゃないと新次郎の話を取り合いませんでした。

 

その結果、松造の一家は大阪にはいられなくなり、どこかに行ってしまったのです。

 

そのことで新次郎はお金の怖いもんやと植え付けてしまい、加野屋の商売に興味を持たないようになったのです。

 

新次郎の妾騒動?

あさが商売に必死に動くになってから、よの(風吹ジュン)は心配しはじめます。それは、あさが仕事に夢中で子どもを産みそうもないためです。

 

そのため、よのは三味線の師匠美和(野々すみ花)を妾にしようとします。新次郎が毎晩三味線の練習に通っていることを知っていたよのは、あさに子どもが出来ないならということで、美和を妾にしてはどうかと新次郎に言うのです。

 

そのことで、美和が加野屋の近くに引越しすることまで決まってきます。しかし、あさの涙をみた新次郎美和を妾にするのを辞めます。

 

そして、あさが炭坑を購入してしばらくすると、あさ新次郎の間に子供が出来ます。女の子で、名前は正吉千代(ちよ)と名付けます。





炭坑事故が理由で、新次郎は仕事に熱心に?

新次郎は、あさが炭坑を購入しても仕事を一生懸命しようとはしません。しかし、あさの購入した炭坑の爆発事故を起こしたことをきっかけに新次郎が仕事に精を出すことになります。

 

それは、炭坑を爆発した犯人のサトシ(長塚圭史)が幼い頃の親友であった松造であったためです。サトシに厳しく対応するあさを見て、新次郎正吉が常にいろんなことに決断をしてきたことを知ります。

 

このことがきっかけとなり新次郎は、仕事に一生懸命向き合うようになるのでした。

 

待望の新次郎に長男誕生!しかし、それは・・・

あさ新次郎の間には、千代という女の子がいます。しかし、跡継ぎとなる男の子がいません。

 

あさが、九州の炭坑に再々行くことが多く、その間にふとしたことからふゆ(清原果耶)との間に恋心が芽生えたのです。

 

そして、そのふゆ新次郎の間に子供が出来たのです。あさは、自分には子どもが出来ないと思っていたので、とても喜ぶのでした。そうして、その後ふゆ新次郎の間には3女1男が生まれたのであります。

 

新次郎は、ユニチカの代表取締役に!

その後、新次郎も一生懸命仕事に精を出すようになります。外国への絹織物の輸出が増えていることから、尼崎に紡績工場を作ります。

 

そして、この尼崎紡績の代表者となって、それが大きく成長するのでした。現在でも日本を代表する企業の一つユニチカの前身がこの尼崎紡績なのです。

 

また、加野銀行の2代目にも就任しています。このようにあさに刺激を受けて新次郎は優秀な経営者への道を進んでいくようになるのです。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)